日蓮正宗のススメ

万民一同に南無妙法蓮華経と唱え奉らば吹く風枝をならさず雨壤を砕かず

方便品と寿量品

曾谷入道殿御返事

 方便品の長行書進せ候先に進せ候し自我偈に相副て読みたまうべし、此の経の文字は皆悉く生身妙覚の御仏なり然れども我等は肉眼なれば文字と見るなり、例せば餓鬼は恒河を火と見る人は水と見る天人は甘露と見る水は一なれども果報に随つて別別なり、此の経の文字は盲眼の者は之を見ず、肉眼の者は文字と見る二乗は虚空と見る菩薩は無量の法門と見る、仏は一一の文字を金色の釈尊と御覧あるべきなり即持仏身とは是なり、されども僻見の行者は加様に目出度く渡らせ給うを破し奉るなり、唯相構えて相構えて異念無く一心に霊山浄土を期せらるべし、心の師とはなるとも心を師とせざれとは六波羅蜜経の文ぞかし、委細は見参の時を期し候、恐恐謹言。
 文永十二年三月 日 日 蓮花押
 曾谷入道殿

予が愚見をもつて近来の世間を見るに多くは在家・出家・誹謗の者のみあり、但し御不審の事・法華経は何れの品も先に申しつる様に愚かならねども殊に二十八品の中に勝れて・めでたきは方便品と寿量品にて侍り、余品は皆枝葉にて候なり、されば常の御所作には方便品の長行と寿量品の長行とを習い読ませ給い候へ、又別に書き出しても・あそばし候べく候、余の二十六品は身に影の随ひ玉に財の備わるが如し、寿量品・方便品をよみ候へば自然に余品はよみ候はねども備はり候なり、薬王品・提婆品は女人の成仏往生を説かれて候品にては候へども提婆品は方便品の枝葉・薬王品は方便品と寿量品の枝葉にて候、されば常には此の方便品・寿量品の二品をあそばし候て余の品をば時時・御いとまの・ひまに・あそばすべく候。(月水御書)

御文に云く此の経を持ち申して後退転なく十如是・自我偈を読み奉り題目を唱へ申し候なり、但し聖人の唱えさせ給う題目の功徳と我れ等が唱へ申す題目の功徳と何程の多少候べきやと云云、更に勝劣あるべからず候、其の故は愚者の持ちたる金も智者の持ちたる金も・愚者の然せる火も智者の然せる火も其の差別なきなり、但し此の経の心に背いて唱へば其の差別有るべきなり、此の経の修行に重重のしなあり其大概を申せば記の五に云く「悪の数を明かすことをば今の文には説・不説と云ふのみ、有る人此れを分つて云く先きに悪因を列ね次ぎに悪果を列ぬ悪の因に十四あり・一に憍慢・二に懈怠・三に計我・四に浅識・五に著欲・六に不解・七に不信・八に顰蹙・九に疑惑・十に誹謗・十一に軽善・十二に憎善・十三に嫉善・十四に恨善なり」此の十四誹謗は在家出家に亘るべし恐る可し恐る可し、過去の不軽菩薩は一切衆生に仏性あり法華経を持たば必ず成仏すべし、彼れを軽んじては仏を軽んずるになるべしとて礼拝の行をば立てさせ給いしなり、法華経を持たざる者をさへ若し持ちやせんずらん仏性ありとてかくの如く礼拝し給う何に況や持てる在家出家の者をや(松野殿御返事)

勤行は方便品と寿量品というのは、御本仏様の御指南されている通りですね。

御消息文ですので、化儀の深い意味は説かれておりませんが、現在の五座三座の形式も御本仏様の御仏智であると拝しております。

日寛上人様の当流行事抄には、相伝の上からの勤行に関する御指南があります。

御書・法華経・六巻抄は揃えておきたいですね。

f:id:ekikyorongo:20191005181143j:plain

勤行唱題に教学の勉強をプラスしていきましょう。

当流行事鈔                                   日寛謹んで記す

大覚世尊設教の元意は一切衆生をして修行せしめんが為めなり。修行に二有り、所謂正行及び助行なり。宗々殊なりと雖も同じく正助を立つ、同じく正助を立つれども行体各々異なり。流々の正助は今論ぜざる所なり、当門所修の二行の中に、初めに助行とは方便・寿量の両品を読誦し、正行甚深の功徳を助顕す。

譬えば灰汁の清水を助け塩酢の米麺の味を助くるが如し、故に助行と言うなり。

此の助行の中に亦傍正有り、方便を傍とし寿量を正と為す。是れ則ち遠近親疎の別有るに由る故なり、傍正有りと雖も倶に是れ助行なり

。 次ぎに正行とは三世諸仏の出世の本懐、法華経二十八品の最要、本門寿量の肝心、文底秘沈の大法、本地難思、境智冥合、久遠元初の自受用身の当体、事の一念三千、無作本有の南無妙法蓮華経是れなり。

荊渓尊者謂えること有り、正助合行して因んで大益を得と云云。

行者応に知るべし、受け難きを受け値い難きに値う、曇華にも超え浮木にも勝れり、一生空しく過ごさば万劫必ず悔いん、身命を惜まずして須く信行を励むべし、円頂方袍にして懶惰懈怠の者は是れ我が弟子に非ず、即ち外道の弟子なりと云云。慎しむ可し、慎しむ可し、勤めよや、勤めよや。 

(中略)

問う、諸流の勤行ごんぎょう各々おのおの不同なり、あるいは通序及び十如提婆だいば品等をじゅし、或は此経しきょう難持なんじ以要いよう言之ごんし陀羅尼だらにほんげんじゅ等を誦し、或は一品二半、或は本門八品、或は一日一巻等心に任せて之を誦す。しかるに当流の勤行はただ両品に限る、其のいわ如何いかん

答う、諸流は名を蓮師に借るといえども実には蓮祖聖人の門弟に非ず、ただ是れ自己所立の新義なり、故に蓮師の古風をあおがずして専ら各自の好む所に随うなり。但我が富山ふさんのみ蓮祖所立の門流なり、故に開山已来、・化法四百余年全く蓮師の如し、故に朝暮の勤行は但両品に限るなり。

問う、其の証文如何。

答う、証は汝が家に在り、吾に向かって尋ぬるなかれ。然りと雖もしばら幼稚ようちの為に之を引かん。日講にちこう啓蒙けいもう十八に日向にこう天目てんもく問答記を引いて云わく「大聖人一期の行法は本迹なり、毎日の勤行は方便・寿量の両品なり乃至御遷化ごせんげの時またまたしかなり」等云云。

問う、興師の行事如何いかん

 答う、開山の勤行全く蓮師の如し。故に又啓蒙に云わく「決要抄に天目抄を引いて云わく、白蓮阿闍あじ、口に末法は是れ本門大法の時機と云い、及び公処に奉上ふじょうする申状もうしじょう爾前にぜん迹門の謗法ほうぼう停止ちょうじして本門の大法を建立せんと之を書きすと雖も、而も自行には方便・寿量の両品を朝夕に読誦す、是れ自語相違の人なり」云云。
 吾が家の証文あたかも日輪の如し、汝等の所行むし自立じりゅうに非ずや。既に宗祖に、何ぞ門弟子と云わんや。
授職じゅしょく潅頂かんちょうしょうに云わく「問う、一経は二十八品なり、毎日の勤行は我等がえざる所なり、如何が之を読誦せんや。答う、二十八品本迹の高下せんじんは教相の所談なり、今は此の義を用いず、って二経の肝心かんじん、迹門は方便品、本門は寿量品なり、天台・妙楽云わく、迹門の正意しょういは実相を顕わすに在り、本門の正意は寿の長遠ちょうおんを顕わす」(新定一〇五八)云云。 
大覚だいがく抄に云わく云云。

 

平成新編 日蓮大聖人御書(大石寺)

平成新編 日蓮大聖人御書(大石寺)

 

 

新編妙法蓮華經并開結

新編妙法蓮華經并開結

 

 

 

六巻抄

六巻抄

 

 

日蓮正宗 勤行要典の解説

日蓮正宗 勤行要典の解説

 
勤行―その仕方と観念文の意義 (信心修行の基本)

勤行―その仕方と観念文の意義 (信心修行の基本)

 

妙法蓮華経方便品 第二

爾時世尊。從三昧安詳而起。告舍利弗。諸
智慧。甚深無量。其智慧門。難解難入。一切
聲聞。辟支仏。所不能知。所以者何。仏曾親
近。百千万億。無数諸仏。尽行諸仏。無量道法。
勇猛精進。名稱普聞。成就甚深。未曾有法。随
宜所説。意趣難解。舍利弗。吾從成仏已
来。種種因縁。種種譬喩。広演言教。無数方
便。引導衆生。令離諸著。所以者何。如来
便。知見波羅蜜。皆已具足。舍利弗。如来
見。広大深遠。無量。無礙力。無所畏。禪定。解脱。
三昧。深入無際。成就一切。未曾有法。舍利
弗。如来能種種分別。巧説諸法。言辭柔軟。
悦可衆心。舍利弗。取要言之。無量無辺。未
曾有法。仏悉成就。止。舍利弗。不須復説。所
以者何。仏所成就。第一希有。難解之法。唯
仏與仏。乃能究尽。諸法實相。所謂諸法。如是
相。如是性。如是體。如是力。如是作。如是因。
如是縁。如是果。如是報。如是本末究竟等。
爾時世尊。欲重宣此義。而説偈言。

