エセー Les Essais

文人思想家のブログ

PVアクセスランキング にほんブログ村 日蓮正宗のススメ - にほんブログ村

1107夜:1.01 の法則と 0.99 の法則

f:id:ekikyorongo:20210809092823p:plain

継続は力の根源なり

皆さんは、「1.01 の法則、0.99 の法則」というのを知っているでしょうか。
1.01 と 0.99 には 0.02 の差しかありませんが、「1.00」を今の自分の生活として、
1 日の中でほんのちょっとの努力(+0.01)の努力を 1 年間続けると、1.01×1.01
×1.01×1.01×・・・365 乗(1 年=365 日)1.01365=37.7834343、なんと、ほんの
ちょっとの努力で「1.00」が「約 37.8 倍」にもなります。
ところが、1 日の中でほんのちょっとさぼる(-0.01)ことを 1 年間続けると、
0.99×0.99×0.99×0.99・・・365 乗 0.99365=0.0255179645、なんと、ほんのちょ
っとさぼることで「1.00」が「約 0.03」まで減ってしまうのです。
「人の 2 倍努力しなさい」と言われてもなかなか難しいものですが、「人よりほ
んのちょっと+0.01 だけ努力しなさい」と言われれば何とかなりそうです。「ほん
のちょっとの+0.01」は 1 日=24 時間=1440 分の 0.01 ですから約 15 分です。
これなら何とかなりそうです。
「1.01 の法則」というのは、こつこつ努力すれば、やがて大きな力になるという
法則です。また、「0.99 の法則」は、逆に少しずつさぼればやがて力がなくなります
という法則です。
小さなことを理由に日々の積み重ねを怠ってしまわないように、ほんのちょっとの努力を続けてみてください。

いつか出来ることは全て、今日もできる。モンテーニュ「エセー」

1日15分。朝夕で分ければ7.5分。
端数がめんどくさいならば、20分にして朝夕10分。
これを信心のために毎日割いてみよう。
365日、朝夕五座三座の勤行+唱題1時間とか、大風呂敷を広げるからしんどくなるんだよ。
朝はお水を御給仕して、夕方はお花の水を替えて、ロウソクに灯をともしお線香1本お供えする。
まずは御給仕です。
あとは題目三唱して、「今日一日無事に終わりますように」「今日も一日無事に終わりました。ありがとうございました」と。
これなら、どんなに忙しくても疲れてても捻出できるはず。
10分だけと思って、御本尊様の前に座ってみれば、気持ちが落ち着いてきて正式の勤行ができることも多い。
そんな時には、感謝の念で励めばいい。

