日蓮正宗のススメ

万民一同に南無妙法蓮華経と唱え奉らば吹く風枝をならさず雨壤を砕かず

2019年に起こること 北野幸伯

 

f:id:ekikyorongo:20190104093940j:plain

大戦前夜か?

2019年は、どんな年になるのでしょうか?

そんなことは、わかりません。

しかし、「大きな流れ」はある程度わかります。

 

▼米中関係を軸にまわる世界

 

これまでの流れを振り返ってみましょう。


・08年、リーマンショックから世界的危機が起こり、アメリカ一極世界が崩壊


・09年、米中二極時代スタート、しかしその関係は、「昇る中国、沈むアメリカ」


・10年、尖閣中国漁船衝突事件アメリカ弱体化で、中国が本性を現す


・11年、東日本大震災


・12年、尖閣国有化 中国が、ロシア、韓国に「反日統一共同戦線戦略」を提案

(●全国民必読、完全証拠はこちら。↓
http://rpejournal.com/rosianokoe.pdf  )


・13年、中国、日本孤立化に成功 総理の靖国参拝をきっかけに、世界的日本バッシングが起こる


・14年、クリミア併合でロシアが孤立 これで、安倍政権は、救われた


・15年、AIIB事件 アメリカの同盟国群が、ことごとく裏切り、中国主導AIIBに参加


・16年、反中のトランプが大統領選で勝利


・17年、トランプ就任するも、北朝鮮問題で反中にはなれず


・18年、米中覇権戦争勃発


こんな感じになります。

流れをみると、08年以降、米中二極時代がはじまった。

その関係は、「昇る中国、沈むアメリカ」。


実際、世界は08年以降、「米中を軸に」まわっていたのです。


しかし、オバマは1期目、「100年に1度の大不況」を克服するのに忙しかった。

2期目は余裕がでてきた。

ですが、「敵視する相手」は、


・2013年、「右翼」安倍政権や、シリアアサド政権

・2014年、クリミアを併合したプーチン・ロシアやIS


と中国以外の国にむいていた。


2015年、AIIB事件で、オバマはついに目覚めます。

ようやく、「アメリカの真の大敵は中国だ!」と悟った。

そして、この年、オバマは反撃に出た。

中国はみるみる追いつめられ、15年、16年、この国の経済は、ひどく悪かったのです。

高橋洋一先生は、15年は−3%程度だったとおっしゃっています。)


2016年、反中のトランプが大統領になった。

それで、「ついに米中覇権戦争がはじまるか!?」と思われた。


しかし彼が大統領に就任した2017年、「米中覇権戦争」は起こりませんでした。

理由は、北朝鮮が大暴れした年だったからです。


2018年、ついに米中戦争がはじまりました。

ただの貿易戦争ではなく、覇権をかけた戦いです。

 

▼米中覇権戦争の形態

 

というわけで、「2019年に何が起こるか?」というのは、「米中覇権戦争で何が起こるか?」と同じ意味である。

で、何が起こるの?


「米中覇権戦争」とはいいますが、両国とも、相手を壊滅させるだけの核兵器保有している。


それで「戦闘」にはなりにくい。


結局、


・相手国を「悪魔化」させるための「情報戦」

・相手国を「孤立化」させるための「外交戦」

・相手国経済を破滅させるための「経済戦」


がビシバシと行われることになるでしょう。

情報戦では、アメリカが圧倒的に有利です。

なんといっても中国は、人権完全無視の一党独裁国家。

チベットの民を大虐殺し、今もウイグル人100万人を強制収容している。

アメリカは、「事実を大さわぎする」だけで、中国を「悪魔化」できます。


外交戦。

これは、実に悩ましい。

トランプさんは、かなり外交が下手です。

それで、本来アメリカの「強い味方」であるはずの欧州が「反トランプ」で、中国、ロシアに接近するという情けない結果になっている。


経済戦争。

これは、もうはじまっていますね。

 

▼日本の受ける恩恵と損失

 

米中覇権戦争時代、日本はどうなのでしょうか?