世雄不可量。諸天及世人。
一切衆生類。無能知仏者。
仏力無所畏。解脱諸三昧。
及仏諸余法。無能測量者。
本從無数仏。具足行諸道。
甚深微妙法。難見難可了。
於無量億劫。行此諸道已。
道場得成果。我已悉知見。
如是大果報。種種性相義。
我及十方仏。乃能知是事。
是法不可示。言辭相寂滅。
諸余衆生類。無有能得解。
除諸菩薩衆。信力堅固者。
仏弟子衆。曾供養諸仏。
一切漏已尽。住是最後身。
如是諸人等。其力所不堪。
假使満世間。皆如舍利弗。
尽思共度量。不能測仏智。
正使満十方。皆如舍利弗。
及余諸弟子。亦満十方刹。
尽思共度量。亦復不能知。
辟支仏利智。無漏最後身。
亦満十方界。其数如竹林。
斯等共一心。於億無量劫。
欲思仏實智。莫能知少分。
新発意菩薩。供養無数仏。
了達諸義趣。又能善説法。
如稻麻竹葦。充満十方刹。
一心以妙智。於恆河沙劫。
咸皆共思量。不能知仏智。
不退諸菩薩。其数如恆沙。
一心共思求。亦復不能知。
又告舍利弗。無漏不思議。
甚深微妙法。我今已具得。
唯我知是相。十方仏亦然。
舍利弗当知。諸仏語無異。
於仏所説法。当生大信力。
世尊法久後。要当説眞實。
告諸聲聞衆。及求縁覺乘。
我令脱苦縛。逮得涅槃者。
仏以方便力。示以三乘教。
衆生処処著。引之令得出。
爾時大衆中。有諸聲聞。漏尽阿羅漢。阿若
陳如等。千二百人。及発聲聞。辟支仏心。比丘。
比丘尼。優婆塞。優婆夷。各作是念。今者世
尊。何故慇懃。稱歎方便。而作是言。仏所得
法。甚深難解。有所言説。意趣難知。一切
聲聞。辟支仏。所不能及。仏説一解脱義。我
等亦得此法。到於涅槃。而今不知。是義所
趣。
爾時舍利弗。知四衆心疑。自亦未了。而白
仏言。世尊。何因何縁。慇懃稱歎。諸仏第一
方便。甚深微妙。難解之法。我自昔来。未曾從
仏。聞如是説。今者四衆。咸皆有疑。唯願世
尊。敷演斯事。世尊何故。慇懃稱歎。甚深微妙。
難解之法。爾時舍利弗。欲重宣此義。而説
偈言。
慧日大聖尊。久乃説是法。
自説得如是。力無畏三昧。
禪定解脱等。不可思議法。
道場所得法。無能発問者。
我意難可測。亦無能問者。
無問而自説。稱歎所行道。
智慧甚微妙。諸仏之所得。
無漏諸羅漢。及求涅槃者。
今皆墮疑網。仏何故説是。
其求縁覺者。比丘比丘尼
諸天龍鬼神。及乾闥婆
相視懐猶豫。瞻仰兩足尊。
是事為云何。願仏為解説。
於諸聲聞衆。仏説我第一。
我今自於智。疑惑不能了。
為是究竟法。為是所行道。
仏口所生子。合掌瞻仰待。
願出微妙音。時為如實説。
諸天龍神等。其数如恆沙。
求仏諸菩薩。大数有八万。
又諸万億国。轉輪聖王至。
合掌以敬心。欲聞具足道。

爾時仏。告舍利弗。止。止。不須復説。若説是
事。一切世間。諸天及人。皆当驚疑。舍利弗。重
白仏言。世尊。唯願説之。唯願説之。所
以者何。是會無数。百千万億。阿僧祇衆生。曾
見諸仏。諸根猛利。智慧明了。聞仏所説。則
能敬信。爾時舍利弗。欲重宣此義。而説偈
言。
法王無上尊。唯説願勿慮。
是會無量衆。有能敬信者。
仏復止舍利弗。若説是事。一切世間。天人阿
脩羅。皆当驚疑。増上慢比丘。將墜於大坑。
爾時世尊。重説偈言。
止止不須説。我法妙難思。
増上慢者。聞必不敬信。
爾時舍利弗。重白仏言。世尊。唯願説之。
唯願説之。今此會中。如我等比。百千万億。
世世已曾。從仏受化。如此人等。必能敬信。
長夜安穩。多所饒益。爾時舍利弗。欲重宣
此義。而説偈言。

無上兩足尊。願説第一法。
我為仏長子。唯垂分別説。
是會無量衆。能敬信此法。
仏已曾世世。教化如是等。
皆一心合掌。欲聽受仏語。
我等千二百。及余求仏者。
願為此衆故。唯垂分別説。
是等聞此法。則生大歓喜

爾時世尊。告舍利弗。汝已慇懃三請。豈得不
説。汝今諦聽。善思念之。吾当為汝。分別解
説。説此語時。會中有比丘。比丘尼。優婆塞。
優婆夷。五千人等。即從座起。禮仏而退。所以
者何。此輩罪根深重。及増上慢。未得謂得。
未證謂證。有如此失。是以不住。世尊默
然。而不制止。
爾時仏。告舍利弗。我今此衆。無復枝葉。純
有貞實。舍利弗。如是増上慢人。退亦佳矣。
汝今善聽。当為汝説。舍利弗言。唯然。世尊。
願楽欲聞。仏告舍利弗。如是妙法。諸仏如
来。時乃説之。如優曇鉢華。時一現耳。舍利
弗。汝等当信。仏之所説。言不虚妄。舍利弗。
諸仏随宜説法。意趣難解。所以者何。我以
無数方便。種種因縁。譬喩言詞。演説諸法。
是法非思量分別。之所能解。唯有諸仏。乃
能知之。所以者何。諸仏世尊。唯以一大事
因縁故。出現於世。舍利弗。云何名諸仏世
尊。唯以一大事因縁故。出現於世。諸仏世尊。
欲令衆生。開仏知見。使得清浄故。出現於
世。欲示衆生。仏知見故。出現於世。欲
衆生。悟仏知見故。出現於世。欲令衆生
入仏知見道故。出現於世。舍利弗。是為諸
仏。唯以一大事因縁故。出現於世。
仏告舍利弗。諸仏如来。但教化菩薩。諸有
所作。常為一事。唯以仏之知見。示悟衆生
舍利弗。如来但以。一仏乘故。為衆生説法。
無有余乘。若二若三。舍利弗。一切十方諸
仏。法亦如是。舍利弗。過去諸仏。以無量無数
方便。種種因縁。譬喩言辭。而為衆生。演説諸
法。是法皆為一仏乘故。是諸衆生。從諸仏
聞法。究竟皆得。一切種智。舍利弗。未来諸
仏。当出於世。亦以無量。無数方便。種種因縁。
譬喩言辭。而為衆生。演説諸法。是法皆為。
一仏乘故。是諸衆生。從仏聞法。究竟皆得。
一切種智。舍利弗。現在十方。無量百千万億。
仏土中。諸仏世尊。多所饒益。安楽衆生。是
諸仏。亦以無量。無数方便。種種因縁。譬喩言
辭。而為衆生。演説諸法。是法皆為。一仏乘
故。是諸衆生。從仏聞法。究竟皆得。一切種
智。舍利弗。是諸仏。但教化菩薩。欲以仏之
知見。示衆生故。欲以仏之知見。悟衆生
故。欲令衆生。入仏知見道故。舍利弗。我今
亦復如是。知諸衆生。有種種欲。深心所著。
随其本性。以種種因縁。譬喩言辭。方便力故。
而為説法。舍利弗。如此皆為。得一仏乘。一
切種智故。舍利弗。十方世界中。尚無二乘。
何況有三。舍利弗。諸仏出於。五濁悪世。所
謂劫濁。煩悩濁。衆生濁。見濁。命濁。如是舍利
弗。劫濁亂時。衆生垢重。慳貪嫉妬。成就諸
不善根故。諸仏以方便力。於一仏乘。分別
説三。舍利弗。若我弟子。自謂阿羅漢。辟支
仏者。不聞不知。諸仏如来。但教化菩薩
事。此非仏弟子。非阿羅漢。非辟支仏。又舍
利弗。是諸比丘。比丘尼。自謂已得阿羅漢。是
最後身。究竟涅槃。便不復志求。阿耨多羅三
藐三菩提。当知此輩。皆是増上慢人。所以者
何。若有比丘。實得阿羅漢。若不信此法。無
有是処。除仏滅度後。現前無仏。所以者何。
仏滅度後。如是等経。受持讀誦。解其義者。是人
難得。若遇余仏。於此法中。便得決了。舍利
弗。汝等当一心信解。受持仏語。諸仏如来
言無虚妄。無有余乘。唯一仏乘。爾時世
尊。欲重宣此義。而説偈言。

