エセー Les Essais

文人思想家のブログ

PVアクセスランキング にほんブログ村 日蓮正宗のススメ - にほんブログ村

面白そうな法華講員ブログを見つけました:城内啓一郎の鷗鵡老日記

f:id:ekikyorongo:20201205192053j:plain

品川・妙光寺様の御信徒さんだとか。

本名・顔出しは尊敬いたします。

ameblo.jp

を読みましたら、平成3年の脱会・正宗帰依だそうです。

うらやましい。

僕もあの時に脱会していたら。。

脱会はしたんだけど、顕正会に行っちゃって。。。

今世は失敗作になっちゃいました。

確かに今思い出しても、1990.11.16スピーチは衝撃的でしたね。

僕はまだ高校三年生でしたけど、それでも「あ~これはダメだ」って思いましたもの。

平成2年 11.16の池田スピーチ(抜粋) 

(1)

「文化運動、ね。文化も一生懸命、今、仏法を基調にしてね、文化・平和。文化は要らないと、謗法だ。もうわけがわからない、ね。なんにも苦労していないから。本当のことを、社会を知らないから、折伏もしていないから。それがいけないって言うんですよ。折伏だけで、全部教条的にね、やれ、おかしいよ」 

(2)

猊下というものは信徒の幸福を考えなきゃあいけない。権力じゃありません。」 

(3) 

「全然、また難しい教義、聞いたって解んないんだ。誰も解らないんだ、ドイツ語聞いているみたいにね。それで『俺偉いんだ。お前ども、信徒ども、信者、信者って』そんなのありませんよ、この時代に。時代とともにやればいい、学会は。」 

(4)

「あくまで御書です。御本尊です、法は。これが解かればいいんです。あと、ちゃんと日淳上人、それから堀猊下、全部日達上人、きちーっと学会を守ってますよね。」 

(5)

「教条的な画一的な、時代にも相反した、そんなんで、今日のね、大宗教の発展があるわけがない。その苦労がわからないんです。どれほど学会がすごいか」 

(6)

「世界の仏法流布という平和文化運動の実践運動をですよ、それがいけないと言うんですよ。折伏だけで、全部ね、教条的にね、やれっちゅうんです。おかしいじゃないか。そう書いてあるのに。」 

(7)

平和運動、正しいんです。文化運動、正しいんです。大いにやりましょう。それがなかったならば、何やってきゃ、どうしたら折伏出来るか。そうでしょう。ただ…、真言亡国・禅天魔、法を下げるだけでしょう。」 

(8)

「50周年、敗北の最中だ。裏切られ、たたかれ、私は会長を辞めさせられ、ね。もう宗門から散々やられ、正信会から、馬鹿にされ。それでその上、北条さんが『もう、お先まっ暗ですね。』『何を言うか、60周年を見ろ、もう絢爛たる最高の実が、60周年が来るから元気だせ。』会長だから、これがよ。私は名誉会長だ。『そうでしょうか。』馬鹿かー。本当にもう、誰をか頼りに戦わんですよ、本当に・・・」 

(9)

「大聖人が我が門下の死は、私どもの死は、信者の死なんて言わないです、大聖人は。そういうことはほとんどないです。門下、我が一類とかね、正信会なんて『信者、信者』言って、みんな信者だ、御本尊のよ、坊さんだって、違いますか、坊さんだけほか拝んでんのかよ。」 

(10)

「今はですよ、出家ってもね、あのー、ちゃんと奥さんをもらって赤ちゃんつくってさ・・・」 

(11)

「700年間折伏がそんなに出来なかったんですよ。よーく知っていらっしゃるんです。今はもう当たり前と思ってね。威張っている人がいる。とんでもない」 

(12)

「ゴ大統領は、新思考法といって、もう、どんなことでも模索している。同じ布教においても、こういうふうに、みんな一生懸命考えながら、工夫して折伏するのがないでしょう、ね。日蓮正宗で、いなかったんですよ。それを学会がやってるから、学会を絶対にすばらしい、ということであります。」 

(13)

「昭和62年の年末に学生部結成30周年を記念して、この演奏、第九の演奏を私は聞きました。本当にいまでも忘れない。したがって、私は、提案だけれども、創立65周年には、5万人で、創立70周年には10万人の、私はこの『歓喜の歌』の大合唱をして後世に残したいと思います。」

僕はまだ子供で、創価学会の人たちがどのような思いで、信仰をしていたのか如実には知りませんでした。教学任用試験で男子部の人に、教学の勉強を教えてもらって、初めて仏法のことを知って「すげ~!」って感動してたレベルでしたから。

城内さんの記事には、色々と興味深いことが書かれています。

時々、引用させてもらいながら、自分の考えも書いていきたいな。。。

私的には、なかなかおもしろいこと(妄信者・盲信者が即ギレマジギレしそうなこと)をズケズケ言ってて、好きになりました。

ameblo.jp 

ameblo.jp

ameblo.jp

面白そうなんで、消されちゃう前に当方のブログで転載・保存させてもらおうっと。

新しいカテゴリで「城内啓一郎の鷗鵡老日記」を設けました。

日蓮正宗の歴史の勉強にもなりますね。

いいブログです。