日蓮正宗のススメ

万民一同に南無妙法蓮華経と唱え奉らば吹く風枝をならさず雨壤を砕かず

2018年はどんな年だった?(歴史的に)

 

f:id:ekikyorongo:20181220233233j:plain

はやいもので、2018年ももうすぐ終わりですね。

今年は「歴史的」にどういう年だったのでしょうか?

 

▼2008〜2017年に起こったこと

 

まず過去10年で起こったことを、ざっくり振り返っておきましょう。


2008年、リーマンショックから「100年に1度の大不況」が起こる。


2009年、アメリカが沈み、中国は浮上する。

この年のGDP成長率、アメリカは、マイナス2.54%。

日本は、マイナス5.42%。

中国は、プラス9.2%。

世界で、「これからは中国の時代だ!」と考える国が激増する。

日本では、反米親中民主党政権が誕生。


2010年、尖閣中国漁船衝突事件

アメリカは沈み、わが国を止める力はない」と認識した中国が、横暴になる。


2011年、東日本大震災


2012年、尖閣国有化。

中国は11月、ロシア、韓国に、「反日統一共同戦線構築」を提案。

(●完全証拠はこちら↓
http://rpejournal.com/rosianokoe.pdf )

 

私の中では、「新日中戦争」が開始された年。

日本では、安倍政権誕生。

中国では、習近平政権スタート。

ロシアでは、プーチンが大統領に返り咲く。


2013年、反日統一共同戦線戦略の進展。

中国は、大金を使って反日プロパガンダを行い、安倍政権を追いつめる。

12月、安倍総理靖国参拝後、世界的日本バッシングが起こり、日本は孤立する。


2014年、ウクライナ革命とクリミア併合。

安倍総理は、ロシアに救われる結果に。


2015年、AIIB事件。

イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スイス、オーストラリア、イスラエル、韓国など、親米諸国群がアメリカの制止を無視し、中国主導AIIBへの参加を決める。

アメリカの没落と中国の影響力増大が世界に知られることに。


2016年、トランプ氏、大統領選で勝利。


2017年、トランプ政権誕生。

北朝鮮に振り回された一年だった。


そして、2018年。

 

▼2018年に起こったこと
少し、詳しくみてみましょう。


3月、中国全人代国家主席任期の制限撤廃。

習近平は、「終身国家主席」の道を開く。

同月、プーチン、大統領選で圧勝。

4期目スタート。


4月、南北首脳会談。

金正恩が初の訪韓


6月、初の米朝首脳会談


7月、西日本豪雨


9月、北海道地震

安倍総理自民党総裁選で3選。


10月、安倍総理訪中。


11月、ゴーン日産会長逮捕。

アメリ中間選挙

下院は民主党が優勢に。

 

▼しかし、最重要事件は・・・・

 

2017年は、トランプ政権が誕生した年。

しかし、1年通して振り返ると、「北朝鮮がうるさかった年」でした。


2018年6月、トランプと金が会談した。

その後、金はミサイル実験、核実験を停止し、核問題は「凍結状態」になっています。


そして、2018年、北朝鮮にかわって最大の問題になったのが、「米中戦争」です。


最初は、「貿易戦争」でした。

3月、アメリカは、鉄鋼、アルミ製品への関税を引き上げた。

中国も、即座に報復措置をとりました。


6月の米朝首脳会談北朝鮮問題が、下火になった。

翌7月から米中貿易戦争は本格化していきます。


7月、アメリカは中国からの輸入品340億ドル分に25%の関税を課した。

中国も、アメリカからの輸入品545品目340億ドル分に25%の関税を課す。


8月、アメリカは中国からの輸入品160億ドル分に25%の関税を課す。

中国も、アメリカからの輸入品160億ドル分に25%の関税を課す。


9月、アメリカは中国からの輸入品2000億ドル(!)分に10%の関税を課す。

中国は、アメリカからの輸入品600億ドル分に、5〜10%の関税を課す。


こうして、貿易戦争は、どんどん規模が大きくなっていきました。

そして、ペンスさんの10月4日講演以後、米中の対立は「貿易戦争」にとどまらなくなってきた。

(必読、ペンスさんの講演、日本語全文。↓
https://www.newshonyaku.com/usa/20181009  )


そう、この戦いは、「覇権争奪戦争」であることがはっきりしてきたのです。


2017年は、ひとことでいえば、「北朝鮮が暴れた年」でした。


2018年をひとことでいえば、「米中覇権争奪戦がはじまった年」です。


これから7年ぐらいは、米中戦争を軸に世界はまわっていくことでしょう。

私たちも覚悟が必要です。


日本政府はかつて、負けるナチスドイツの同盟国になるという、トンデモナイ過ちを犯しました。


今回も、米中戦争が本格化した途端に、中国に歩み寄るという、かなり心配な動きをしています。

(ファーウェイへの対応などは、アメリカと歩調をあわせているようですが。)


私たちは、安倍政権が負ける側(中国)に近寄りすぎないよう、しっかり監視していきましょう。

 

今日から俺は! !  [Blu-ray BOX]

今日から俺は! ! [Blu-ray BOX]