比丘比丘尼。有懐増上慢
優婆塞我慢。優婆夷不信。
如是四衆等。其数有五千。
不自見其過。於戒有缺漏。
護惜其瑕疵。是小智已出。
衆中之糟糠。仏威徳故去。
斯人尠福徳。不堪受是法。
此衆無枝葉。唯有諸貞實。
舍利弗善聽。諸仏所得法。
無量方便力。而為衆生説。
衆生心所念。種種所行道。
若干諸欲性。先世善悪業。
仏悉知是已。以諸縁譬喩。
言辭方便力。令一切歓喜
或説脩多羅。伽陀及本事。
本生未曾有。亦説於因縁。
譬喩并祇夜。優波提舍経。
鈍根楽小法。貪著於生死。
於諸無量仏。不行深妙道。
衆苦所悩亂。為是説涅槃。
我設是方便。令得入仏慧。
未曾説汝等。当得成仏道
所以未曾説。説時未至故。
今正是其時。決定説大乘。
我此九部法。随順衆生説。
入大乘為本。以故説是経。
有仏子心浄。柔軟亦利根。
無量諸仏所。而行深妙道。
為此諸仏子。説是大乘経。
我記如是人。来世成仏道
以深心念仏。修持浄戒故。
此等聞得仏。大喜充遍身。
仏知彼心行。故為説大乘。
聲聞若菩薩。聞我所説法。
乃至於一偈。皆成仏無疑。
十方仏土中。唯有一乘法。
無二亦無三。除仏方便説。
但以假名字。引導於衆生
説仏智慧故。諸仏出於世。
唯此一事實。余二則非眞。
終不以小乘。濟度於衆生
仏自住大乘。如其所得法。
定慧力荘厳。以此度衆生
自證無上道。大乘平等法。
若以小乘化。乃至於一人。
我則墮慳貪。此事為不可。
若人信歸仏。如来不欺誑。
亦無貪嫉意。断諸法中悪。
故仏於十方。而獨無所畏。
我以相厳身。光明照世間。
無量衆所尊。為説實相印。
舍利弗当知。我本立誓願
欲令一切衆。如我等無異。
如我昔所願。今者已満足。
化一切衆生。皆令入仏道
若我遇衆生。尽教以仏道
無智者錯亂。迷惑不受教。
我知此衆生。未曾修善本。
堅著於五欲。癡愛故生悩。
以諸欲因縁。墜墮三悪道
輪廻六趣中。備受諸苦毒。
受胎之微形。世世常増長。
薄徳少福人。衆苦所逼迫。
入邪見稠林。若有若無等。
依止此諸見。具足六十二。
深著虚妄法。堅受不可捨。
我慢自矜高。諂曲心不實。
於千万億劫。不聞仏名字。
亦不聞正法。如是人難度。
是故舍利弗。我為設方便。
説諸尽苦道。示之以涅槃。
我雖説涅槃。是亦非眞滅。
諸法從本来。常自寂滅相。
仏子行道已。来世得作仏。
我有方便力。開示三乘法。
一切諸世尊。皆説一乘道。
今此諸大衆。皆応除疑感。
諸仏語無異。唯一無二乘。
過去無数劫。無量滅度仏。
百千万億種。其数不可量。
如是諸世尊。種種縁譬喩。
無数方便力。演説諸法相。
是諸世尊等。皆説一乘法。
化無量衆生。令入於仏道
又諸大聖主。知一切世間。
天人群生類。深心之所欲。
更以異方便。助顯第一義。
若有衆生類。値諸過去仏。
若聞法布施。或持戒忍辱。
精進禪智等。種種修福徳。
如是諸人等。皆已成仏道
諸仏滅度已。若人善軟心。
如是諸衆生。皆已成仏道
諸仏滅度已。供養舍利者。
起万億種塔。金銀及頗梨。
與碼碯。瑰瑠璃珠。
清浄広厳飾。荘校於諸塔。
或有起石廟。栴檀及沈水。
木櫁并余材。甎瓦泥土等。
若於曠野中。積土成仏廟。
乃至童子戲。聚沙為仏塔。
如是諸人等。皆已成仏道
若人為仏故。建立諸形像。
刻彫成衆相。皆已成仏道
或以七宝成。鍮石赤白銅。
白鑞及鉛錫。鐵木及與泥。
或以膠漆布。厳飾作仏像。
如是諸人等。皆已成仏道
綵畫作仏像。百福荘厳相。
自作若使人。皆已成仏道
乃至童子戲。若草木及筆。
或以指爪甲。而畫作仏像。
如是諸人等。漸漸積功徳。
具足大悲心。皆已成仏道
但化諸菩薩。度脱無量衆。
若人於塔廟。宝像及畫像。
以華香幡蓋。敬心而供養。
若使人作楽。撃鼓吹角貝。
簫笛琴箜篌。琵琶鐃銅。
如是衆妙音。尽持以供養。
或以歓喜心。歌唄頌仏徳。
乃至一小音。皆已成仏道
若人散亂心。乃至以一華。
供養於畫像。漸見無数仏。
或有人禮拜。或復但合掌。
乃至擧一手。或復小低頭。
以此供養像。漸見無量仏。
自成無上道。度度無数衆。
入無余涅槃。如薪尽火滅。
若人散亂心。入於塔廟中。
一稱南無仏。皆已成仏道
於諸過去仏。現在或滅後。
若有聞是法。皆已成仏道
未来諸世尊。其数無有量。
是諸如来等。亦方便説法。
一切諸如来。以無量方便。
度脱諸衆生。入仏無漏智。
若有聞法者。無一不成仏。
諸仏本誓願。我所行仏道
普欲令衆生。亦同得此道。
未来世諸仏。雖説百千億。
無数諸法門。其實為一乘。
諸仏兩足尊。知法常無性。
仏種從縁起。是故説一乘。
是法住法位。世間相常住。
於道場知已。導師方便説。
天人所供養。現在十方仏。
其数如恆沙。出現於世間。
安穩衆生故。亦説如是法。
知第一寂滅。以方便力故。
雖示種種道。其實為仏乘。
衆生諸行。深心之所念。
過去所習業。欲性精進力。
及諸根利鈍。以種種因縁。
譬喩亦言辭。随応方便説。
今我亦如是。安穩衆生故。
以種種法門。宣示於仏道
我以智慧力。知衆生性欲。
方便説諸法。皆令得歓喜
舍利弗当知。我以仏眼觀。
見六道衆生。貧窮無福慧。
入生死險道。相續苦不断。
深著於五欲。如牛愛尾。
以貪愛自蔽。盲瞑無所見。
不求大勢仏。及與断苦法。
深入諸邪見。以苦欲捨苦。
為是衆生故。而起大悲心。
我始坐道場。觀樹亦経行。
於三七日中。思惟如是事。
我所得智慧。微妙最第一。
衆生諸根鈍。著楽癡所盲。
如斯之等類。云何而可度。
爾時諸梵王。及諸天帝釈。
護世四天王。及大自在天
并余諸天衆。眷屬百千万。
恭敬合掌禮。請我轉法輪。
我即自思惟。若但讚仏乘。
衆生没在苦。不能信是法。
破法不信故。墜於三悪道
我寧不説法。疾入於涅槃。
尋念過去仏。所行方便力。
我今所得道。亦応説三乘。
作是思惟時。十方仏皆現。
梵音慰喩我。善哉釈迦文。
第一之導師。得是無上法。
随諸一切仏。而用方便力。
我等亦皆得。最妙第一法。
為諸衆生類。分別説三乘。
少智楽小法。不自信作仏。
是故以方便。分別説諸果。
雖復説三乘。但為教菩薩。
舍利弗当知。我聞聖師子。
深浄微妙音。喜稱南無仏
復作如是念。我出濁悪世。
如諸仏所説。我亦随順行。
思惟是事已。即趣波羅。
諸法寂滅相。不可以言宣。
以方便力故。為五比丘説。
是名轉法輪。便有涅槃音。
及以阿羅漢。法僧差別名。
從久遠劫来。讚示涅槃法。
生死苦永尽。我常如是説。
舍利弗当知。我見仏子等。
志求仏道者。無量千万億。
咸以恭敬心。皆来至仏所。
曾從諸仏聞。方便所説法。
我即作是念。如来所以出。
為説仏慧故。今正是其時。
舍利弗当知。鈍根小智人。
著相慢者。不能信是法。
今我喜無畏。於諸菩薩中。
正直捨方便。但説無上道。
菩薩聞是法。疑網皆已除。
千二百羅漢。悉亦当作仏。
如三世諸仏。説法之儀式。
我今亦如是。説無分別法。
諸仏興出世。懸遠値遇難。
正使出于世。説是法復難。
無量無数劫。聞是法亦難。
能聽是法者。斯人亦復難。
譬如優曇華。一切皆愛楽。
天人所希有。時時乃一出。
聞法歓喜讚。乃至発一言。
則為已供養。一切三世仏。
是人甚希有。過於優曇華
汝等勿有疑。我為諸法王。
普告諸大衆。但以一乘道。
教化諸菩薩。無聲聞弟子。
汝等舍利弗。聲聞及菩薩。
当知是妙法。諸仏之祕要。
以五濁悪世。但楽著諸欲。
如是等衆生。終不求仏道
当来世悪人。聞仏説一乘。
迷惑不信受。破法墮悪道。
有慚愧清浄。志求仏道者。
当為如是等。広讚一乘道。
舍利弗当知。諸仏法如是。
以万億方便。随宜而説法。
其不習學者。不能曉了此。
汝等既已知。諸仏世之師。
随宜方便事。無復諸疑惑。
心生大歓喜。自知当作仏。

