エセー Les Essais

文人思想家のブログ

PVアクセスランキング にほんブログ村 日蓮正宗のススメ - にほんブログ村

人生に意味があるのか?そんな疑問に囚われている人におススメ本6選

f:id:ekikyorongo:20201204190527j:plain

哲学者のニーチェってご存じですよね?

最近、飲茶さんの「「最強!」のニーチェ入門 幸福になる哲学 (河出文庫)」を読みました。何か、こう、吹っ切れた気持ちになれました。

僕は、日蓮正宗の信徒ですが、哲学にのめり込んでかれこれ29年になります。

哲学病の患者です。

哲学の勉強を手助けしてくれた人に、飲茶さんがいます。今までにも多くの入門的な本を出版されています。 

史上最強の哲学入門

史上最強の哲学入門

  • 作者:飲茶
  • 発売日: 2016/08/05
  • メディア: Kindle
 
史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち (河出文庫)
 
正義の教室

正義の教室

  • 作者:飲茶
  • 発売日: 2019/06/20
  • メディア: Kindle
 
哲学的な何か、あと科学とか (二見文庫)

哲学的な何か、あと科学とか (二見文庫)

  • 作者:飲茶
  • 発売日: 2018/12/01
  • メディア: Kindle
 

どの本もわかりやすく、従来の哲学の本とは一線を画していましたが、この度読んだニーチェの本は、圧倒的でした。 

ニーチェと言えば「神は死んだ」「永劫回帰」など、インパクトのあるフレーズが先行していますが、実際、どんだけ理解されているのかと言われれば、お寒いかぎりというのが真相ではなかったでしょうか?

「神」といえば、単純に創造主としての一神教的人格神を思い浮かべるかもしれません。それだけのことなら、我々、日本人には縁の薄い異国の思想や宗教になります。

でも、本当の意味は違っていました。

「信じるもの」「価値」「意味」「本質」「あの世」などという言葉で語られうる、我々、人類が科学的思考を手に入れるまで、説明可能だった形而上学的存在一切を指します。

飲茶さんの解説では、「本質存在」という言葉で語られる、○○のためという目的が存在するような架空の話ではなく、「現実存在(実存)」について語り、生きるための思考法が説かれているのです。

実存主義哲学なんて言葉を聞いたことがあるかもしれません。

でも、実存って何だ?って思った人は多いんじゃないでしょうか?

その辺のことがすっきりわかります。

この本の一番の衝撃は、飲茶さん自身の人生体験です。

なぜ、飲茶さんが哲学に惹かれ、解説者になろうとしたのか。。。

私は大きな感慨に打たれました。

それは、実際に本を読んで確認してみてください。

この本を読んで、 

ツァラトゥストラ (中公文庫プレミアム)

ツァラトゥストラ (中公文庫プレミアム)

  • 作者:ニーチェ
  • 発売日: 2018/05/22
  • メディア: 文庫
 

を読めば、座右の書になること請け合いです。それから、岡本太郎さんの三冊を読みましょう。 

自分の中に毒を持て<新装版>

自分の中に毒を持て<新装版>

 
自分の中に孤独を抱け

自分の中に孤独を抱け

 
自分の運命に楯を突け (青春文庫)

自分の運命に楯を突け (青春文庫)

  • 作者:岡本 太郎
  • 発売日: 2016/04/09
  • メディア: 文庫
 

日本人として実存主義的哲学を実践し、生き抜くことができた彼に励まされることだと思います。

最後に、余力があれば、ハイデガーの「存在と時間」を読んでみてください。なぜ、ハイデガーが人間を現存在と呼んだのか、その意味が分かれば生き方が変わります。 

存在と時間 全4冊セット (岩波文庫)

存在と時間 全4冊セット (岩波文庫)

 

過去も未来も形而上の存在なのです。あるのは、現在だけ。今を完全燃焼させて大肯定して生きること。それしか生きると言えないことがわかります。