日蓮正宗のススメ

万民一同に南無妙法蓮華経と唱え奉らば吹く風枝をならさず雨壤を砕かず

悪霊 (新潮文庫) 文庫 – ドストエフスキー (著), 江川 卓 (翻訳) 読了

 

f:id:ekikyorongo:20190612130353j:plain

革命って自界叛逆のことですよ
悪霊(上) (新潮文庫)

悪霊(上) (新潮文庫)

 
悪霊(下) (新潮文庫)

悪霊(下) (新潮文庫)

 

ドストエフスキーの重厚な作品は、読み終えることで大仕事を成し遂げたような、満足感にひたることが出来る。

とにかく登場人物がよくしゃべる。

心の声までが書かれている。

いつのまにか、既知の間柄であるかのような錯覚に陥ってしまう。

その人を知っているのではないかというような。

小説として読みやすいとは言えない。

しかし、辛抱強く読み続けていけば、日常生活しか描かれていないドストエフスキーの作品には、世界の全てが描かれているのだと気づかされる。

世界とは何か。

衆生の心である。

刻々と変化していく心の様相である。

諸法の実相は、人の心及びその変化に過ぎない。

この作品は、思想を行動に移そうとした、ほんの数人のグループとその周辺者の話である。

かつての団塊世代が学生の頃を思い出して、学生運動の写し絵として読んでもいいし、創価学会顕正会員が宗教の布教グループの活動を思い出してもいい。

必ずそこには、中心者・カリスマ・非協力者がいたはずだ。

元をたどれば、池田大作も浅井昭衛も、レーニン毛沢東も、革命思想のグループで頭角を顕した、身近な存在だったはずである。

この作品に描かれたカリスマは失敗する。単なるテロリスト、殺人者として終わる。

大集会の演壇に立つこともなく、社会や国家を指導したりはしなかった。

裏を返せば、目論見が成功していれば、後世に名を残すはずであった人の素顔である。

凡夫が架空の正義に憑りつかれることの恐ろしさを、篤と味わってほしい。

登場人物の中で、自分の心の一部だと感じる人がいるはずだ。私の場合、ステパン氏(50%)、ピョートル(25%)、スタヴローギン(25%)かな。

自分にもこんな部分があると実感しながら読めるけど、同時に自分っていう人間はロクデナシだと再確認できたりもする。鏡のような小説だ。

 

悪霊 1 (光文社古典新訳文庫)

悪霊 1 (光文社古典新訳文庫)

 
悪霊 ─まんがで読破─

悪霊 ─まんがで読破─

 
ドストエフスキー五大長編全集

ドストエフスキー五大長編全集

 
悪霊 別巻―「スタヴローギンの告白」異稿 (光文社古典新訳文庫)

悪霊 別巻―「スタヴローギンの告白」異稿 (光文社古典新訳文庫)

 
悪霊(完全版)

悪霊(完全版)

 
すらすら読めるドストエフスキー

すらすら読めるドストエフスキー

 
ドストエフスキー『悪霊』の衝撃 (光文社新書)

ドストエフスキー『悪霊』の衝撃 (光文社新書)

 
『悪霊』神になりたかった男 (理想の教室)

『悪霊』神になりたかった男 (理想の教室)

 
ドストエフスキー 共苦する力

ドストエフスキー 共苦する力

 
ドストエフスキー『悪霊』の世界

ドストエフスキー『悪霊』の世界