妙法蓮華経巻第一 

爾の時に世尊、三昧より安詳として起ちて、舎利弗に告げたまわく、
諸仏の智慧は甚深無量なり。其の智慧の門は難解難入なり。一切の声聞、辟支仏の知ること能わざる所なり。
所以は何ん。仏曾て、百千万億無数の諸仏に親近し、尽くして諸仏の無量の道法を行じ、勇猛精進して、名称普く聞こえたまえり。
甚深末曾有の法を成就して、宜しきに随って説きたもう所、意趣難し解し。
舎利弗、吾れ成仏してより已来、種種の因縁、種種の譬喩をもって広く言教を演べ、無数の方便をもって衆生を引導して、諸の著を離れしむ。
所以は何ん。如来は方便、知見波羅蜜、皆已に具足せり。
舎利弗如来の知見は広大深遠なり。

無量、無礙、力、無所畏、禅定、解脱、三昧あって、深く無際に入り、一切末曾有の法を成就せり。
舎利弗如来は能く種種に分別し、巧みに諸法を説き、言辞柔?にして衆の心を悦可せしむ。舎利弗、要を取って之を言わば、無量無辺未曾有の法を、仏悉く成就したまえり。
止みなん 舎利弗、須らく復説くべからず。所以は何ん。仏の成就したまえる所は、第一希有難解の法なり。唯、仏と仏と、乃し能く諸法の実相を究尽したまえり。
所謂諸法の如是相、如是性、如是体、如是力、如是作、如是因、如是縁、如是果、如是報、如是本末究竟等なり。
爾の時に世尊、重ねて此の義を宣べんと欲して、偈を説いて言わく、

世雄は量るべからず 諸天及び世人 一切衆生の類 能く仏を知る者無し
仏の力無所畏 解脱諸の三昧 及び仏の諸余の法は 能く測量する者無し
本無数の仏に従って 具足して諸の道を行じたまえり 甚深微妙の法は 見難く了すべきこと難し
無量億劫に於いて 此の諸の道を行じ已って 道場にして果を成ずることを得て 我已に悉く知見す
是の如き大果報 種種の性相の義 我及び十方の仏 乃し能く是の事を知しめせり 是の法は示すべからず 言辞の相寂滅せり
諸余の衆生の類 能く得解すること有ること無し 諸の菩薩衆の 信力堅固なる者をば除く
諸仏の弟子衆の 曾て諸仏を供養し 一切の漏已に尽くして 是の最後身に住せる 是の如き諸人等 其の力堪えざる所なり
仮使世間に満てらん 皆舎利弗の如くにして 思を尽くして共に度量すとも 仏智を測ること能わじ
正使十方に満てらん 皆舎利弗の如く 及び余の諸の弟子 亦十方の刹に満てらん 思を尽くして共に度量すとも 亦復知ること能わじ
辟支仏の利智にして 無漏の最後身なる 亦十方界に満ちて 其の数竹林の如くならん 斯れ等共に一心に 億無量劫に於いて 仏の実智を思わんと欲すとも 能く少分をも知ること莫けん

新発意の菩薩 無数の仏を供養し 諸の義趣を了達し 又能善く法を説かんもの 稲麻竹葦の如くにして 十方の刹に充満せん 一心に妙智を以って 恒河沙劫に於いて 咸く皆共に思量すとも 仏智を知ること能わじ
不退の諸の菩薩 其の数恒沙の如くにして 一心に共に思求すとも 亦復知ること能わじ
舎利弗に告げたまわく 無漏不思議の 甚深微妙の法を 我今已に具え得たり 唯我是の相を知れり 十方の仏も亦然なり
舎利弗当に知るべし 諸仏は語異なること無し 仏の所説の法に於いて 当に大信力を生ずべし
世尊は法久しくして後 要ず当に真実を説きたもうべし
諸の声聞衆 及び縁覚乗を求むるものに告ぐ 我苦縛を脱し 涅槃を逮得せしめたることは 仏方便力を以って 示すに三乗の教を以ってす 衆生の処処の著 之を引いて出ずることを得せしめんとなり
爾の時に大衆の中に、諸の声聞、漏尽の阿羅漢、阿若?陳如等の千二百人、及び声聞、辟支仏の心を発せる比丘、比丘尼、優婆塞、優婆夷有り、各是の念を作さく、

今者世尊、何か故ぞ、慇懃に方便を称歎して、是の言を作したもう。仏の得たまえる所の法は、甚深にして解し難く、言説したもう所有るは、意趣知り難し。一切の声聞、辟支仏の及ぶこと能わざる所なり。
仏、一解脱の義を説きたまいしかば、我等も亦、此の法を得て涅槃に到れり。而るに、今、是の義の所趣を知らず。
爾の時に舎利弗、四衆の心の疑を知り、自らも亦未だ了せずして、仏に白して言さく、
世尊、何の因、何の縁あってか、慇懃に諸仏第一の方便、甚深微妙難解の法を称歎したもう。我昔より来、未だ曾て、仏に従って是の如き説を聞きたてまつらず。今者四衆、咸く皆疑有り、唯、願わくは世尊、斯の事を敷演したまえ。世尊、何が故ぞ、慇懃に甚深微妙難解の法を称歎したもう。
爾の時に舎利弗、重ねて此の義を宣べんと欲して、偈を説いて言さく、
慧日大聖尊 久しくあって乃し是の法を説きたもう

自ら是の如き 力 無畏 三昧 禅定 解脱等の 不可思議の法を得たりと説きたもう
道場所得の法は 能く問を発す者無し 我が意測るべきこと難し 亦能く問う者無し
問うこと無けれども而も自ら説いて 所行の道を称歎したもう 智慧甚だ微妙にして 諸仏の得たまえる所なり
無漏の諸の羅漢 及び涅槃を求むる者 今皆疑網に堕しぬ 仏何が故ぞ是れを説きたもう
其の縁覚を求むる者 比丘比丘尼 諸の天龍鬼神 及び乾闥婆等 相視て猶予を懐き 両足尊を瞻仰す 是の事云何なるべき 願わくは仏為に解説したまえ

諸の声聞衆に於いて 仏我を第一なりと説きたもう
我今自ら智に於いて 疑惑して了すること能わず 是れ究竟の法とや為ん 是れ所行の道とや為ん
仏口所生の子 合掌瞻仰して待ちたてまつる 願わくは微妙の音を出して 時に為に実の如く説きたまえ
諸の天龍神等 其の数恒沙の如し 仏を求むる諸の菩薩 大数八万有り
又諸の万億国の 転輪聖王の至れる 合掌し敬心を以て 具足の道を聞きたてまるらんと欲す
爾の時に仏、舎利弗に告げたまわく、
止みなん、止みなん、復説くべからず。若し是の事を説かば、一切世間の諸天及び人、皆当に驚疑すべし。
舎利弗、重ねて仏に白して言さく、
世尊、唯願わくは之を説きたまえ。唯願わくは之れを説きたまえ。所以は何ん。是の会の無数百千万億阿僧祇衆生は、曾て諸仏を見たてまつり、諸根猛利にして、智慧明了なり。仏の所説を聞きたてまつらば、則ち能く敬信せん。
爾の時に舎利弗、重ねて此の義を宣べんと欲して、偈を説いて言さく、
法王無上尊 唯説きたまえ願わくは慮したもうこと勿れ 是の会の無量の衆は 能く敬信すべき者有り
仏復、

止みなん舎利弗、若し是の事を説かば、一切世間の天、人、阿修羅、皆当に驚疑すべし。増上慢の比丘は将に大坑に墜つべし。
爾の時に世尊、重ねて偈を説いて言わく、
止みなん止みなん須く説くべからず 我が法は妙にして思い難し 諸の増上慢の者は 聞いて必ず敬信せじ
爾の時に舎利弗、重ねて仏に白して言さく、
世尊、唯願わくは之を説きたまえ。唯願わくは之を説きたまえ。
今、此の会中の我が如き等比百千万億なるは、世世に已に曾て仏に従いたてまつりて化を受けたり。此の如き人等、必ず能く敬信し、長夜安穏にして饒益する所多からん。

爾の時に舎利弗、重ねて此の義を宣べんと欲して、偈を説いて言さく、
無上両足尊 願わくは第一の法を説きたまえ 我は為れ仏の長子なり 唯分別し説くことを垂れたまえ
是の会の無量の衆は 能く此の法を敬信せん 仏已に曾て世世に 是の如き等を教化したまえり
皆一心に合掌して 仏語を聴受せんと欲す 我等千二百 及び余の仏を求むる者あり
願わくは此の衆の為の故に 唯分別し説くことを垂れたまえ 是れ等此の法を聞きたてまつらば 則ち大歓喜を生ぜん
爾の時に世尊、舎利弗に告げたまわく、
汝已に慇懃に三たび請じつ。豈説かざることを得んや。汝今諦かに聴き、善く之れを思念せよ。吾当に汝が為に分別し解説すべし。
此の語を説きたもう時、会中に比丘、比丘尼、優婆塞、優婆夷五千人等有り。即ち座より起って仏を礼して退きぬ。
所以は何ん。此の輩は罪根深重に、及び増上慢にして、未だ得ざるを得たりと謂い、未だ証せざるを証せりと謂えり。此の如き失あり。是を以って住せず。

世尊黙然として制止したまわず。
爾の時に仏、舎利弗に告げたまわく、
我が今此の衆は復枝葉無く、純ら貞実のみあり。舎利弗、是の如き増上慢の人は、退くも亦佳し。汝今善く聴け、当に汝が為に説くべし。

