日蓮正宗のススメ

法華講員のブログ

竹内結子さんの自殺に想う:自死の業因とは何か?日蓮正宗の追善供養で救えない者はいない。

f:id:ekikyorongo:20200927222204j:plain

竹内さんと藤木さんのことは、このとき知りました。

ja.wikipedia.org

1999年のNHK連続テレビ小説だったんですね。

f:id:ekikyorongo:20200927223244j:plain

感動しました。小説も読みました。

f:id:ekikyorongo:20200927223459j:plain

格好いい女性でした。

f:id:ekikyorongo:20200927223637j:plain

三浦春馬さんとも共演されてましたね。

衝撃のニュースでした。

竹内結子さんの御冥福をお祈りいたします。

彼女の成長をずっと見てきたような気がしています。

今年は訃報が印象に残る年になりました。 

nichirendaihonin.hatenablog.com 

nichirendaihonin.hatenablog.com

nichirendaihonin.hatenablog.com

nichirendaihonin.hatenablog.com

竹内さんの訃報を伝えるニュースに、信じられないという思いが募っています。

 

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

news.livedoor.com

news.yahoo.co.jp

www.fnn.jp

僕は、今日一日仕事でしたが、彼女のことをずっと考えていました。

印象に残るヒロイン。

映像を通してしか知り合えなかった彼女たちに、虚しい恋心を抱いたことがある人々。

その中の一人でした。

元気な女性、明るくたくましい女性。

そんなイメージを抱いていました。

また、泣かされた女優さんでした。「いま、会いにゆきます - Wikipedia」も「黄泉がえり - Wikipedia」も泣かされました。

f:id:ekikyorongo:20200927230305j:plain

黄泉がえりのシーン

f:id:ekikyorongo:20200927230432j:plain

可愛い人でした

文の心は悪比丘等国に充満して、国王・太子・王子等をたぼらかして、破仏法・破国の因縁をとかば、其の国の王等此の人にたぼらかされてをぼすやう、此の法こそ持仏法の因縁・持国の因縁とをもひ、此の言ををさめて行なふならば日月に変あり、大風と大雨と大火等出来し、次には内賊と申して親類より大兵乱をこり、我がかたうどしぬべき者をば皆打ち失ひて、後には他国にせめられて、或は自殺し、或はいけどりにせられ、或は降人となるべし。是偏に仏法をほろぼし、国をほろぼす故なり。(撰時抄865㌻)

後には他国侵逼難と申して隣国よりせめられて、或はいけどりとなり、或は自殺をし、国中の上下万民皆大苦に値ふべし。此ひとえに上行菩薩のかびをかをほりて法華経の題目をひろむる者を、或はのり、或はうちはり、或は流罪し、或は命をたちなんどするゆへに、仏前にちかいをなせし梵天・帝釈・日月・四天等の、法華経の座にて誓状を立てゝ、法華経の行者をあだまん人をば、父母のかたきよりもなをつよくいましむべしとちかうゆへなりとみへて候に、今日蓮日本国に生まれて一切経並びに法華経の明鏡をもって、日本国の一切衆生の面に引き向けたるに寸分もたがわぬ上、仏の記し給ひし天変あり地夭あり。定んで此の国亡国となるべしとかねてしりしかば、これを国主に申すならば国土安穏なるべくは、たづねあきらむべし。亡国となるべきならばよも用ひじ、用ひぬ程ならば日蓮流罪・死罪となるべしとしりて候ひしかども、仏いましめて云はく、此の事を知りながら身命ををしみて一切衆生にかたらずば、我が敵たるのみならず一切衆生の怨敵なり、必ず阿鼻大城に墮つべしと記し給へり。(高橋入道殿御返事888㌻)