「よいニュース」と「悪いニュース」があります。


よいニュースは、「安全保障面」。

こちらをみてください。
http://rpejournal.com/rosianokoe.pdf

中国は、


・ロシア、韓国に「反日統一共同戦線をつくろう!」と提案した

・中国は、「日本には、尖閣だけでなく、【沖縄】の領有権もない!!!」と宣言している

・中国は、【アメリカ】も「反日統一共同戦線に入れるべき!」と主張している


そして、実際日本を破滅させるためのアクションをつづけてきた。

ここでは詳述しませんが、超ディーテールを知りたい方は、こちらをご一読ください。


●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

 

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

 

 

 

ところが、「反日で共闘するはず」のアメリカは、今や中国を「最大の敵」と定めた。


これは、「安保面」で見れば、日本にとって「メデタイこと」に違いありません。

わかりやすく書きます。


以前=中国は、アメリカと組んで日本をつぶそうとしてきた

今=アメリカは、中国をつぶそうとしている


アメリカは、「日本に沖縄の領有権はない!」と宣言している超反日国家中国を征伐しようとしている。

どう考えても、日本の国益です。


しかし、「大きな副作用」も覚悟しなければなりません。

米中覇権戦争の主戦場は、「経済戦争」である。

アメリカは、中国経済を破壊しようとしている。

実際に、中国経済が破壊されれば、当然日本経済も打撃を受けます。


こんなご時世、日本では、消費税率が8%から10%に引き上げられようとしている。

是非やめていただきたい

 

米中覇権戦争の副作用で、景気については悲観的にならざるを得ません。

皆さん、去年から何度も警告していますが、今年も用心を

怠らず、危機に備えましょう。

 

▼日本のリスク

 

さて、中国は12年、「日本を破滅させる」と決意し、熱心に取り組んできた。

ところが、今はアメリカが「中国を叩きつぶす!」と決意している。

中国は、あらゆる手段を使って、「アメリカ懐柔」を試みることでしょう。

一方で、アメリカ以外の国々にも接近し、「アメリカ孤立化」をはかるに違いありません。


実際、強気すぎるトランプのおかげで、中ロ、中欧関係は良好なのです。


そして、中国のターゲットになるのが、「平和ボケ」「お人好し」「善良すぎる」日本です。


日本には、「主体的な意志」が欠如している。


相手が「嫌いだ!」というと、「まあまあ、仲良くしましょう!」となだめる。


相手が「好きだ!」といえば、「私も好きです!」と応じる。


アメリカに追いつめられた中国が、ちゃっかり日本に接近してきた。

日本の政治家は、「背景」「裏で起こっていること」を知らないので、大歓迎してしまう。


別に、中国との関係をわざわざ悪化させる必要はありませんが、

常に、「同盟国アメリカの方が中国より大事」ということを、「アメリカがわかるように」しておく必要がある。


日本はかつて、愚かにもナチスドイツを同盟国に選び、破滅しました。

今回も、「米中戦争勃発と同時に中国に接近する」という、非常に愚かな動きをしています。


日本の政治家は、なにも考えず、ただ「中国が関係改善を望んできたから」と思っていることでしょう。


しかし、アメリカから見たら、「バリバリ狡猾な動き」にみえることを理解しておく必要があります。


安倍総理、2次大戦時の教訓を活かし、同じ過ちを繰り返さないよう、お願いします。

●PS1

少子化問題
・地方衰退
・農村荒廃
・家庭崩壊
・未婚化、晩婚化
・過酷ないじめ
・過労死、過労自殺
孤独死
・増える子供生活習慣病
・増える児童虐待

これらの問題は、すべて解決可能です。

日本を健康で幸せで豊かな国にする、80年ぶり
の大改革!

その具体的方法を知りたい方は、こちらをご一読ください。


●日本の生き筋 家族大切主義が日本を救う

日本の生き筋ーー家族大切主義が日本を救う


●PS2

米中戦争がはじまりました。

なぜそういうことになったのでしょうか?

その背景、プロセスを知りたい方。

日本が中国に必勝できる方法を知りたい方。

いますぐこちらをご一読ください。


●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う