舎利弗の言さく、
唯然なり。世尊、願楽わくは聞きたてまつらんと欲す。
仏、舎利弗に告げたまわく、
是の如き妙法は、諸仏如来、時に乃し之を説きたもう。優曇鉢華の時に一たび現ずるが如きのみ。
舎利弗、汝等当に信ずべし。仏の所説は、言虚妄ならず。
舎利弗、諸仏の随宜の説法は意趣解し難し。
所以は何ん。我、無数の方便、種種の因縁、譬喩の言辞を以って諸法を演説す。
是の法は思量分別の能く解する所に非ず。唯諸仏のみ有して、乃し能く之を知しめせり。
所以は何ん。諸仏世尊は、唯一大事の因縁を以っての故に、世に出現したもう。
舎利弗、云何なるかを諸仏世尊は、唯一大事の因縁を以っての故に、世に出現したもうと名づくる。
諸仏世尊は、衆生をして仏知見を開かしめ、清浄なるを得せしめんと欲するが故に世に出現したもう。
衆生に仏知見を示さんと欲するが故に、世に出現したもう。
衆生をして、仏知見を悟らしめんと欲するが故に、世に出現したもう。
衆生をして、仏知見の道に入らしめんと欲するが故に、世に出現したもう。
舎利弗、是れを諸仏は唯一大事の因縁を以っての故に、世に出現したもうと為づく。

仏、舎利弗に告げたまわく、
諸仏如来は但菩薩を教化したもう。
諸の所作有るは常に一事の為なり。唯仏の知見を以って、衆生に示悟したまわんとなり。
舎利弗如来は但一仏乗を以っての故に、衆生の為に法を説きたもう。余乗の若しは二、若しは三有ること無し。舎利弗、一切十方の諸仏の法も亦是の如し。
舎利弗、過去の諸仏も、無量無数の方便、種種の因縁、譬喩の言辞を以って、衆生の為に諸法を演説したもう。
是の法も皆一仏乗の為の故なり。是の諸の衆生の、諸仏に従いたてまつって法を聞かんも、究竟して皆一切種智を得たり。
舎利弗、未来の諸仏の、当に世に出でたもうべきも亦無量無数の方便、種種の因縁、譬喩、言辞を以って、衆生の為に諸法を演説したもう。是の法も、皆一仏乗の為の故なり。
是の諸の衆生の諸仏に従いたてまつって法を聞かんも、究竟して皆一切種智を得べし。
舎利弗、現在十方の無量百千万億の仏土の中の諸仏世尊の、衆生を饒益し安楽ならしめたもう所多き、是の諸仏も、亦無量無数の方便、種種の因縁、譬喩、言辞を以って、衆生の為に諸法を演説したもう。是の法も、皆一仏乗の為の故なり。
是の諸の衆生の、仏に従いたてまつりて法を聞けるも、究竟して皆一切種智を得。
仏の知見を以って衆生に示さんと欲するが故に、仏の知見を以って衆生に悟らしめんと欲するが故に、衆生をして仏の知見の道に入らしめんと欲するが故なり。

舎利弗、我も今亦復是の如し。諸の衆生に、種種の欲、深心の所著有ることを知って、其の本性に随って、種種の因縁、譬喩、言辞、方便力を以っての故に、而も為に法を説く。
舎利弗、此の如きは、皆一仏乗の一切種智を得せしめんが為の故なり。
舎利弗、十方世界の中には、尚二乗無し、何に況や三有らんや。
舎利弗、諸仏は五濁の悪世に出でたもう。所謂劫濁、煩悩濁、衆生濁、見濁、命濁なり。是の如し。
舎利弗、劫の濁乱の時は、衆生垢重く、慳貪嫉妬にして、諸の不善根を成就するが故に、諸仏、方便力を以って、一仏乗に於いて分別して三と説きたもう。
舎利弗、若し我が弟子、自ら阿羅漢、辟支仏なりと謂わん者、諸仏如来の、但菩薩を教化したもう事を聞かず知らずんば、此れ仏弟子に非ず、阿羅漢に非ず、辟支仏に非ず。

舎利弗、是の諸の比丘、比丘尼、自ら已に阿羅漢を得たり。是れ最後身なり。究竟の涅槃なりと謂いて、便ち復阿耨多羅三藐三菩提を志求せざらん。当に知るべし、此の輩は、皆是れ増上慢の人なり。
所以は何ん。若し比丘の実に阿羅漢を得たる有って、若し此の法を信ぜずといわば、是の処有ること無けん。
仏の滅度の後、現前に仏無からんをば除く。所以は何ん。仏の滅度の後に是の如き等の経を受持し、読誦し、其の義を解せん者、是の人得難ければなり。

若し余仏に遇わば、此の法の中に於いて、便ち決了することを得ん。
舎利弗、汝等当に一心に信解し、仏語を受持すべし。諸仏如来は言虚妄無し。余乗有ること無く、唯一仏乗のみなり。
爾の時に世尊、重ねて此の義を宣べんと欲して、偈を説いて言わく、
比丘比丘尼の 増上慢を懐くこと有る 優婆塞の我慢なる 優婆夷の不信なる 是の如き四衆等 其の数五千有り
自ら其の過を見ず 戒に於いて欠漏有って 其の瑕疵を護り惜しむ 是の小智は已に出でぬ 衆中の糟糠なり 仏の威徳の故に去りぬ 斯の人は福徳?くして 是の法を受くるに堪えず

此の衆は枝葉無し 唯諸の貞実のみ有り
舎利弗善く聴け 諸仏所得の法は 無量の方便力をもって 衆生の為に説きたもう
衆生の心の所念 種種の所行の道 若干の諸の欲性 先世の善悪の業 仏悉く是れを知しめし已って 諸の縁譬喩 言辞方便力を以って 一切をして歓喜せしめたもう
或は修多羅 伽陀及び本事 本生未曾有を説き 亦因縁 譬喩並びに祇夜 優婆提舎経を説きたもう
鈍根にして小法を楽い 生死に貪著し 諸の無量の仏に於いて 深妙の道を行ぜずして 衆苦に悩乱せらる 是れが為に涅槃を説きたもう
我是の方便を設けて 仏慧に入ることを得せしむ 未だ曾て汝等 当に仏道を成ずることを得べしと説かず 未だ曾て説かざる所以は 説時未だ至らざる故なり

今正しく是れ其の時なり 決定して大乗を説く
我が此の九部の法は 衆生に随順して説く 大乗に入るに為れ本なり 故を以って是の経を説く
仏子の心浄く 柔?に亦利根にして 無量の諸仏の所にして 深妙の道を行ずる有り 此の諸の仏子の為に 是の大乗経を説く
我是の如き人 来世に仏道を成ぜんと記す 深心に仏を念じ 浄戒を修持するを以っての故に 此れ等仏を得べしと聞いて 大喜身に充遍す
仏彼の心行を知れり 故に為に大乗を説く 声聞若しは菩薩 我が所説の法を聞くこと 乃至一偈に於いてもせば 皆成仏せんこと疑い無し
十方仏土の中には 唯一乗の法のみ有り 二無く亦三無し 仏の方便の説をば除く 但仮の名字を以って 衆生を引導したもう
仏の智慧を説かんが故なり 諸仏世に出でたもうには 唯此の一事のみ実なり 余の二は則ち真に非ず 終に小乗を以って 衆生を済度したまわず
仏は自ら大乗に住したまえり 其の所得の法の如き 定慧の力荘厳せり 此れを以って衆生を度したもう

自ら無上道 大乗平等の法を証して 若し小乗を以って化すること 乃至一人に於いてもせば 我則ち慳貪に堕せん 此の事は為めて不可なり
若し人仏に信帰すれば 如来欺誑したまわず 亦貪嫉の意無し 諸法の中の悪を断じたまえり 故に仏十方に於いて 独り畏るる所無し
我相を以って身を厳り 光明世間を照らす 無量の衆に尊まれて 為に実相の印を説く
舎利弗当に知るべし 我本誓願を立てて 一切の衆をして 我が如く等しくして異ること無からしめんと欲しき
我が昔の所願の如き 今者は已に満足しぬ 一切衆生を化して 皆仏道に入らしむ
若し我衆生に遇えば 尽く教うるに仏道を以ってす 無智の者は錯乱し 迷惑して教えを受けず
我知んぬ此の衆生は 未だ曾て善本を修せず 堅く五欲に著して 癡愛の故に悩みを生ず 諸欲の因縁を以って 三悪道に墜堕し 六趣の中に輪廻して 備さに諸の苦毒を受く

受胎の微形 世世に常に増長し 薄徳少福の人として 衆苦に逼迫せらる
邪見の稠林 若しは有若しは無等に入り 此の諸見に依止して 六十二を具足す
深く虚妄の法に著して 堅く受けて捨つべからず 我慢にして自ら矜高し 諂曲にして心不実なり
千万億劫に於いて 仏の名字を聞かず 亦正法を聞かず 是の如き人は度し難し
是の故に舎利弗 我為に方便を設けて 諸の尽苦の道を説き 之に示すに涅槃を以ってす
我涅槃を説くと雖も 是れ亦真の滅に非ず 諸法は本より来 常に自ら寂滅の相なり 仏子道を行じ已って 来世に作仏することを得ん
我方便力有りて 三乗の法を開示す 一切の諸の世尊も 皆一乗の道を説きたもう 今此の諸の大衆 皆応に疑惑を除くべし 諸仏は語異なること無し 唯一にして二乗無し
過去無数劫の 無量の滅度の仏 百千万億種にして 其の数量るべからず 是の如き諸の世尊も 種種の縁譬喩 無数の方便力をもって 諸法の相を演説したまいき