仏の滅後に於ては祖師先徳多しと雖も、大唐楊州の善導和尚にまさる人なし、唐土第一の高祖なり云云。始めは楊州の明勝と云へる聖人を師と為して法華経を習ひたりしが、道綽禅師に値ひて浄土宗に移り、法華経を捨て念仏者と成り、一代聖教に於て聖道・浄土の二門を立てたり。法華経等の諸大乗経をば聖道門と名づけ自力の行と嫌へり。聖道門を修行して成仏を願はん人は、百人にまれに一人二人、千人にまれに三人五人得道する者や有らんずらん、乃至千人に一人も得道なきことも有るべし。観経等の三部経を浄土門と名づけ、此の浄土門を修行して他力本願を憑んで往生を願はん者は、十即十生百即百生とて十人は十人、百人は百人、決定往生すべしとすゝめたり。観無量寿経を所依と為して四巻の疏を作る。玄義分・序分義・定善義・散善義是なり。其の外、法事讃上下・般舟讃・往生礼讃・観念法門経、此等を九帖の疏と名づけたり。善導念仏し給へば口より仏の出で給ふと云ひて、称名念仏一遍を作すに三体づつ口より出で給ひけりと伝へたり。毎日の所作には阿弥陀経六十巻、念仏十万遍、是を欠く事なし。諸の戒品を持ちて一戒も破らず、三衣は身の皮の如く脱ぐ事なく、鉢瓶は両眼の如く身を離さず精進潔斎す。女人を見ずして一期生、不眠三十年なりと自歎す。凡そ善導の行儀法則を云へば、酒肉五辛を制止して口に齧まず手に取らず。未来の諸の比丘も是くの如く行ずべしと定めたり。一度酒を飲み、肉を食らひ、五辛等を食ひ、念仏申さん者は三百万劫が間地獄に堕つべしと禁めたり。善導が行儀法則は本律の制に過ぎたり。法然房が起請文にも書き載せたり。一天四海善導和尚を以て善知識と仰ぎ、貴賤上下皆悉く念仏者と成れり。但し一代聖教の大王、三世諸仏の本懐たる法華の文には「若有聞法者、無一不成仏」と説き給へり。善導は法華経を行ぜん者は、千人に一人も得道の者有るべからずと定む。何れの説に付くべきか。無量義経には、念仏をば「未顕真実」とて実に非ずと言ふ。法華経には「正直捨方便、但説無上道」とて、正直に念仏の観経を捨て無上道の法華経を持つべしと言ふ。此の両説水火なり、何れの辺に付くべきか。善導が言を信じて法華経を捨つべきか、法華経を信じて善導の義を捨つべきか如何。夫一切衆生皆成仏道法華経、一聞法華経決定成菩提の妙典、善導が一言に破れて千中無一虚妄の法と成り、無得道教と云はれ、平等大慧の巨益は虚妄と成り、多宝如来の皆是真実の証明の御言妄語と成るか。十方諸仏の上至梵天の広長舌も破られ給ひぬ。三世諸仏の大怨敵と為り、十方如来成仏の種子を失ふ、大謗法の科甚だ重し。大罪報の至り、無間大城の業因なり。之に依って忽ちに物狂ひにや成りけん、所居の寺の前の柳の木に登りて、自ら頚をくゝりて身を投げて死し畢んぬ。邪法のたゝり踵を回らさず、冥罰爰に見はれたり。最後臨終の言に云はく、此の身厭ふべし諸苦に責められ暫くも休息なしと。即ち所居の寺の前の柳の木に登り、西に向かひ願って曰く、仏の威神以て我を取り、観音勢至来たって又我を扶けたまへと。唱へ畢って青柳の上より身を投げて自絶す云云。三月十七日くびをくゝりて飛びたりける程に、くゝり縄や切れけん、柳の枝や折れけん、大旱魃の堅土の上に落ちて腰骨を打ち折きて、廿四日に至るまで七日七夜の間、悶絶躄地しておめきさけびて死し畢んぬ。さればにや是程の高祖をば往生の人の内には入れざるらんと覚ゆ。此の事全く余宗の誹謗に非ず、法華宗の妄語にも非ず、善導和尚自筆の類聚伝の文なり云云。而も流れを酌む者は其の源を忘れず、法を行ずる者は其の師の跡を踏むべし云云。浄土門に入って師の跡を踏むべくば、臨終の時善導が如く自害有るべきか。念仏者として頚をくゝらずんば、師に背く咎有るべきか如何。(念仏無間地獄抄42㌻)

以前に教導いただいた御僧侶から、自殺に関するお話をお聞きしたことがあります。

それは、自殺だけは救えないんだというお言葉でした。その理由をお聞きすると、それは自らの仏性を殺す重罪だから。。。というようなお話でした。

自殺の業因というのは、無間地獄の業因ということでしょうか?

典拠を御存じのかたはお教えください。追記 御僧侶から、必ず救えるとの御教示がありました。追善供養いたしましょう。訂正いたします。

三浦春馬さんとの、因縁のようなものを感じたのは私だけでしょうか?

ドラマ版の「いま、会いにゆきます」に、三浦さんも回想シーンで出演されていたようですね。

現世の福運というものは、はかなく虚しいものなんでしょうか。

私自身、自殺することばかり考えていた時期がありました。

顕正会末期のころ。

死ぬ前に文句言ってやろうと訪問した、日蓮正宗のお寺様に救われ今に至っています。

先日の体験談にもありましたね。

富士の樹海で首くくる前に、大石寺五重塔が見たい。。。その一心で参詣された方と、それを救われた法華講員の方のお話。 

nichirendaihonin.hatenablog.com

どうか、自殺を決断する前に日蓮正宗寺院を御訪問くださいますように。 

www.nichirenshoshu.or.jp

日蓮大聖人様の御縁に連なることができますように。