日蓮正宗のススメ

万民一同に南無妙法蓮華経と唱え奉らば吹く風枝をならさず雨壤を砕かず

哲学的思索

法界のイメージ:太極図3Dイメージ図より

法界の実相って。。。こんな感じですかね? ameblo.jp 太極図って皆さんも見たことがありますよね? 太極図:太陰太極図とも陰陽太極図とも呼ばれてます 陰と陽の境目… | 空の宇珠 海の渦のブログに面白い考えが書かれていましたので、引用してみたいと思い…

御僧侶との対話:広宣流布はどのように達成されるのかについての試論

今日のお話は、あくまでも一御僧侶の試論であり私論です。己義とまでは言いませんが、哲学的思索の産物としてお読みください。 1 広宣流布についての大聖人様の御金言 法華折伏・破権門理の金言なれば終に権教権門の輩を一人もなく・せめをとして法王の家人…

法華講員との対話:教養って必要ですか?(ドストエフスキー・ニーチェ・ハイデガー)

教養って何ですか? 1 そもそも教養って何? 教養(きょうよう)とは個人の人格や学習に結びついた知識や行いのこと。これに関連した学問や芸術、および精神修養などの教育、文化的諸活動を含める場合もある。一般に、独立した人間が持っているべきと考えら…

ツァラトゥストラ (中公文庫プレミアム) 文庫 – 2018/5/22 ニーチェ (著), 手塚 富雄 (翻訳)

この方はニーチェ先生ですが・・・ ツァラトゥストラ (中公文庫プレミアム) 作者: ニーチェ,手?富雄 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2018/05/22 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 手塚さんのツァラトゥストラが改版されて読みやすくなった…

文学はオワコンなのか?/私の読書論

私には死ぬまでに読みたい本が何冊もあります 人間五十年とは敦盛 (幸若舞)の有名句。 思へばこの世は常の住み家にあらず草葉に置く白露、水に宿る月よりなほあやし金谷に花を詠じ、榮花は先立つて無常の風に誘はるる南楼の月を弄ぶ輩も 月に先立つて有為の…

十牛図入門―「新しい自分」への道 (幻冬舎新書) | 横山 紘一 読了

十牛図入門―「新しい自分」への道 (幻冬舎新書) 作者: 横山紘一 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2008/03/01 メディア: 新書 購入: 1人 クリック: 10回 この商品を含むブログ (13件) を見る 書店で手に取り、なんとなく興味をそそられて買ってしまった本。 …

創価ダメ出しブログさんに学ぶ:創価&創価アンチ(脱会系非日蓮正宗)破折の真骨頂

仏法は数式では語れません。あなたの人生も… 創価ダメ出しさんは、創価系破折の達人です。 創価系の破折は三刀流の使い手でなくては、他方から切りかかられて手傷を負わされる可能性がありますから(笑)。 創価信者 創価脱会自己流派 創価脱会無信仰系 それ…

創価学会員さんとの対話:創価学会員さんからの質問を分析する。

プラトンとアリストテレスとの対話のように、自由自在に思索をしながら 私と創価学会員「真摯」さんの対話篇は進行中ですが、彼からの質問をもう一度分析してみたいと思いました。質問の主意は以下の通り。 宗門はこのように主張しています。①「必ず戒壇の大…

孟子 全訳注 (講談社学術文庫) | 宇野 精一  が出たことを喜びたい

千万人(せんまんにん)と雖(いえど)も吾(われ)往(ゆ)かん 孟子 全訳注 (講談社学術文庫) 作者: 宇野精一 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2019/03/13 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 今の時代、孟子を読む人はどれくらいいるのだろうか? 書店で…

イチロー選手の引退会見に思う 現代の声聞・縁覚の生き方

現代の独覚者 number.bunshun.jp イチロー選手の引退会見後、余韻が去らない。 www6.nhk.or.jp 雑誌・テレビなど多くのメディアが彼の野球人生について語る。 gendai.ismedia.jp イチロー選手は、私の一歳年下だ。 彼は典型的な縁覚界のスーパースターだった…

一応、現役学会員 様からのコメントへのお返事として

一応、現役学会員 はじめまして。私は20台の若造です。創価中学、高校に通いましたが、創価の世界につくづく嫌気が差し、一般大学に進学、以来宗教とはほぼ無縁の生活を送ってきましたが、自分の人生を覆った宗教に関する問題について考えねばならぬという思…

生きる意味が解らないという人に

ハイデガー 「私」は日蓮正宗の一信徒です。 でも、それは「私」そのものを体現する言説ではありません。 いや、待てよ。 「私」ってナンダ? よくわかりません。 もしも、「私」って何か分かる方がおいででしたら、是非、ご教授願いたいものであります。 〈…

人生の悩みに効く「実存哲学」を紹介します。

人類は生存率を上げるために言葉による<評判>を媒介とした協力関係システムを進化の過程で身に着けたのでした。ほかの動物も直接的見返りが期待できる場合は自分が損しても相手を助けることがごく稀にありますが、人間は二度と逢うことがなく見返りが期待で…

仏教と認知バイアス克服

引用:http://blog.livedoor.jp/kangaeru2001/ 仏教と認知バイアス克服拙著『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』について、 宮崎哲弥氏は「ある時代の中では読まなければならない本というのがあるが、これがその一冊だと私は信じている…

2019年の新年、あけましておめでとうございます。

皆さま、新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 今日から2019年が始まりました。 4月までは平成31年が続きます。 新元号は何になるのか楽しみですね。 皆様は新年をいかがお過ごしでしょうか? 昨夜の新年勤行会に行って…