是の諸の世尊等も 皆一乗の法を説き 無量の衆生を化して 仏道に入らしめたまいき
又諸の大聖主 一切世間の 天人群生類 深心の所欲を知しめして 更に異の方便を以って 第一義を助顕したまいき
若し衆生類有って 諸の過去の仏に値いたてまつって 若しは法を聞いて布施し 或は持戒忍辱 精進禅智等 種種に福徳を修せし 是の如き諸人等 皆已に仏道を成じき

諸仏滅度し已って 若し人善?の心ありし 是の如き諸の衆生 皆已に仏道を成じき
諸仏滅度し已って 舎利を供養する者 万億種の塔を起てて 金銀及び頗黎 ??と碼碯 ?瑰瑠璃珠とをもって 清浄に広く厳飾し 諸の塔を荘校し 或は石廟を起て 栴檀及び沈水 木樒並びに余の材 甎瓦泥土等をもってする有り
若しは曠野の中に於いて 土を積んで仏廟を成し 乃至童子の戯れに 沙を聚めて仏塔と為せる 是の如き諸人等 皆已に仏道を成じき
若し人仏の為の故に 諸の形像を建立し 刻彫して衆相を成せる 皆已に仏道を成じき
或は七宝を以って成し 鍮鉐赤白銅 白鑞及び鉛錫 鉄木及与び泥 或は膠漆布を以って 厳飾して仏像を作れる 是の如き諸人等 皆已に仏道を成じき

綵画して仏像の 百福荘厳の相を作すこと 自らも作し若しは人をしてもせる 皆已に仏道を成じき
乃至童子の戯れに 若しは草木及び筆 或は指の爪甲を以って 画いて仏像を作せる 是の如き諸人等 漸漸に功徳を積み 大悲心を具足して 皆已に仏道を成じき
但諸の菩薩を化し 無量の衆を度脱しき
若し人塔廟 宝像及び画像に於いて 華香旛蓋を以って 敬心にして供養し 若しは人をして楽を作さしめ 鼓を撃ち角貝を吹き 簫笛琴箜篌 琵琶饒銅? 是の如き衆の妙音 尽く持って以って供養し 或は歓喜の心を以って 歌唄して仏徳を頌し 乃至一小音をもってせし 皆已に仏道を成じき
若し人散乱の心に 乃至一華を以って 画像に供養せし 漸く無数の仏を見たてまつりき

或は人有りて礼拝し 或は復但合掌し 乃至一手を挙げ 或は復小し頭を低れて 此れを以って像に供養せし 漸く無量の仏を見たてまつり 自ら無上道を成じて 広く無数の衆を度し 無余涅槃に入ること 薪尽きて火の滅ゆるが如くなりき
若し人散乱の心に 塔廟の中に入って 一たび南無仏と称せし 皆已に仏道を成じき
諸の過去の仏 現在或は滅後に於いて 若し是の法を聞くこと有りし 皆已に仏道を成じき
未来の諸の世尊 其の数量有ること無けん 是の諸の如来等も 亦方便して法を説きたまわん
一切の諸の如来 無量の方便を以って 諸の衆生を度脱して 仏の無漏智に入れたまわん
若し法を聞くこと有らん者は 一りとして成仏せずということ無けん

諸仏の本誓願は 我が所行の仏道 普く衆生をして 亦同じく此の道を得せしめんと欲す
未来世の諸仏 百千億 無数の諸の法門を説きたもうと雖も 其れ実には一乗の為なり 諸仏両足尊 法は常に無性なり 仏種は縁によって起ると知しめす 是の故に一乗を説きたまわん

是の法は法位に住して 世間の相常住なり 道場に於いて知しめし已って 導師方便して説きたまわん
天人の供養したてまつる所の 現在十方の仏 其の数恒沙の如く 世間に出現したもうも 衆生を安穏ならしめんが故に 亦是の如き法を説きたもう
第一の寂滅を知しめして 方便力を以っての故に 種種の道を示すと雖も 其れ実には仏乗の為なり
衆生の諸行 深心の所念 過去所習の業 欲性精進力 及び諸根の利鈍を知しめして 種種の因縁 譬喩亦言辞を以って 応に随って方便して説きたもう

今我も亦是の如し 衆生を安穏ならしめんが故に 種種の法門を以って 仏道を宣示す 我智慧力を以って 衆生の性欲を知って 方便して諸法を説いて 皆歓喜することを得せしむ
舎利弗当に知るべし 我仏眼を以って観じて 六道の衆生を見るに 貧窮にして福慧無し 生死の険道に入りて 相続して苦断えず 深く五欲に著すること ?牛の尾を愛するが如し 貧愛を以って自ら蔽い 盲瞑にして見る所無し
大勢の仏 及与び断苦の法を求めず 深く諸の邪見に入りて 苦を以って苦を捨てんと欲す 是の衆生の為の故に 而も大悲心を起しき
我始め道場に坐し 樹を観じ亦経行して 三七日の中に於いて 是の如き事を思惟しき 我が所得の智慧は 微妙にして最も第一なり
衆生の諸根鈍にして 楽に著し癡に盲いられたり 斯の如きの等類 云何がして度す可きと
爾の時に諸の梵王 及び諸の天帝釈 護世四天王 及び大自在天 並びに余の諸の天衆 眷属百千万 恭敬合掌し礼して 我に転法輪を請ず
我即ち自ら思惟すらく 若し但仏乗を讃めば 衆生苦に没在し 是の法を信ずること能わじ 法を破して信ぜざるが故に 三悪道に堕ちなん 我寧ろ法を説かずとも 疾く涅槃にや入りなん
尋いで過去の仏の 所行の方便力を念うに 我が今得る所の道も 亦応に三乗と説くべし
是の思惟を作す時 十方の仏皆現じて 梵音をもって我を慰諭したもう 善い哉釈迦文 第一の導師 是の無上の法を得たまえども 諸の一切の仏に随って 方便力を用いたもう

我等も亦皆 最妙第一の法を得れども 諸の衆生類の為に 分別して三乗と説く
少智は小法を楽って 自ら作仏せんことを信ぜず 是の故に方便を以って 分別して諸果を説く 復三乗を説くと雖も 但菩薩を教えんが為なりと
舎利弗当に知るべし 我聖師子の 深浄微妙の音を聞いて 喜んで南無仏と称す
復是の如き念を作す 我濁悪世に出でたり 諸仏の所説の如く 我も亦随順して行ぜんと
是の事を思惟し已って 即ち波羅奈に趣く 諸法寂滅の相は 言を以って宣ぶべからず 方便力を以っての故に 五比丘の為に説きぬ
是を転法輪と名づく 便ち涅槃の音 及以び阿羅漢 法僧差別の名有り
久遠劫より来 涅槃の法を讃示して 生死の苦永く尽くすと 我常に是の如く説きき
舎利弗当に知るべし 我仏子等を見るに 仏道を志求する者の 無量千万億 咸く恭敬の心を以って 皆仏所に来至せり 曾て諸仏に従いたてまつって 方便所説の法を聞けり

我即ち是の念を作さく 如来出でたる所以は 仏慧を説かんが為の故なり 今正しく是れ其の時なり
舎利弗当に知るべし 鈍根小智の人 著相?慢の者は 是の法を信ずること能わず 今我喜んで畏れ無し 諸の菩薩の中に於いて 正直に方便を捨てて 但無上道を説く

菩薩是の法を聞いて 疑網皆已に除く 千二百の羅漢 悉く亦当に作仏すべし
三世の諸仏の 説法の儀式の如く 我も今亦是の如く 無分別の法を説く
諸仏世に興出したもうこと 懸遠にして値遇すること難し 正使世に出でたもうとも 是の法を説きたもうこと復難し 無量無数劫にも 是の法を聞くこと亦難し 能く是の法を聴く者 斯の人亦復難し
譬えば優曇華の 一切皆愛楽し 天人の希有にする所として 時時に乃し一たび出ずるが如し
法を聞いて歓喜し讃めて 乃至一言をも発せば 則ち為れ已に 一切三世の仏を供養するなり 是の人甚だ希有なること 優曇華に過ぎたり
汝等疑い有ること勿れ 我は為れ諸法の王 普く諸の大衆に告ぐ 但一乗の道を以って 諸の菩薩を教化して 声聞の弟子無し
汝等舎利弗 声聞及び菩薩 当に知るべし是の妙法は 諸仏の秘要なり
五濁の悪世には 但諸欲に楽著せるを以って 是の如き等の衆生 終に仏道を求めず 当来世の悪人は 仏説の一乗を聞いて 迷惑して信受せず 法を破して悪道に堕せん

慙愧清浄にして 仏道に志求する者有らば 当に是の如き等の為に 広く一乗の道を讃むべし
舎利弗当に知るべし 諸仏の法是の如く 万億の方便を以って 宜しきに随って法を説きたもう 其の習学せざる者は 此れを暁了すること能わじ
汝等既已に 諸仏の世の師の 随宜方便の事を知りぬ 復諸の疑惑無く 心に大歓喜を生じて 自ら当に作仏すべしと知れ

