エセー Les Essais

文人思想家のブログ

PVアクセスランキング にほんブログ村 日蓮正宗のススメ - にほんブログ村

創価ダメ出しさんに学ぶ:生身の日蓮大聖人とはどういうことか?

(旧)創価学会員による創価ダメ出しブログ 生身の日蓮大聖人。
創価ダメ出しさんのブログは、勉強になります。そして、知ること・学ぶことの感動を与えてくれます。
日興上人様の遺誡に曰く。。。
一、器用の弟子に於ては師匠の諸事を許し閣き、御抄以下の諸聖教を教学すべき事。 一、巧於難問答の行者に於ては先師の如く賞翫すべき事。
創価ダメ出しさんには、経済的事情が許すならば成年得度していただいて、邪義破折班専従となっていただきたいものです。 以下引用。
戒壇大御本尊は生身の日蓮大聖人」法華講員ならば、いや日興門流の僧俗であれば誰しも当然のように分かっていることなんだがどうも最近の創価民にはよく理解できないらしい。日頃から「生命は永遠だ」とか生命について偉そうに能書きをたてれいる割には「生身」ときくと、「生物学的に生存している状態」であることだとパンピーと変わらない解釈をする創価民も多く「戒壇大御本尊を生身の大聖人」と思えないらしい。どうやら一念三千から勉強しなおさなければいけないくらいに今の創価の教学力は低下しているようだ。そんな教学力のない創価民達に草木成仏の法義を聞かせた所で犬が星を見ているようなもので理解できないだろう。理解できていたら「塔婆不要」とか「塔婆は坊主の金儲け」などという発想にはならないからね。なので今日は草木成仏の話は置いておき別の角度から話をする。大聖人の仏法の信仰者は当然のことだが日蓮大聖人をご本仏と信じる人達だ。そのご本仏が住む本国土とはどこか?というと創価民もいつも読んでいるかもしれない寿量品の自我偈に【常住此説法】とあるようにこの娑婆世界がご本仏の住む国土である。よって日蓮大聖人はご本仏(久遠元初自受用報身如来)として久遠元初以来常にこの娑婆世界にずっと存在しているわけだ。そして末法鎌倉時代に人間の姿(日蓮大聖人)で顕れ末法の法体を末法万年の衆生の為に顕され涅槃されるがこれは【方便現涅槃】つまり方便として涅槃する姿を顕しただけで実は死んではいない。いや寧ろ人間の姿をして生まれた来た方が「方便」と言えるだろう。仏身とは法・報・応の三身だが大聖人は三身即一身の仏身である。このうちの応身というのは何も人間の生身(なまみ)に限定されるわけでない。それが草木であっても応身という。何故なら応身とか仮の姿だからだ。さてそこでもしも人間の日蓮大聖人がご入滅して魂が宇宙に遍満してしまったら応身としての仏身が 現わていないいなのだから、一身即二身にしかならず、無作三身しから無作二身になってしまう。また【常住此説法】の言葉は妄語となってしまう。そんなことは大聖人の仏法においてはあり得ない。大聖人はご入滅後も無作三身のご本仏としてこの娑婆世界に厳として存在している。そう信じるのが大聖人の仏法の信仰者だ。では一体それは具多的に何処に存在しているのか?という話になるが、基本的には大聖人の認められたご本尊いづれかが生身の大聖人の体ということになる。書写本尊は大聖人のご入滅とのタイムラグがあるので「生身の大聖人」にはなりえない。つまり創価本部の本尊は「生身の大聖人」ではない。では大聖人のご真筆のいづれが「生身の大聖人」であるかと言えば、前回記事に書いたように弘安二年ご建立の戒壇大御本尊以外にないのである。 ▶戒壇大御本尊が唯一無二な理由 前回記事に書いたように戒壇大御本尊が「生身の日蓮大聖人である」という理由はたくさんある。自余の真筆のご本尊も検討してしてみたが戒壇大御本尊を差し置いて「生身の大聖人である本尊」である理由が全く見つからない。「生身の大聖人」たるご本尊は戒壇大御本尊以外に考えられないのだ。これは先に結論ありきではなく何年も自分で思索した結果だ。「戒壇大御本尊は常住此説法の生身の日蓮大聖人」それ以外に他に「生身の大聖人」は存在しない。「生身の大聖人」は一人しかいないのである。その生身の大聖人たる戒壇大御本尊を捨てるということは大聖人を捨てるということなのである。大聖人を捨てた人間が大聖人の認めたご本尊と同じ図柄の本尊を持っていようと何の意味もないし、大聖人を捨てた人間が南無妙法蓮華経の題目を唱えた所で悪業を積むだけの行為にしかならない。もしも「戒壇大御本尊」が「生身の大聖人」ではないというなら、三身即一身の仏身で常住此説法のご本仏は具体的にこの娑婆世界のどこにどんな応身如来としての姿で存在しているのかハッキリと示してから言うべきだろう。また全ての本尊が「生身の大聖人」というならキチンとその論拠を示さなければそれは単なる願望・妄想の類だ。一般会員さんは是非地元の幹部にそれを尋ねて欲しい。もしも創価幹部が具体的にそれを示せないのなら戒壇大御本尊を受持しなくても幸福になれるなどといういうのは無責任な与太話だ。無責任な創価の幹部・活動家のウソ仏法話を信じて創価信仰を続けることに何の意味があるのか考えてくださいな。
「よって日蓮大聖人はご本仏(久遠元初自受用報身如来)として久遠元初以来常にこの娑婆世界にずっと存在しているわけだ。」という言葉、有り難いですよね。現代物理学を聞きかじってれば、納得できないかもしれない。でも、御書にも「今本時の娑婆世界は三災を離れ四劫を出でたる常住の浄土なり。仏既に過去にも滅せず未来にも生ぜず、所化以て同体なり。此即ち己心の三千具足、三種の世間なり。迹門十四品には未だ之を説かず、法華経の内に於ても時機未熟の故か(観心本尊抄654㌻)」とあります。また、「問うて云はく、法華経の第一方便品に云はく「諸法実相乃至本末究竟等」云云。此の経文の意如何。答へて云はく、下地獄より上仏界までの十界の依正の当体、悉く一法ものこさず妙法蓮華経のすがたなりと云ふ経文なり。依報あるならば必ず正報住すべし。釈に云はく「依報正報常に妙経を宣ぶ」等云云。又云はく「実相は必ず諸法、諸法は必ず十如、十如は必ず十界、十界は必ず身土」云云。又云はく「阿鼻の依正は全く極聖の自心に処し、毘盧の身土は凡下の一念を逾えず」云云。此等の釈義分明なり。誰か疑網を生ぜんや。されば法界のすがた、妙法蓮華経の五字にかはる事なし。釈迦・多宝の二仏と云ふも、妙法等の五字より用の利益を施し給ふ時、事相に二仏と顕はれて宝塔の中にしてうなづき合ひ給ふ。(諸法実相抄664㌻)」 我々は、御本仏様に永遠に付き従うことで、娑婆世界を浄土として暮らしていけるのです。 権経や一神教が描く、極楽浄土やパラダイスは妄想に過ぎません。 今ここが娑婆即寂光なのです。 富士大石寺及び義の戒壇たる、御本尊様御安置の場所を増やし広げることが、
一燈照隅 万燈照国(いっとうしょうぐう ばんとうしょうこく) <意味> 一人ひとりが自分の身近の一隅を照らす。それだけでは小さいあかりかもしれないが、その一隅を照らす人が増えていき、万のあかりとなれば、国全体を照らすことが出来る。
広宣流布の真の意味だと思うのです。