日蓮正宗のススメ

凡そ謗法とは謗仏謗僧なり。三宝一体なる故なり。

世の中の"ラスコーリニコフ"たちへ

f:id:ekikyorongo:20190704205348j:plain

ヒトラーとはラスコーリニコフが歴史に体現された姿だ

 

罪と罰〈上〉 (新潮文庫)

罪と罰〈上〉 (新潮文庫)

 
罪と罰〈下〉 (新潮文庫)

罪と罰〈下〉 (新潮文庫)

 

上巻の終わりのほうまで読み進んだ。

"ラスコーリニコフ"に出会ったのは、中学のころ。

塾の講師が熱に浮かされたように、閑話休題のなかで教えてくれた。

以来、何度読んだことか。

何度読んでも小説の中に自分の分身を見つけてしまう。

"ラスコーリニコフ"は俺だ。

"マルメラードフ"は俺だ。

"ルージン"は俺だ。

要するに俺は、

妄想癖のある理屈屋で、小心者だ。

アルコール依存症の怠け者だ。

ケチで小狡い人間の屑だ。

"ラズミーヒン"のような、男らしい人間になりたい。

ドストエフスキーはもしかして俺のことを知っているのか?

"悪霊"、"カラマーゾフの兄弟"には俺の分身がわんさとお出ましになる。

日本で言えば江戸時代末期から明治初期を生きた男、"ドストエフスキー"。

200年前から現代を見通していたというのか。

死刑の直前までいった男。

起死回生の人生で生み出された作品が、今を生きる私を呪縛する。

革命の"嘘"を見抜き切った男。ナポレオンもヒトラースターリン毛沢東も。。。

みんなラスコーリニコフであり、ピョートルであり、イワン・カラマーゾフなのだ。

f:id:ekikyorongo:20190704211224j:plain

f:id:ekikyorongo:20190704211241j:plain

f:id:ekikyorongo:20190704211255j:plain

みんな虚像の中の偶像(アイドル)であり、英雄などではなかった。

 

悪霊(上) (新潮文庫)

悪霊(上) (新潮文庫)

 
悪霊(下) (新潮文庫)

悪霊(下) (新潮文庫)

 

 

 

カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫)

カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫)

 
カラマーゾフの兄弟〈下〉 (新潮文庫)

カラマーゾフの兄弟〈下〉 (新潮文庫)

 
カラマーゾフの兄弟〈中〉 (新潮文庫)

カラマーゾフの兄弟〈中〉 (新潮文庫)