妙法蓮華経 如来寿量品第十六 

爾時仏告。諸菩薩及。一切大衆諸
善男子。汝等当信解。如来誠諦之
語。復告大衆。汝等当信解。如来
誠諦之語。又復告諸大衆。汝等当
信解。如来誠諦之語。是時菩薩大
衆。弥勒為首。合掌白仏言。世尊。唯願説之。
我等当信受仏語。如是三白已。復言唯願
説之。我等当信受仏語。爾時世尊。知諸
菩薩三請不止。而告之言。汝等諦聴。如来
祕密神通之力。一切世間天人及阿修羅。皆
謂今釈迦牟尼仏出釈氏宮。去伽耶城不
遠坐於道場。得阿耨多羅三藐三菩提。然
善男子。我実成仏已来。無量無辺百千万億
那由他劫。譬如五百千万億那由他阿僧祇
三千大千世界。假使有人末為微塵。過於
東方五百千万億那由他阿僧祇国。乃下一
塵。如是東行尽是微塵。諸善男子。於意云
何。是諸世界。可得思惟校計知其数不。

弥勒菩薩等倶白仏言。世尊。是諸世界無量
無辺非算数所知。亦非心力所及。一切聲
聞辟支仏。以無漏智。不能思惟知其限数。
我等住阿惟越致地。於是事中亦所不達。
世尊。如是諸世界無量無辺。爾時仏告大
菩薩衆。諸善男子。今当分明宣語汝等。是
諸世界。若著微塵及不著者。尽以為塵一
塵一劫。我成仏已来。復過於此百千万億那
由他阿僧祇劫。自從是来。我常在此娑婆
世界説法教化。亦於余処百千万億那由
阿僧祇国導利衆生。諸善男子。於是中
間。我説燃燈仏等。又復言其入於涅槃。
如是皆以方便分別。諸善男子。若有衆
生来至我所。我以仏眼。觀其信等諸根利
鈍。随所応度。処処自説名字不同年紀大
小。亦復現言当入涅槃。又以種種方便説
微妙法。能令衆生歓喜心。諸善男子。如
来。見諸衆生楽於小法徳薄垢重者。為是
人説。我少出家得阿耨多羅三藐三菩提。
然我実成仏已来久遠若斯。但以方便教
衆生。令入仏道作如是説。諸善男子。
如来所演経典。皆為度脱衆生。或説己身
或説他身。或示己身或示他身。或示
己事或示他事。諸所言説皆実不虚。所
以者何。如来。如実知見三界之相。無有生
死若退若出。亦無在世及滅度者。非実非
虚非如非異。不如三界見於三界。如斯
之事。如来明見無有錯謬。以諸衆生
種種性種種欲種種行種種憶想分別故。欲
令生諸善根。以若干因縁譬喩言辭種種
説法。所作仏事未曾暫廢。如是我成仏
已来甚大久遠。寿命無量阿僧祇劫常住不
滅。

諸善男子。我本行菩薩道所成寿命。今猶
未尽復倍上数。然今非実滅度。而便唱言
当取滅度。如来以是方便教化衆生。所
以者何。若仏久住於世。薄徳之人不種善
根。貧窮下賎貪著五欲。入於憶想妄見網
中。若見如来常在不滅。便起恣而懐厭
怠。不能生難遭之想恭敬之心。是故如
来以方便説。比丘当知。諸仏出世難可値
遇。所以者何。諸薄徳人。過無量百千万億
劫。或有見仏或不見者。以此事故我作
是言。諸比丘。如来難可得見。斯衆生
聞如是語。必当生於難遭之想。心懐恋慕
渇仰於仏。便種善根。是故如来。雖不実滅
而言滅度。

又善男子。諸仏如来法皆如是。為度衆生
皆実不虚。譬如良医智慧聰達。明練方薬
善治衆病。其人多諸子息。若十二十乃至
百数。以有事縁遠至余国。諸子於後飮他
毒薬。薬発悶亂宛轉于地。是時其父還来歸
家。諸子飮毒。或失本心或不失者。遥見其
父皆大歓喜。拜跪問訊善安穏歸。我等愚癡
誤服毒薬。願見救療更賜寿命。父見子
等苦悩如是。依諸経方。求好薬草色香美
味皆悉具足。擣和合與子令服。而作是
言。此大良薬。色香美味皆悉具足。汝等可
服。速除苦悩無復衆患。其諸子中不失心 擣和合
者。見此良薬色香倶好。即便服之病尽除
愈。余失心者。見其父来。雖亦歓喜問訊求
索治病。然與其薬而不肯服。所以者何。毒
気深入失本心故。於此好色香薬而謂不
美。父作是念。此子可愍。為毒所中心皆顛
倒。雖見我喜求索救療。如是好薬而不肯
服。我今当設方便令服此薬。即作是言。
汝等当知。我今衰老死時已至。是好良薬今
留在此。汝可取服勿憂不差。作是教
已復至他国。遣使還告。汝父已死。是時諸
子聞父背喪。心大憂悩而作是念。若父在
者。慈愍我等能見救護。今者捨我遠喪他
国。自惟孤露無復恃怙。常懐悲感心遂醒
悟。乃知此薬色味香美。即取服之毒病皆
愈。其父聞子悉已得差。尋便来歸咸使見
之。

諸善男子。於意云何。頗有人能説此良医
虚妄罪不。不也世尊。仏言。我亦如是。成仏
已来。無量無辺百千万億那由他阿僧祇劫。
衆生故。以方便力言当滅度。亦無有
能如法説我虚妄過者。爾時世尊欲重宣
此義。而説偈言。

自我得仏来。所経諸劫数。
無量百千万。億載阿僧祇
常説法教化。無数億衆生
令入於仏道。爾来無量劫。
為度衆生故。方便現涅槃。
而実不滅度。常住此説法。
我常住於此。以諸神通力。
令顛倒衆生。雖近而不見。
衆見我滅度。広供養舍利。
咸皆懐恋慕。而生渇仰心。
衆生既信伏。質直意柔軟。
一心欲見仏。不自惜身命。
時我及衆僧。倶出霊鷲山
我時語衆生。常在此不滅。
以方便力故。現有滅不滅。
余国有衆生。恭敬信楽者。
我復於彼中。為説無上法。
汝等不聞此。但謂我滅度。
我見諸衆生。没在於苦海。
故不為現身。令其生渇仰。
因其心恋慕。乃出為説法。
神通力如是。於阿僧祇劫。
常在霊鷲山。及余諸住処。
衆生見劫尽。大火所焼時。
我此土安穏。天人常充満。
園林諸堂閣。種種宝荘厳。
宝樹多華菓。衆生所遊楽。
諸天撃天鼓。常作衆伎楽。
曼陀羅花。散仏及大衆。
我浄土不毀。而衆見焼尽。
憂怖諸苦悩。如是悉充満。
是諸罪衆生。以悪業因縁。
阿僧祇劫。不聞三宝名。
諸有修功徳。柔和質直者。
則皆見我身。在此而説法。
或時為此衆。説仏寿無量。
久乃見仏者。為説仏難値。
我智力如是。慧光照無量。
寿命無数劫。久修業所得。
汝等有智者。勿於此生疑。
当断令永尽。仏語実不虚。
如医善方便。為治狂子故。
実在而言死。無能説虚妄。
我亦為世父。救諸苦患者。
為凡夫顛倒。実在而言滅。
以常見我故。而生恣心。
放逸著五欲。墮於悪道中。
我常知衆生。行道不行道。
随応所可度。為説種種法。
毎自作是念。以何令衆生
得入無上道。速成就仏身。

爾の時に仏、諸の菩薩、及び一切の大衆に告げたわく、
諸の善男子、汝等当に如来の誠諦の語を信解すべし。
復大衆につげたまわく、
汝等当に、如来の誠諦の語を信解すべし。
又復、諸の大衆に告げたまわく、
汝等当に、如来の誠諦の語を信解すべし。
是の時に菩薩大衆、弥勒を首と為して、合掌して仏に白して言さく、
世尊、唯願わくは之を説きたまえ。我等当に、仏の語を信受したてまつるべし。
是の如く三たび白し已って、復言さく、
唯願わくは之を説きたまえ、我等当に、仏の語を信受したてまつるべしと。

爾の時に世尊、諸の菩薩の、三たび請じて止まざることを知しめして、之に告げて言わく、
汝等諦かに聴け、如来の秘密神通の力を。
一切世間の天人、及び阿修羅は皆今の釈迦牟尼仏、釈氏の宮を出でて、伽耶城を去ること遠からず、道場に坐して、阿耨多羅三藐三菩提を得たまえりと謂えり。
然るに善男子、我実に成仏してより已来、無量無辺百千万億那由佗劫なり。
譬えば、五百千万億那由佗阿僧祇の三千大千世界を、仮使人有って、抹して微塵と為して、東方五百千万億那由佗阿僧祇の国を過ぎて、乃ち一塵を下し、是の如く東に行きて是の微塵を尽さんが如き、諸の善男子、意に於いて云何。是の諸の世界は、思惟し校計して、其の数を知ることを得べしや不や。

弥勒菩薩等、倶に仏に白して言さく、
世尊、是の諸の世界は、無量無辺にして、算数の知る所に非ず。亦心力の及ぶ所に非ず。一切の声聞、辟支仏、無漏智を以っても、思惟して其の限数を知ること能わじ。我等阿惟越致地に住すれども、是の事の中に於いては、亦達せざる所なり。世尊、是の如き諸の世界無量無辺なり。

