日蓮正宗のススメ

万民一同に南無妙法蓮華経と唱え奉らば吹く風枝をならさず雨壤を砕かず

カラマーゾフの兄弟 全4冊 (岩波文庫) ドストエーフスキイ (著), 米川 正夫 (翻訳)を読み始めました。

f:id:ekikyorongo:20190721225413j:plain

帯のキャッチコピーがまぶし過ぎます。

人類史上最高の小説とも言われる「カラマーゾフの兄弟」ですが、何度読んでも飽きません。

10年くらい前にカラマーゾフブームがありました。

光文社から亀山郁夫さんの翻訳が読みやすいと評判で。。。5冊全巻購入し読みました。

 

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)

カラマーゾフの兄弟2 (光文社古典新訳文庫)

カラマーゾフの兄弟3 (光文社古典新訳文庫)

カラマーゾフの兄弟 4 (光文社古典新訳文庫)

カラマーゾフの兄弟 5 エピローグ別巻 (5) (光文社古典新訳文庫)

 

その後、新潮文庫版三冊も読みました。

カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫)

カラマーゾフの兄弟〈中〉 (新潮文庫)

カラマーゾフの兄弟(下)(新潮文庫)

新潮文庫版の帯には「東大の教師が新入生に読ませたい本NO.1」と書かれていましたね。この話も話題になりました。

そして、今回、米川版に挑戦しようと。。。 

全4冊を購入しました。

訳文が荘重ですね。

世の中には二種類の人間がいる。『カラマーゾフの兄弟』を読破したことのある人と、読破したことのない人だ。(村上春樹

村上春樹さんは、ドストエフスキーに憧れ「カラマーゾフの兄弟」のような、総合小説を書くことを人生の目標にしています。

また、ドストエフスキーの新訳で有名になった、東京外国語大学学長の亀山郁夫先生は、 

ドストエフスキー『悪霊』の衝撃 (光文社新書)

ドストエフスキー『悪霊』の衝撃 (光文社新書)

 
『悪霊』神になりたかった男 (理想の教室)

『悪霊』神になりたかった男 (理想の教室)

 

の著作も書いておられます。「カラマーゾフの兄弟 」「悪霊」の2作品への傾注がハンパない亀山先生ですが、読んでみれば分かりますとしかいいようがありません。

私は日蓮正宗信徒ですが、たしかにこの2作品と「罪と罰」は特別の感慨をもって何度も読みたいですね。

私にとっての人生の3部作でしょう。

人生は短いので、あらゆる文学作品を耽読することは不可能です。

でも、ドストエフスキーの3大作品に、私は自分と自分の人生を見ているのです。

この感覚は、他の文豪の作品にはなかなか見つけれられません。

カミュの 

異邦人 (新潮文庫)

異邦人 (新潮文庫)

 

には感じましたが。それはカミュドストエフスキーの「悪霊」に心酔して書いた作品だからでしょう。

カラマーゾフの中に、私は日蓮正宗の姿までも見えてしまうのです。

このことについては、いずれ詳しく説明してみたいと思っていますが、今は米川訳を味わいたいですね。