日蓮正宗のススメ

法華講員のブログ

顕正会は「細井日達上人の臨終はひどい相だった」と言っていますが、それはでっち上げですよ。

f:id:ekikyorongo:20181015173144j:plain

引用元はコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓

www.myotsuuji.info

妙通寺様のホームページには、顕正会の日達上人様への邪難に対し詳細に反論がなされております。

細井日達上人の臨終はひどい相だった」と言っていますが?

 顕正会では、彼らの前身である「妙信講」を講中解散処分に付した総本山第66世日達上人を逆恨みしています。そして、怨嫉心から会長・浅井の長男などは「細井日達は臨終に際して、バケツ3杯の血を吐き、苦しみながら死んだ」などという悪口を言いふらしてきました。

  かつて江戸時代、北山本門寺(現在、身延派所属)の僧が、「大石寺の第9世法主である日有は、板本尊を偽作した。その結果、日有は隠居した後、癩病という重大病を発症し、苦しみ、のたうち回りながら死んだ」と悪口を言いふらしたことがあります。(日有上人はご隠尊となられた後においても、有明寺を中心に多くの人を教化・折伏されており、こうした重病説がまったくのデタラメであることは明白です)

 こうしたデマは、本門戒壇の大御本尊を否定しようとする謗法の悪侶によるものですが、いつの時代でも、正法を憎む人間は、正論で大石寺に対抗できないと悟ると、御法主上人を怨嫉し、あらぬことを言いふらして人心を惑わすのが常である、ということを証明しているのかもしれません。

  さて、昭和54年7月21日は土曜日でした。日達上人は土曜日の夕方をご家族と一緒に穏やかに過ごされており、夕食も普通にとられました。その際、翌日のご自身の予定を側近の方に伝えられていたほどです。そして就寝され、その数時間後に、成住壊空の法理のもと、肉体としての寿命を全うされて、日達上人は臨終を迎えられました。そのお姿は穏やかで御尊顔はふっくらと、頬には赤みをおびているほどでした。訃報を聞きつけ、ただちに全国各地から総本山に参集してきた僧侶や親族の方々も、その尊い御姿・御尊顔を拝して、深い悲しみのなかにも、報恩謝徳の念をもって静かに唱題させていただいたものです。

 当時、日蓮正宗とは無縁であった浅井会長らが、日達上人のご臨終に接する機会など、あろうはずもなく、まさに「見てきたような…」と言われても反論できないでしょう。

 なお、平成30年9月に開催された顕正会の会合で、自称日達上人の遠い親戚・人物X(人物エックス)が『日達上人の臨終の相は、恐ろしいものだった』『数時間も心臓マッサージをして苦しんでいた』等と語ったようです。
 しかし日達上人のご臨終は、7月22日のまだ夜も明けぬ未明だったこともあり、その場には、日達上人夫人とご子息、そして一部の側近の方だけが立ち会われており、日達上人の遠戚はおろか、こうした発言をした人物の関係者が臨終に立ち会っていた事実は一切ありません。
 そもそも人物エックスは、どのような立場の人間なのか? 「自分の母親が日達上人の親類で葬儀に参列」と言っているようですが、その母親は、どのような人物で、現在どこに暮らしているのか? 本当に実在する人物なのか? 

 「私が見たわけではないが、母親が、そのように言っていた」と責任を母親に転嫁して、さも、自分が見てきたように日達上人の悪口を言いふらす人物エックス。どうして、こんな酷(ひどい)いことを、日達上人ご遷化から40年もたった今頃になって、突然言いだすのか、まったく理解に苦しむところです。

顕正会員の私は、妙通寺様のこの記事を読んで胸をなでおろしました。

邪教の洗脳は恐ろしく、一度邪義を信じてしまった者の心にはトラウマが残ります。

我が家の御本尊様は、日達上人様の特別御形木御本尊様です。

毎日、日達上人様の御書写くださった御本尊様に御祈念しながら、日達上人様への疑念が湧き起ることもございました。

日達上人様を誹謗した浅井の長男、浅井克衛は現在、行方不明です。

どちらの言が真実なのかは、現証を見れば明らかでしょう。

私は、日蓮正宗の勧誡式(かんかいしき)を賜ってからも、なお7年の間、罪障消滅と教義的な迷いに苦しみました。8年を過ぎた今年になって、本物の安穏を得ることができ始めたように感じております。

国立戒壇の話にしても、なかなか納得がいきませんでした。

しかし、先日、ふとしたことで日寛上人様の六巻抄・御書文段のなかに確信を見つけ、本門戒壇の大御本尊様の居所が即、事の戒壇であることが腑に落ちました。 

nichirendaihonin.hatenablog.com

そして、数年前の御開扉の時の風景が、脳裏によみがえってきたのです。

それは、御開扉を賜った際、猊下様の御前に板御本尊様が据え置かれていた時のことでした。いわゆる開眼供養の儀式に同座させていただいたことがあるのです。

そう、まさに根源の御本尊様である、戒壇の大御本尊様の御前で、猊下様が御本尊様に血脈を通わせている現場を目の当たりに拝したのです。

浅井は、日達上人様が法体に約して、大御本尊様の御前を事の戒壇と御教示されたことに、邪難を加えて半世紀になろうとしておりますが、御本尊様でさえも我々と同じく御授戒を受けているのでした。

