日蓮正宗のススメ

法華講員のブログ

人生の迷い悩みは何気ないところから襲ってくる

f:id:ekikyorongo:20190407125531j:plain

人生の迷い悩みは何気ないところから襲ってくる
2005-11-21 | 手引書①
 人の幸せは永遠の保証はありません。楽しいとき、幸せなときこそ、冷静に現実を見る時間を一日に数分でも持つことが大切です。
 楽しいときや幸せなときは安心し気持ちを緩めがちです。この気持ちの緩め方を間違えると不幸になります。気持ちを緩めるということは、注意力を怠ることになり、何気ないところから迷いや悩みである不幸の原因をつくることになります。
 この何気ない迷いや悩みを事前につくらないようにするには、お寺(日蓮正宗寺院)へ行き冷静に現実を見つめる時間をつくることです。
 仕事場や自宅では、様々な雑念により心を落ち着かせることは出来ません。心の安らぎを得る大切な場所がお寺です。世の中では、お寺の存在を忘れがちですが、お寺こそ今の時代に一番必要な、幸せを永遠のものにするところです。
 人間の智恵や知識には限界があります。その限界を無限にするには、お寺へ行き心と精神を磨き、その上で世間一般の知識を活用することです。
 お寺の存在を忘れられがちな現代、お寺に行くことで心の汚れを洗い流せます。この心の汚れを洗い流すことの出来ない人が、多くの迷いや悩みをかかえ、更に自殺という最悪な結果を招くこともあります。最悪な結果を未然に防ぐ方法は、お寺へ行くことが重要です。そして、お寺の方に人生について問いかけ解決策を見つけ出すことです。その智恵を得るところがお寺です。
 人としての道を外さない教えもお寺には伝わっています。人としての道を外れるために人は迷い悩みます。
 人間は、ちょっとした躓(つまず)きで迷い悩みが生まれます。どのように解決すればいいのか分からなくなります。この状態が迷い悩みの姿です。誰もが経験することです。
 いつも幸せであったり、楽しい気持ちであると、急に迷いや悩みが生まれると何倍にも何十倍にも苦しみを感じます。この苦しみから解放するところがお寺です。世界で最高の仏様の前で御題目(南無妙法蓮華経)を唱える時、苦しみである迷い悩みから解放されます。
 迷い悩みには多くのものがあります。人間関係・対人関係の悩み、仕事上の悩み、家庭における悩み、幸せをつかむはずの結婚が離婚しなければならない悩み、嫁姑による価値観の違いからくる複雑な悩み、子育ての悩み、恋愛からくる悩み、学校の成績の悩み、あげればきりがありません。
 お寺へ行くことで、以上のさまよいから解放される道を切り開くことが出来ます。
 迷いや悩みが生まれる前に、迷い悩みの芽をつみ取る必要があります。つみ取る方法をお寺では教えてくれます。
 その和が世の中に広がれば、社会においても決して崩れることのない幸せをつかむことが出来ます。お寺の参詣を心からお待ちしています。 

www.nichirenshoshu.or.jp