日蓮正宗のススメ

凡そ謗法とは謗仏謗僧なり。三宝一体なる故なり。

日蓮正宗を信心するには

f:id:ekikyorongo:20190522195154j:plain

 『御講聞書』に、
 「今南無妙法蓮華経有れ共、今身より仏身に至るまでの受持を受けずんば、成仏は有るべからざるなり」(御書1843)
と仰せです。御本尊様は有り難く、御題目の南無妙法蓮華経は素晴らしいと知っていても、「今身より仏身に至るまで」という御授戒の儀式を寺院で行わなければ成仏の因を積むことができません。御授戒を正式に受けたことで、本門戒壇の大御本尊様から有り難い功徳が流れ通ってきます。
 御授戒を受けたことで、爾前権教の戒律と比較にならない、最高の妙戒「金剛宝器戒」を頂くことが出来ます。日蓮大聖人は『教行証御書』に、
 「此の法華経の本門の肝心妙法蓮華経は、三世の諸仏の万行万善の功徳を集めて五字と為(せ)り。此の五字の内に豈(あに)万戒の功徳を納めざらんや。但し此の具足の妙戒は一度持って後、行者破らんとすれども破れず。是を金剛宝器戒(こんごうほうきかい)とや申しけんなんど立つべし。三世の諸仏は此の戒を持(たも)って、法身(ほっしん)・報身(ほうしん)・応身(おうじん)なんど何れも無始無終の仏に成らせ給ふ」(御書1109)
と仰せでありますように、「金剛宝器戒」という妙戒を一度、持てば破ろうとしても破ることが出来ないという御指南です。この妙戒を持ったことで三世の諸仏が成仏したのであります。私達も、妙法五字に万戒の功徳を納めた戒「金剛宝器戒」を受持することで一生成仏は疑いありません。
 日蓮正宗の「戒」は法華本門の戒です。授戒における「戒」には様々なものがあります。小乗の低い戒律や大乗の戒律、更に大乗の中でも像法時代の伝教大師最澄)が比叡山に建てた法華迹門の戒と繁多しております。今現在の末法という時代においては、法華本門の妙戒である「金剛宝器戒」でなければいけません。この妙戒でなければ、末法という時代に現れる様々な魔の働きに対応できないのであります。末法に生まれた人達には、小乗の戒律や権大乗の戒では限界があって不満が残り、私達の性格や体質には全くあいません。
 その限界と不満が邪宗の害毒となって現れ、宗教の異常性と宗教への奇異な眼を持たれる原因があります。正しい宗教を信心することで限界と不満を解消し、本当に幸せな他から破ることの出来ない境界が出来上がるのであります。それが「金剛宝器戒」であり御授戒を受けることで私達の命に宿すことが出来ます。
 御授戒を受ける際には、以上のことを十分に理解され信心に精進することが大事です。日蓮正宗の信心の出発は「御授戒」です。御授戒において、本当の「下種」を頭に頂き、勤行唱題をすれば体全身に成仏の根を張らせることが出来ます。この根を身心に張ることで迷いや悩みに紛動されない命が出来ます。「御授戒」を受けることで成仏させて頂ける仏様の種を命に宿すことになります。 
 更に勤行唱題という修行を積むことで、信心をした人にしか感じることの出来ない、日蓮大聖人が御書で御指南下さるような非常に有り難い功徳を頂けるのであります。未入信の方で、御本尊様と御題目の南無妙法蓮華経が有り難く素晴らしいと感じている人は、今すぐ御授戒を受けることをお勧めします。
 日蓮正宗の寺院へ参詣され、御住職様に御授戒を執り行って頂くことが大事です。

日蓮正宗 寺院紹介 全国

blog.goo.ne.jp