戒を授けるのも受けるのも、事の戒壇の場でなくて何処でなしえましょうや。

教学試験用の詰込み勉強しかしない輩には、想像もつかないでしょうが。

日蓮正宗の教義でなし、大聖人の教義でないものが、世界に広がったからといって、決して、我々は喜ぶべきでないし、大聖人が、お喜びになるとは思いません」(大日蓮 昭和49年8月号 20頁)

と憂慮されていた日達上人様の御心に気づかず、日蓮正宗への怨嫉から浅識謗法を起こした浅井昭衛。

そのような大謗法の人間を師と仰ぐ顕正会員。

かつての自分の姿を思い起こしながら、正法正義の顕揚に使命を感じる毎日であります。

どうか、顕正会員の皆様、一日も早く過ちに気づいてください。

 

顕正会の浅井会長は、「細井日達は急死したため、阿部日顕に直接、血脈相承をすることができなかった。それこそ罰の現証だ」と言っていますが?

 

 顕正会の浅井昭衛会長は、

 「細井管長(日達上人)は昭和54年7月22日、入院していたフジヤマ病院で、臨終思うようにならず急死を遂げた。貫首の立場にある人が、誰もそばにいないとき、一人で急死してしまった。よって御相承をすることができなかったのであります。まさしく御遺命に背いたゆえに、細井管長は御相承を『授ける』ことができず、阿部管長(日顕上人)また御遺命違背の科によって『受ける』ことができなかった。『授』なく『受』なしであります」

(平成11年4月25日付 『顕正新聞』)

と発言しています。

 

 しかし、ちょっと待ってください。実は、浅井会長はかつて、以下のような発言をしているのです。

 「阿部管長憎しのあまり、そして池田大作を偉く見せるために、ついに下種仏法の命脈たる金口の相承までも学会は完全否定してしまったのであります。(中略)これを仏法破壊といわずして、何を仏法破壊というのか。これを大謗法といわずして、何がいった大謗法でありましょうか」(平成4年6月5日付『顕正新聞』)

 つまり、当時の創価学会が、「細井日達上人が急逝されたために、阿部日顕上人に血脈相承が正しく行なわれていない」と日蓮正宗を誹謗していましたが、これに対して浅井会長は「そんなことで血脈が途切れるなどという創価学会は、大謗法である」と指弾しているのです。この時の主張によれば、現在の顕正会・浅井会長は、大謗法中の大謗法の人間ということになってしまいます。

 あるいは

 「何代、代を重ねようとも、また面授の儀式があろうとなかろうと、断絶もせず、色も替わらず、伝わるように出来ているんだ。これが御本仏の御仏智なのです。だから御相承の儀式のあるなしは、本質的には全く問題ない。断絶などはあり得ないのです」(平成5年1月5日付 『顕正新聞』)

 これは、「たとえ、正式な儀式等が整っていなかったとしても、日蓮大聖人の御仏智によって、唯授一人の血脈相承は正しく伝わるのであって、日達上人から日顕上人への血脈相承は絶えることなく受け継がれているのだ」と浅井会長みずから説明していることになります。

 

 わずか6年の間に、まったく逆の説を唱えるようになった浅井会長。いったい、どちらが本意なのでしょうか?。ご本人の説明をぜひ伺ってみたいものです。

 

 日達上人から日顕上人への唯授一人の血脈相承は、まぎれもなく正しく行なわれています。このことについては、日蓮正宗には何人もの証人がいます。日蓮正宗とは関係のない部外者が、あれこれ憶測で批判する筋はありません。

 なにより、日蓮大聖人の御法魂の当体である「本門戒壇の大御本尊」が、創価学会顕正会など謗法団体の手に渡ることなく、現然と日蓮正宗総本山大石寺に厳護されている事実こそ、現在、総本山第68世日如上人の基に日蓮大聖人の正しい法脈が伝持されている何よりの証拠といえるのです。

 

 日蓮大聖人は、「身口意の三業」をもって妙法を信ずる必要性を教えられています。現在、顕正会に在籍している人が、いかに大御本尊を心から信じ(意業)、「遙拝勤行・唱題」を実践(口業)していたとしても、大御本尊が在(ましま)す「日蓮正宗」に在籍して身を置く(身業)ことがない限り、大聖人が仰せの「三業相応の正しい信心」とはなりません。

 顕正会に所属する皆さん、唯一最高の日蓮大聖人の信仰をしたいと願うならば、一刻も早く顕正会を脱会して日蓮正宗に入信し、妙通寺の信徒となって、私達とともに広宣流布達成のため戦っていきましょう。

 

引用元はコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓

www.myotsuuji.info