日蓮正宗のススメ

万民一同に南無妙法蓮華経と唱え奉らば吹く風枝をならさず雨壤を砕かず

【RPE】★とても残念なこと

 

f:id:ekikyorongo:20181017092334j:plain

件名を見て、「とても残念なことってなんだろう?」と驚
かれた方もいるでしょうか?

これです。

 

<<消費増税>19年10月から10% 安倍首相 閣議で表明

毎日新聞 10/15(月) 16:30配信

安倍晋三首相は15日の臨時閣議で「消費税率は法律で定められた通り、来年10月1日に現行の8%から10%に引き上げる予定だ」と述べ、消費増税を予定通り行う方針
を表明した。>

 

皆さんご存知のように、私は「安倍支持」です。

理由は、「外交がすばらしいから」。

去年出版した、 

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

 

は、2012年、尖閣国有化に激怒した中国が、ロシアと韓国に「反日統一共同戦線」をつくり「日本を破滅させよう!」と提案したところからスタートします。

(もちろん、証拠つき。)

安倍総理は2013年末、「罠」にはまってしまい、ピンチに陥った。

しかし、その後は挽回し、「反日統一共同戦線」の「無力化」に成功しました。

だから、私は、総理を支持している。


世界は1930年代のように激動しています。

米中貿易戦争は、「トータル戦争」「覇権争奪戦争」に転化してきた。

こういう波乱の時代ですので、安倍総理には、是非2025年までがんばっていただきたい。


とはいえ、「安倍信者」というわけでもありません。

大昔から「消費税再引き上げ」「3K外国人労働者の大量受け入れ」「残業代ゼロ」などに反対しています。


なぜ「消費税再引き上げ」に反対かというと、いうまでもなく、それで「景気が悪くなるから」です。

産経新聞10月15日。

 

<26年4月の8%への増税前後をみると国内総生産(GDP)ベースで26年1〜3月期に305兆8696億円だった個人消費は4〜6月期に291兆7655億円へ急
減。耐久財中心に駆け込み需要と反動減が生じたためだ。

25年度に前年度比2.6%だった実質経済成長率は26年度にマイナス0.3%に落ちた。>

 

米中貿易戦争の影響。

消費税再引き上げによる消費の減少。

東京五輪バブルの終焉。


どうも景気の先行きは、あまり明るくないようです。

それでも「備えあれば憂いなし」。

RPE読者の皆さまは、今から準備を進め、来るべき冬を乗り切っていきましょう。

〜〜〜〜

●PS1

「安保の冬」は、2013年末にやってきました。

ほとんど日本の大部分は知りませんが、安倍内閣は、中国がしかけた罠に見事にはまってしまった。

世界的に孤立し、「また敗戦か?!」と思われた瞬間。

ある歴史的大事件が起こり、安倍総理は救われます。

いったい何が起こったのか?

これを読めば、すべてわかります。

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

 

●PS2

「中国に勝つ日本の大戦略」は、主に「外交」の話でした。

しかし「内政の話もする必要があるな」ということで、現在本を書いています。

いままでの本とは、全然違う感じになりそうなので、楽しみにしていてください。