日蓮正宗のススメ

この世に生まれてきた意味を成し遂げるために

【RPE】★ルトワック、米中対立は中国の体制崩壊までつづく!

f:id:ekikyorongo:20181016233655j:plain


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


毎日新聞10月14日付に、世界一の戦略家ルトワックさんのインタビューに関する記事が出ていました。

なかなか衝撃的な内容ですので、ご紹介します。

 

<米国防総省のアドバイザーなどを務め、戦略論研究で知られるエドワード・ルトワック氏が来日し、毎日新聞のインタビューに応じた。

貿易や知的財産権などを巡る米中対立について「長期間に及ぶことになる。対立は中国共産党政権が崩壊するまで続くだろう」~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と語った。>

 

今起こっている「対立」は、


中国共産党政権が崩壊するまで続くだろう」


だそうです。

深呼吸して考えれば、実に衝撃的な発言ですね。

 

<米政界における親中派はもはや「壊滅状態」と指摘。>

(同上)

 

アメリカの「親中派」は「壊滅状態」だそうです。

驚くべきことです。

「中国に勝つ日本の大戦略」の3章で、「米中関係の真実」について書かせていただきました。

アメリカは、ニクソンの時代から、基本的に一貫して「親中」でした。

キッシンジャーは、70年代から「米中は事実上の同盟関係にある」と宣言していた。


中国が急成長をつづけることができたのは、アメリカ(と日本)からカネと技術を好きなだけ受け取ることができたからです。

レーガンもブッシュ(父)もクリントンもブッシュ(子)もオバマも、基本的には皆親中だった。

オバマは、2015年3月のAIIB事件以降、反中。)

ところが今は、「親中派は壊滅状態」だという。

 

<現在は軍需産業や外交ロビーに加え、シリコンバレーなどのハイテク企業も対中圧力を求めるようになり、米政府の「締め付けが始まっている」と強調した。

トランプ政権の発足直後、ハイテク産業は「自分たちのビジネスに干渉しないでくれという姿勢だった」が、中国による知的財産権の侵害事案が相次ぎ、現在は「ワシントン
に来て、助けが必要だと要請するようになっている」という。>

(同上)

 

なんと、シリコンバレーも「反中」に転じているそうです。

アメリカは、「挙国体制」になってきました。

 

<米中両国が核兵器保有国であることから「米中が軍事衝突する可能性はない」とも強調。

ただ、その結果、かえって対立は長引き、共産党支配が終わる「レジーム・チェンジ(体制変革)」まで収束しないと予測した。>

(同上)

 

この話、RPEで何度も書いてきました。

中共に、両国ばかりか地球を破壊できる量の核をもっている。

だから大戦争(大戦闘)にはなりにくい。


主戦場は、「経済戦争」に移行しているのですね。


そして、<共産党支配が終わる「レジーム・チェンジ(体制変革)」まで収束しないと予測した。>そうです。

f:id:ekikyorongo:20181016233858j:plain

▼ルトワック説は日本にとって

 

ルトワックさんの意見が「真実」だとしましょう。

日本にとっては、何を意味するのでしょうか?


1、安全保障面では、大きなプラス

皆さんご存知のように、中国は明確な「日本破壊戦略」をもっています。


・中国、ロシア、韓国で、「反日統一共同戦線」をつくろう!

・中ロ韓で、日本の領土要求を断念させよう!

・日本に断念させる領土とは、北方4島、竹島尖閣
【沖縄】である!

・日本には、【沖縄】の領有権はない!

反日統一共同戦線には、【アメリカ】も入れなければならない


●全国民必読絶対証拠はこちら。

http://rpejournal.com/rosianokoe.pdf


中国の現政権は、「日本壊滅」を願い、実際積極的に行動している。

ですから中共政権がなくなるのは、日本にとっていいことです。

 

2、経済では悪影響

アメリカとソ連の冷戦時代、二つのシステム間には、ほとんど経済交流がありませんでした。

(少しはありましたが。)

それで、冷戦時代、日本は問題なく経済成長することができた。


しかし、米中冷戦は、事情が違います。

中国は、世界経済に完璧に組み込まれている。

というわけで、米中貿易戦争の悪影響から、日本は逃れることができないでしょう。

来年再来年には、「消費税再引き上げ」「東京五輪バブル終焉」という二つの爆弾が経済に落とされます。

私たちも今から準備をしていきましょう。

 

3、日本の針路

もうすぐ安倍総理は、中国に行く。

ルトワックさんの話がホントであれば、安倍総理は「アメリカの敵国」に行く。


「日本の軍事同盟国アメリカの敵国に行くのだ」


という自覚をはっきりもっていただきたいと思います。

前号でも書きましたが、中国は負ける側です。


日本は前回、負けるナチスドイツと同盟を組み、破滅しました。


今回は、すでに「勝つ側」と「同盟関係」にある。


大切に現状を維持していただきたいと思います。


ちなみに世界一の戦略家ルトワック氏、日本への提言。

たった800円+税で読むことができます。

世界を救うRPE読者の皆さま必読の内容になっています
ので、迷うことなくご一読ください。

日本4.0 国家戦略の新しいリアル (文春新書)

日本4.0 国家戦略の新しいリアル (文春新書)