日蓮正宗のススメ

法華講員のブログ

耳根得道再び:コウモリさん、頑張れ!

f:id:ekikyorongo:20201010195011j:plain

初めて見つけたときは、枯れ葉か何かがくっついているのかなって思いました。

コウモリだと気づいてからもしばらくは、死んでいるのか?生きているのか?よく分かりませんでした。

翌日。。。

f:id:ekikyorongo:20201010195042j:plain

生きていました。

でも、左の翼は破れていました。

飛べなくなって、休息していたようです。

野生の動物なので、触れることはできません。

コマ切れ肉を置いてみたりしましたが、食べる気配はありませんでした。

水も飲ませてあげたかったのですが、どうしたらいいかわからず、御題目を聴かせてあげて、御本尊様に無事と死後の丑寅勤行への参詣が叶うように、御祈念させていただきました。

昔、お世話になった御僧侶に、私たちと縁する畜生界の衆生との因縁について、とても勉強になるお話を聴かせていただいたことがありました。

人間と同じ国土世間で生きる衆生には、畜生界と草木、そして、一部の餓鬼界(細菌やウィルス)があります。

人間以外の衆生は、妙法を口唱することができません。

これは、天界の諸天善神ですら同じだそうです。

諸天供養はお願い事を祈ってはいけないと教えられました。

境界は天人の方が上ですが、彼らもまた我々の唱える妙法の功力(法味)を食して、威光勢力を発揮する存在でしかなく、仏法上では直接法体を受持する人間の方が、位が高いのだそうです。

ですから、神頼みは本末転倒の行いだとか。

コウモリさんのような、畜生界の衆生は人間界と共生し、妙法を聴くことを出世の本懐としているそうです。

過去世の宿業は持っていますが、今世での謗法罪障はありません。謗法は言葉で誹謗するから起きます。言葉を持たない畜生界の衆生には、謗法行為は不能の罪となり、免れているのだとか。

ですから、今世だけに限って言えば、謗法の人間よりも罪障がなく、妙法を耳で聞くだけで成仏できるのだそうです。

確かに、我が家の愛犬を御塔婆供養していただいた時に、御塔婆に「汝是畜生頓証菩提也」と書かれていました。追善供養ではなく、頓証菩提なんです。

もちろん、塔婆と成った木も仏身を成就しているわけです。

今回出会ったコウモリさん、もしかしたら、我が家の屋根裏に住んでいた子かもしれません。

勤行・唱題を聴いてくれていたのかな。

最期のお別れに出てきたのかな。

羽が自己修復して復活できていたらいいのに。。。

今日は姿が見えなくなっていました。

命終の後は、丑寅勤行に参詣出来たらいいのにね。

妙法(日蓮正宗僧俗の唱える南無妙法蓮華経)に縁した衆生は、死んだ日の丑寅の時刻に直接冥途の道を行かず、大石寺の客殿に導かれるのだそうです。

かつて日達上人様が、丑寅勤行の時に上の方を見上げられて、「今日は大勢来てるなぁ。。。よし、みんな戒壇の大御本尊さまの元へ送ってあげよう」と仰って、勤行を始められたことがあったそうです。

その日、何があって大勢の命が参詣したのかはわかりませんが。災害があったのかもしれません。

御書にも耳根得道のことが掲載されています。

只天台の御料簡に十如是と云ふは十界なり。此の十界は一念より事起こり、十界の衆生は出で来たりけり。此の十如是と云ふは妙法蓮華経にて有りけり。此の娑婆世界は耳根得道の国なり。以前に申す如く「当知身土」云云。一切衆生の身に百界千如・三千世間を納むる謂れを明かすが故に、是を耳に触るゝ一切衆生は功徳を得る衆生なり。一切衆生と申すは草木瓦礫も一切衆生の内なるか 有情非情。抑草木は何ぞ。金錍論に云はく「一草・一木・一礫・一塵、各一仏性・各一因果あり縁了を具足す」等云云。法師品の始めに云はく「無量の諸天・竜王・夜叉・乾闥婆・阿修羅・迦樓羅・緊那羅・摩睺羅伽、人と非人と及び比丘・比丘尼妙法蓮華経の一偈一句を聞き、乃至一念も随喜せん者は我皆阿耨多羅三藐三菩提の記を与へ授く」云云。非人とは総じて人界の外一切有情界とて心あるものなり。(一念三千法門110㌻)

以前の記事にも耳根得道について書いたことがありました。 

お読みいただければ嬉しいです。

nichirendaihonin.hatenablog.com

蜘蛛さんは元気に赤ちゃんを孵化させました。

秋口には、室内でお母さん蜘蛛も見かけました。たぶん。立派な大きさだったので。

 

koumorikujo-otasuketai.com

www.seikatsu110.jp

www.advan-group.co.jp