日蓮正宗のススメ

法華講員のブログ

3年かかって自由の身になりました。

f:id:ekikyorongo:20200804230300j:plain

映画「ショーシャンクの空に」を思い出しました。

自由の身って言っても、刑務所に入っていたわけではありません。 

私は、2017年に一念発起して、現在の仕事に転職いたしました。

全くの畑違いの職種で、未経験・無資格での飛び込み。

当時は危機的な人手不足で、雇う側の会社が資格取得費用を負担してくれての、就職でした。。。

手厚い研修期間が4か月。

これも、なかなか他社では有り得ない好条件でした。

資格取得に掛かったお金が、約35万円。

研修期間を除外して、3年間御奉公すれば、貸付金返還義務が免除されるという契約でした。

今年の7月末日で、晴れて契約満了となり、負債が帳消しに。

35万円の臨時ボーナスをいただいたような気分です。

引き続き、会社に残って働くつもりですが、気持ちの負担が軽くなりました。

私は、宿業のせいでしょうか、大学卒業以来、転職を繰り返して来ました。

アラフィフとなった現在、転職市場も狭き門となりました。

できることなら、このまま今の職場で定年まで働きたいと思っています。

未来のことはわかりませんので、あくまでも希望ですが。

2010年に日蓮正宗に再入信して、ちょうど満7年の年に決まった仕事でした。

紆余曲折と艱難辛苦の3年間でした。

それでも、石の上にも三年が成就したことは、私にとって大きな一歩です。

少しは罪障消滅が進んだということでしょうか?

現在はこの制度も消滅しています。

コロナ不況で就職難が到来し、有資格者でも入社試験で落とされたと聞きました。

いろんな意味で出来の悪い私が、それでも居残ることができたことは、大御本尊様の御守護があったからだと思っています。

信心を中心にした生活をするには、不規則でハードな仕事ですし、リスクも高いので心に迷いがないとは言い切れませんが、社会貢献度の高い仕事なので、続けても大聖人様の御叱りを受けるようなこともないかと。。。

土日祝日休みで有休もとりやすい仕事。。。

いつかは、そのような仕事に就いて、信心中心の生活がしたいなぁ。

祈りながら考えています。


【町山智浩映画解説】世界の映画ファンの人気NO.1の映画『ショーシャンクの空に』


観るだけで人生が「好転」する映画 TOP5


モーガン・フリーマンが教えてくれる人生の大切さ【おすすめ映画5選】


【名作】珠玉の名言、考え方が詰まった映画『ショーシャンクの空に』をレビューしてみた