日蓮正宗のススメ

万民一同に南無妙法蓮華経と唱え奉らば吹く風枝をならさず雨壤を砕かず

慈悲魔に御用心

f:id:ekikyorongo:20190629222433j:plain

慈悲魔ってのは、「悪霊」のピョートル(左)みたいな奴のことだな。。。

 『小乗大乗分別抄』に、
 「慈悲魔と申す魔」(御書710)
と仰せであり、慈悲に似せた魔の働き「慈悲魔」が存在します。ある宗教団体が会員の心を巧みにとらえ利用する一つの通力です。「慈悲魔」を使う人は、利根と通力に長けており、相手の心を撹乱させる力も有しています。正しい信心をしないで、正邪の判断もなく何でも素直に信じてしまう人は「慈悲魔」の餌食になります。「慈悲魔」には充分に注意しましょう。
 慈悲深そうに外見を見せ、魔の眷属に仕立て上げる魔の具えた力です。信心をしていく上でこの「慈悲魔」を見破り、「慈悲魔」に翻弄されている人を折伏をして救済することが大事です。正しい信心をしなければ「慈悲魔」の存在は全く解りません。第六天の魔王が影で操っているのであり、正法の行者に立ちはだかる障害です。成仏は、第六天の魔王が発する通力に、屈することのない強靱な精神を具え、乗り越えるところにあります。「慈悲魔」の力に圧倒され同情する事無く、魔の存在を冷静に見ることが大事でしょう。第六天の魔王は、通力を持って相手を圧倒させ、感心させる特有な力も持ち合わせています。その存在が「池田大作」なる有名な人物です。人々の心にある五欲を言葉巧みに擽り、洗脳させ操る能力に秀でています。この通力が「カリスマ性」を作り上げ人々を魅了させ、「慈悲魔」を利用して会員の本心を失わせています。
 「慈悲魔」に長けていることを世の中に広く示し、未だにその勢力は衰えることを知りません。残された今生における楽しい人生に酔いしれている感があります。命終にして「無間の獄」が待っているのであります。それが「正法誹謗」という重罪です。
 「慈悲魔」は、僧俗和合や異体同心を撹乱させる師子身中の虫になることもあります。内心は信心していないのに、「慈悲魔」を装い日蓮正宗の内部情報を収集する諜報的役割をする偽善者もいます。組織の撹乱を狙うのです。第六天の魔王の通力を仏様の神通力と誤解し巧みに操って、正信に目覚めている人を退転させる働きを持っています。これを生き甲斐にする愚かな衆生もいます。
 「慈悲魔」を装う、第六天の魔王の手先は迫真の演技で振る舞ってきます。私達は「慈悲魔」を持って振る舞ってくる言動を、信心において見破る眼を養うことが大事です。勤行唱題ではこの「慈悲魔」を見破る眼が自然と養われるのであります。つまり五眼におけるところの「仏眼」です。殆ど現れませんが、「冥益」において私達が知らない内に、御本尊様が「慈悲魔」を遠ざけて下さるのであります。
 本来の「慈悲魔」という意味は、間違ったことや人間の道から外れた行いに対して、咎めず見ぬ振りをしたりして賛同することです。「慈悲魔」は「謗法与同罪」に繋がるものがあります。正しい「慈悲」は日蓮大聖人の御指南にそって学ぶところにあり、「慈悲」と「慈悲魔」に区別を付ける教えが日蓮正宗の寺院で御住職様が御法話下さるのであります。
 「慈悲魔」に扮した、諜報的役割をなす魔の眷属に充分気を付けましょう。強信を装い偽善を振るう方は「冥の照覧」を恐れる信心に住するよう破折する次第です。 

悪霊(上) (新潮文庫)

悪霊(上) (新潮文庫)

 
悪霊(下) (新潮文庫)

悪霊(下) (新潮文庫)

 
悪霊 1 (光文社古典新訳文庫)

悪霊 1 (光文社古典新訳文庫)

 
ドストエフスキーの悪霊 [DVD]

ドストエフスキーの悪霊 [DVD]

 
悪霊 2 (光文社古典新訳文庫)

悪霊 2 (光文社古典新訳文庫)

 
悪霊〈3〉 (光文社古典新訳文庫)

悪霊〈3〉 (光文社古典新訳文庫)

 
悪霊 (まんがで読破)

悪霊 (まんがで読破)

 
ドストエフスキー『悪霊』の衝撃 (光文社新書)

ドストエフスキー『悪霊』の衝撃 (光文社新書)

 
悪霊(完全版)

悪霊(完全版)

 
悪霊 ドストエフスキー原作 アンジェイ・ワイダ [Blu-ray]
 
謎とき『悪霊』 (新潮選書)

謎とき『悪霊』 (新潮選書)

 
悪霊 別巻―「スタヴローギンの告白」異稿 (光文社古典新訳文庫)

悪霊 別巻―「スタヴローギンの告白」異稿 (光文社古典新訳文庫)