私は私の意見を述べる。それがよい意見だからではなく、私自身の意見だからだ。
- モンテーニュ -

みんなのことを思って、また、自分を励ますために書いていても、したり顔して苦言を呈してくる者も多い。
そのような人々には、

真実でさえ、時と方法を選ばずに用いられてよいということはい。
- モンテーニュ -

と答えよう。

真の友愛においては、私は友を自分の方に引き寄せるよりも、むしろ自分を友に与える。- モンテーニュ -

それ故、今日はこのブログの友に、創価ダメ出しさんの記事を紹介しよう。
プラス0.01。
ほんの少しの時間をください。

日興遺誡置文の研鑽⑦

一、時の貫首爲りと雖も佛法に相違して己義を構へば之を用ふべからざる事。
一、衆議爲りと雖も、佛法に相違有らば貫首之を摧くべき事。


この2条項はセットになっている条項です。創価が良く使うのが前文の「時の貫主云々」という御文です。この「時の貫主云々」の条項には二つの意義があります。一つは「貫主法主)は一宗の責任者であり人事権を持っいるので仏法に相違して己義を構えるような人物を登用してはいけない」という意味で、もう一つは創価言うように「貫主といえども仏法相違の己義を構えたらその義を用いてはいけない」という意味なのですが、では「仏法相違の己義」というのは誰がジャッジするのでしょうか?弟子檀那が御書に照らして判断するというのであれば、後条の「衆議爲りと雖も~」の条項と矛盾します。ですからこの2条項の趣旨は、上は法主猊下から下は一信徒に至るまで日蓮大聖人の仏法に相違をしてはいけないということを遺誡されているのです。法主も信徒も何人たりも仏法に違背してはいけないという事です。では法主上人も一信徒も全く同列なのかというとそうではありません。以前も書きましたが、法主上人が仏法相違したときには弟子檀那は「用いない」、逆に弟子信徒が仏法相違したときには法主上人は「之を摧くべき事」とそこに師弟の筋目の立てわけがあり、それが日興上人の御遺命なのです。然るに創価・顕正・正信会のごとき謗法者たちが日顕上人等を非難・批判するは、法主上人を摧かんとする弟子の分を弁えない行為であり、日興上人の御遺誡に反する大謗法なのです。逆に法主上人は仏法に違背した者を放置するのではなく摧かなければならないのです。ですから池田創価や浅井顕正に対する処分は至極当然な処分で何の咎もありません。池田や浅井が法主上人の御指南を仏法相違だと思うのは本人たちの信心ですから勝手ですが、そう思ったなら自分が「用いなければ」いいのです。それを先頭に立って法主上人を非難・批判するのは間違っているということです。それこそ破和合僧に当たります。これを法主上人を特別扱いしていると不満に思うのであれば、日興上人否定ですから日興門流を名乗ることは許されません。また稀に法華講員を名乗りながら歴代上人や御当代上人に対する批判と思える言説をネットなどで見かけることがあります。そのような言説は池田・浅井と同じ行為ですから慎むべきだと思います。いちいち「〇〇上人のここがおかしい」なんていう必要はありません。そう思ったら自分がその御指南を用いなければいいだけのことです。因みに日亨上人は「無信・無行・無学の者が猊座に昇ることはないのであるから仏法違背の義を唱えることもない。この条項は偶然に稀に起こる事態を想定しているに過ぎない」(趣意)と御指南されています。

一、衣の墨、黒くすべからざる事。
一、直綴を著すべからざる事。


この2条項は法衣に関する御遺誡です。前文が色で後文が形について御指南されています。法衣については六巻抄の学習の時に少し詳しく書きますのでここでは簡単に書きます。まず衣の色は「黒」は不可です。「黒色」は地獄界の色・迷いの色とされているからです。正宗の御僧侶が着用する法衣は「白」または「薄墨色」です。これには多々意義がありますが少し言うと「薄墨色」は黒と白の中間で夜と朝の中間の色で諸仏が成道する丑寅の時刻を表しています。また大古では法衣の色は青銅色・壊色・雑泥色がありその中で一番下等なのが雑泥色で薄墨色とはこの雑泥色になります。これは凡夫僧を表すとともに凡夫即極の大聖人の仏法を表しています。次に形ですが、直綴(じきとつ)とは衣と裳(袴みたいなやつ)を直に綴付けた法衣で腰から下に「ひだ」がある法衣です。他宗の僧侶がよく着用している法衣ですね。まぁワンピースとかツナギみたいな形の法衣です。この直綴は高貴な法衣とされています。色にしても形にしても法衣は質素なものを着用しなさいということですね。なぜがといえば『新池御書』に、
◆昨日今日まで田夫野人にして黒白を知らざる者もかちんの直綴をだにも著つればうち慢じて
と書かれているように、高級な法衣を身にまとえば自分が偉いと錯覚して傲慢になるからです。これは私達凡夫にも言えてますよね。高級車やブランド物を身に着けるとあたかも自分が偉くなったように錯覚して他人を見下したりする。要は名聞名利の心を厳に戒めている御遺誡です。ご僧侶方だけの条項などと思わずに、この御遺誡を自分自身の名聞名利の心を戒めるつもりで私は読んでいます。話は変わりますが池田センセが勲章だの博士帽子などを身に着けてご満悦な姿はまさに【かちんの直綴】を身に着けて慢じている田舎法師の姿に見えます(笑)

昨日の敬遠の教えですね。
袈裟衣を尊び、中身を評価しない。
これが判れば日蓮正宗から離れることはないんです。
「一、時の貫首爲りと雖も佛法に相違して己義を構へば之を用ふべからざる事。」について、おかしな提灯論文を書いたお坊さんがいました。
なんでも、猊下様であっても、己義を構える者を重用してはいけないとか。
それはそうですが、日興上人様の意図ではありませんね。