日蓮正宗のススメ

法華講員のブログ

寺院参詣には御念珠を忘れずに

f:id:ekikyorongo:20190525194446j:plain

私は御住職様から頂戴した緑檀の御数珠を使っています

 日蓮大聖人は『戒法門』に、
 「勢至菩薩経に云はく『平形の念珠を以(もち)ふる者は此は是外道の弟子なり、我が弟子に非ず。我が遺弟(ゆいてい)は必ず円形の念珠を用ゆべし。次第を超越する者は因果妄語の罪に依って当に地獄に堕すべし』云云。此等の文意を能く能く信ずべし。平たき念珠を持ちて虚事をすれば、三千大千世界の人の食を奪ふ罪なり。其の故は世間の人虚事をする故に、春夏秋冬たがひて世間の飢渇(けかち)是より起こり、人の病これより起こる。是偏(ひとえ)に妄語より始まれるなり。」(御書14)
と御教示であります。世間で蔓延している邪宗で使用する「平形の念珠」は外道の弟子であり、地獄に堕ちると釈尊が説かれた経文を引用され仰せであります。更に人の病や妄語という嘘も「平形の念珠」が悪業をなしています。
 日蓮正宗を信心するには、必ず「円形の念珠」を使用します。「円形の念珠」を使用するのは、私達の心の迷いである煩悩、百八つを珠として列ね、煩悩を菩提という悟りや智慧に転じるのであります。
 邪宗の「平形の念珠」は珠が百八つもなく少ないため、煩悩が心の中に残り成仏できません。そのために釈尊は「平形の念珠」では地獄に堕ちると説かれ、「平形の念珠」を使用しないように説いているのであります。
 寺院に参詣される際には、寺院で開眼供養された円形の御念珠を必ず持参しましょう。総本山第二十六世日寛上人は『六巻抄』の「当家三衣抄」に、
 「土宗の平形は大いに所表に違うなり。一百八箇は即ち百八煩悩を表するなり。数珠は須臾も身を離るべからず。故に『常自随身』と云うなり」(六巻抄225)
と御教示されています。「常自随身(じょうじずいしん)」と仰せのように日蓮正宗の信心では、常に御念珠を身に付けていることが理想であります。更にお守りの作用を成し、様々な悪縁を遠ざけます。そのため「常自随身」が大事です。
 御念珠は、仏様の如く取り扱い、御経本も一字一字が仏様でありますので、丁寧に扱うことが大事です。畳や床に直接置くことの無いよう、袱紗(ふくさ)や御念珠のケースの上に置きましょう。その一つ一つの作法が「所作仏事(しょさぶつじ)」となり、行体布教につながって折伏になり、仏様の振る舞いへと通じていきます。
 勤行唱題の際に、御念珠をしますが「禅定」という落ち着きと冷静さを意識し、体を動かさず不動を持つことが大切です。御念珠をし不動を持つ姿勢に、私達の心の迷いが煩悩即菩提されていき、成仏の境界へとつながります。
 御本尊様を信じるところ御念珠には、「常楽我浄(じょうらくがじょう)」という働きが具わります。御念珠に四つの小さい珠があります。これは上行菩薩等の四菩薩を現しており、四菩薩が「常楽我浄」を示しています。
 「常楽我浄」とは、仏様の境地や大乗の悟りに具わる四つの徳です。
「常徳」が、仏の境地・涅槃が永遠に不変不改であること。「楽徳」が、無上の安楽のこと。「我徳」が、自我の生命が自由自在で他から何の束縛も受けないこと。「浄徳」が、煩悩の汚れがない清浄な徳をいいます。
 御本尊様に御念珠をして御題目を唱えるところに「常楽我浄」の四徳が自然と具わるのであります。
 寺院参詣の際には、御念珠を必ず持参しましょう。そこに「常楽我浄」という四徳が命に具わります。 

blog.goo.ne.jp

 

一念三千法門

一念三千法門

 
平成新編 日蓮大聖人御書(大石寺)

平成新編 日蓮大聖人御書(大石寺)

 
日蓮正宗の冠婚葬祭 (すぐわかるよくわかる)

日蓮正宗の冠婚葬祭 (すぐわかるよくわかる)

 
新編妙法蓮華經并開結

新編妙法蓮華經并開結

 
法華講員の心得

法華講員の心得

 
勤行―その仕方と観念文の意義 (信心修行の基本)

勤行―その仕方と観念文の意義 (信心修行の基本)

 
釈尊の生涯と法華経 (入門シリーズ 1)

釈尊の生涯と法華経 (入門シリーズ 1)

 
三大秘法義

三大秘法義

 
百六箇種脱對見拜述記

百六箇種脱對見拜述記

 
増補版 寿量品説法 上巻

増補版 寿量品説法 上巻