爾の時に仏、大菩薩衆に告げたまわく、
諸の善男子、今当に分明に、汝等に宣語すべし。是の諸の世界の、若しは微塵を著き、及び著かざる者を尽く以って塵と為して、一塵を一劫とせん。我成仏してより已来、復此に過ぎたること百千万億那由佗阿僧祇劫なり。
是れより来、我常に此の娑婆世界に在って説法教化す。亦、余処の百千万億那由佗阿僧祇の国に於いても、衆生を導利す。
諸の善男子、是の中間に於いて、我然燈仏等と説き、又復、其涅槃に入ると言いき。是の如きは皆方便を以って分別せしなり。
諸の善男子、若し衆生有って我が所に来至するには我仏眼を以って、其の信等の諸根の利鈍を観じて、応に度すべき所に随って、処処に自ら名字の不同、年紀の大小を説き、亦復、現じて当に涅槃に入るべしと言い、又、種種の方便を以って、微妙の法を説いて、能く衆生をして歓喜の心を発せしめき。

諸の善男子、如来諸の衆生の、小法を楽える徳薄垢重の者を見ては、是の人の為に、我少くして出家し、阿耨多羅三藐三菩提を得たりと説く。
然るに我、実に成仏してより已来、久遠なること斯の若し。但方便を以って、衆生を教化して仏道に入らしめんとして、是の如き説を作す。
諸の善男子、如来の演ぶる所の経典は、皆衆生を度脱せんが為なり。或は己身を説き、或は他身を説き、或るは己身を示し、或るは他身を示し、或るは己事を示し、或るは他事を示す。
諸の言説する所は、皆実にして虚しからず。

所以は何ん。如来如実に、三界の相を知見す。生死の、若しは退、若しは出有ること無く、亦在世、及び滅度の者無し。
実に非ず、虚に非ず、如に非ず、異に非ず、三界の三界を見るが如くならず。
斯の如きの事、如来明かに見て、錯謬有ること無し。
諸の衆生、種種の性、種種の欲、種種の行、種種の憶想分別有るを以っての故に、諸の善根を生ぜしめんと欲して、若干の因縁、譬喩、言辞を以って、種種に法を説く。所作の仏事未だ曾て暫くも廃せず。
是の如く、我成仏してより已来、甚だ大いに久遠なり。寿命無量阿僧祇劫なり。常住にして滅せず。
諸の善男子、我れ本、菩薩の道を行じて成ぜし所の寿命、今猶未だ尽きず。復上の数に倍せり。
然るに今、実の滅度に非ざれども、而も便ち、唱えて当に滅度を取るべしと言う。

如来、是の方便を以って、衆生を教化す。所以は何ん。若し仏、久しく世に住せば、薄徳の人は善根を種えず、貧窮下賎にして、五欲に貪著し、憶想妄見の網の中に入りなん。
若し如来、常に在って滅せずと見ば、便ち?恣を起して厭怠を懐き、難遭の想、恭敬の心を生ずること能わじ。
是の故に如来、方便を以って説く。比丘当に知るべし。諸仏の出世には、値遇すべきこと難し。
所以は何ん。諸の薄徳の人は、無量百千万億劫を過ぎて、或は仏を見る有り、或は見ざる者あり。此の事を以っての故に、我是の言を作す。
諸の比丘、如来は見ること得べきこと難しと。
斯の衆生等、是の如き語を聞いては、必ず当に難遭の想を生じ、心に恋慕を懐き、仏を渇仰して、便ち善根を種ゆべし。是の故に如来、実に滅せずと雖も、而も滅度すと言う。

又善男子、諸仏如来は、法皆是の如し、衆生を度せんが為なれば、皆実にして、虚しからず。
譬えば、良医の智慧聡達にして、明かに方薬に練し、善く衆病を治す。
其の人、諸の子息多し。若しは十、二十、乃至百数なり。
事の縁有るを以って、遠く余国に至りぬ。
諸子後に他の毒薬を飲む。薬発し、悶乱して地に宛転す。
是の時に其の父、還り来って家に帰りぬ。諸の子毒を飲んで、或は本心を失える、或は失わざる者あり。遙かに其の父を見て、皆大いに歓喜し、拝跪して間訊すらく、

善く安穏に帰りたまえり。我等愚癡にして、誤って毒薬を服せり。願わくは救療せられて、更に寿命を賜えと。
父、子等の苦悩すること是の如くなるを見て、諸の経方に依って、好き薬草の色香美味、皆悉く具足せるを求めて、擣弃和合して、子に与えて服せしむ。
而して是の言を作さく、
此の大良薬は、色香美味、皆悉く具足せり。汝等服すべし。
速かに苦悩を除いて、復衆の患無けんと。

其の諸の子の中に、心を失わざる者は、此の良薬の色香、倶に好きを見て、即便ち之を服するに、病尽く除こり癒えぬ。
余の心を失える者は、其の父の来れるを見て、亦歓喜し、問訊して病を治せんことを求索むと雖も、然も其の薬を与うるに、而も肯て服せず。所以は何ん。毒気深く入って、本心を失えるが故に、此の好き色香ある薬に於いて、美からずと謂えり。父是の念を作さく、
此の子愍むべし。毒に中られて心皆?倒せり。我を見て喜んで救療を求索むと雖も、是の如き好き薬を、而も肯えて服せず。
我今当に方便を設けて、此の薬を服せしむべし。
即ち是の言を作さく、

汝等当に知るべし。我今衰老して、死の時已に至りぬ。是の好き良薬を、今留めて此に在く、汝取って服すべし。差えじと憂うること勿れと。
是の教を作し已って、復他国に至り、使を遣して還って告ぐ
汝が父已に死しぬと。
是の時に諸の子、父背喪せりと聞いて心大いに憂悩して是の念を作さく、
若し父在しなば、我等を慈愍して、能く救護せられまし。今者、我を捨てて遠く他国に喪したまいぬ。
自ら惟るに孤露にして復恃怙無し。
常に悲感を懐いて、心遂に醒悟しぬ。乃ち此の薬の色香味美なるを知って、即ち取って之を服するに、毒の病皆愈ゆ。
其の父、子悉く已に差ゆることを得つと聞いて、尋いで便ち来り帰って、咸く之に見えしめんが如し。
諸の善男子、意に於いて如何。頗し人の、能く此の良医の虚妄の罪を説く有らんや不や。
不なり、世尊。

仏の言わく、
我も亦是の如し、成仏してより已来、無量無辺百千万億那由佗阿僧祇劫なり。衆生の為の故に、方便力を以って当に滅度すべしと言う。
亦能く法の如く、我が虚妄の過を説く者有ること無けん。

爾の時に世尊、重ねて此の義を宣べんと欲して、偈を説いて言わく、
我仏を得てより来 経たる所の諸の劫数 無量百千万 億載阿僧祇なり
常に法を説いて 無数億の衆生を教化して 仏道に入らしむ 爾しより来無量劫なり
衆生を度せんが為の故に 方便して涅槃を現ず 而も実には滅度せず 常に此に住して法を説く 我常に此に住すれども 諸の神通力を以って ?倒の衆生をして 近しと雖も而も見えざらし

衆我が滅度を見て 広く舎利を供養し 咸く皆恋慕を懐いて 渇仰の心を生ず 衆生既に信伏し 質直にして意柔?に 一心に仏を見たてまつらんと欲して 自ら身命を惜しまず 時に我及び衆僧 倶に霊鷲山に出ず
我時に衆生に語る 常に此に在って滅せず 方便力を以っての故に 滅不滅有りと現ず 余国の衆生の 恭敬し信楽する者有らば 我復彼の中に於いて 為に無上の法を説く 汝等此れを聞かずして 但我滅度すと謂えり
我諸の衆生を見るに 苦海に没在せり 故に為に身を現ぜずして 其れをして渇仰を生ぜしむ 其の心の恋慕するに因って 乃ち出でて為に法を説く
神通力是の如し 阿僧祇劫に於いて 常に霊鷲山 及び余の諸の住処に在り 衆生劫尽きて 大火に焼かるると見る時も 我が此の土は安穏にして 天人常に充満せり 園林諸の堂閣 種種の宝をもって荘厳し 宝樹華果多くして 衆生の遊楽する所なり 諸天天鼓を撃って 常に衆の伎楽を作し 曼陀羅華を雨らして 仏及大衆に散ず

我が浄土は毀れざるに 而も衆は焼け尽きて 憂怖諸の苦悩 是の如き悉く充満せりと見る 是の諸の罪の衆生は 悪業の因縁を以って 阿僧祇劫を過ぐれども 三宝の名を聞かず
諸の有ゆる功徳を修し 柔和質直なる者は 則ち皆我が身 此に在って法を説くと見る
或時は此の衆の為に 仏寿無量なりと説く 久しくあって乃し仏を見奉る者は 為に仏には値い難しと説く 我が智力是の如し 慧光照らすこと無量にして 寿命無数劫なり 久しく業を修して得る所なり
汝等智有らん者 此に於いて疑を生ずること勿れ 当に断じて永く尽きしむべし 仏語は実にして虚しからず
医の善き方便をもって 狂子を治せんが為の故に 実には在れども而も死すと言うに 能く虚妄を説くもの無きが如く
我も亦為れ世の父 諸の苦患を救う者なり

凡夫の?倒するを為って 実には在れども而も滅すと言う 常に我を見るを以っての故に 而も?恣の心を生じ 放逸にして五欲に著し 悪道の中に堕ちなん
我常に衆生の 道を行じ道を行ぜざるを知って 応に度すべき所に随って 為に種種の法を説く
毎に自ら是の念を作さく 何を以ってか衆生をして 無上道に入り 速かに仏身を成就することを得せしめんと