日蓮正宗のススメ

万民一同に南無妙法蓮華経と唱え奉らば吹く風枝をならさず雨壤を砕かず

日蓮正宗の法事の意義

   f:id:ekikyorongo:20190815133640j:plain

 日蓮正宗の法事は、御先祖様が来世における人生を有意義に過ごせるよう、御本尊様に御願いする大事な法要です。

 御先祖様が居られたからこそ、今の私達があります。恩を報じる意味においても、法事を寺院で行うことは当然です。法事を行わないことは不知恩という恩知らずであり、信心已前に人間として必ず行う常識です。

 日蓮正宗の法事には、折伏弘教という大事な意味があります。御先祖様への追善供養は当然のことですが、御先祖様の徳によって信心していない人を集めて頂き、折伏の場を作って下さるのです。日蓮正宗における法要の厳粛さを印象付け、動執生疑を起こさせます。信心しない人が普段感じることのない、御本尊様在す本堂の清浄さを感じて頂きます。謗法が渦巻く娑婆世界で生活しておりますと、心の安堵感を忘れます。この安堵感を与えることが日蓮正宗の法事の意義です。安堵感を施すことで心の安らぎを取り戻し、謗法に汚染された生命が浄化されます。「毒気深入 失本心故」という状態を弱めることが出来るのです。法事には変毒為薬の作用があります。この時、信心に目覚め御授戒を受ければ、更に成仏に向かって素直に仏因を積むことが出来るわけです。

 本堂で唱えられる御経と御題目の南無妙法蓮華経に浴することで、逆縁を結び未来の発心に期待をかけます。信心していない閉ざされた心の扉を開く重要な鍵が日蓮正宗の法事にあります。この閉ざされた心の扉を開かせることが、法事に参詣された人の苦悩を取り除くことに繋がります。人生の悩みや迷いを取り除く智慧の一分を感じさせ、生きる希望を促します。更に、日蓮正宗の法事に参加することで心の汚れを御本尊様から洗い流して頂くことが出来ます。

 法事では、仏事を行う大切さを学び、御本尊様に対する信心を初心に立ちかえる縁になります。また信心から遠退いている人に仏縁を結びます。法事で寺院参詣の大切さを知り、御供養の意味を知り、御先祖様の成仏には塔婆供養が重要であることを教える教化育成の意義もあります。法事を縁として日蓮正宗の所作仏事を教えることが出来、法統相続にも大事な意味を持ちます。

 法事によって、家族や親戚間の異体同心を深める意味もあり、法事は遠縁の知り合いの方を引き寄せる働きがあります。そして昔懐かしい思いで話に浸ることが出来、この懐かしい思い出を縁に、家族と親戚の異体同心を結び付けるのです。思いで話の中に、法事を行った功徳により、時として様々な智慧が御本尊様から頂くことがあります。更に法事は、折伏しやすい環境を御本尊様の功徳により提供して下さいます。

 信心をして所作仏事を心得ている方は、法事を行った回向により、計り知れない功徳が未来にめぐってきます。その功徳は私達の凡眼凡智では知ることの出来ない、非常に有り難いものです。更に信心を深め精進するところに冥益となり顕れてきます。

 法事は、自行化他の実践です。御先祖様の成仏と自分自身の成仏のために行います。更に、信心していない縁ある方をも折伏して成仏させる力を持ちます。

 以上の意義を心得、日蓮正宗の寺院で御住職様に法事を奉修して頂くことが大事です。

 

 

日蓮正宗の冠婚葬祭 (すぐわかるよくわかる)

日蓮正宗の冠婚葬祭 (すぐわかるよくわかる)

 

 

 

平成新編 日蓮大聖人御書(大石寺)

平成新編 日蓮大聖人御書(大石寺)

 
信行要文六 (御法主日如上人猊下夏期講習会御講義集)

信行要文六 (御法主日如上人猊下夏期講習会御講義集)

 
御書要文〈2〉

御書要文〈2〉

 
信行要文四 (御法主日如上人猊下夏期講習会御講義集)

信行要文四 (御法主日如上人猊下夏期講習会御講義集)

 
諸宗破折ガイド

諸宗破折ガイド

 
信行要文七

信行要文七

 
信行要文五 (御法主日如上人猊下夏期講習会御講義集)

信行要文五 (御法主日如上人猊下夏期講習会御講義集)

 
創価学会『ニセ本尊』破折 100問100答

創価学会『ニセ本尊』破折 100問100答

 
創価学会を脱会しよう! (『創価学会員への折伏教本』分冊版)

創価学会を脱会しよう! (『創価学会員への折伏教本』分冊版)