日蓮正宗のススメ

法華講員の千夜一夜随想録

PVアクセスランキング にほんブログ村 日蓮正宗のススメ - にほんブログ村

天皇家、二つの家訓

全世界の裏RPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。

 

昨日ご紹介させていただいた、古宮春人さんの

 


●『和歌で読み解く・天皇と国民の歴史』(育鵬社
↓購入はコチラから

和歌で読み解く天皇と国民の歴史 (扶桑社BOOKS) 

を読んでいます。

はじめの方に


天皇家の二つの家訓」

 

という話がありました。

ご紹介させていただきます。

二つの家訓とは、


「天壌無窮の神勅」(てんじょうむきゅうのしんちょく)

「神武建国の詔」(じんむけんこくのみことのり)


です。

どういう意味でしょうか?

 

▼「天壌無窮の神勅」とは?

 

その昔、天照大神が地上を眺めると、戦争でひどく混乱
していました。

(今も昔も変わらない・・・。)

そこで天照大神は、地上に平和をもたらすために、孫の

「ニニギノ命(みこと)」を呼びました。

そして、鏡と剣と勾玉(まがたま)を与え、

 

<「今からお前は地上に降りて地上の国を平和に統一しな
さい。

それからあとは地上の国を私の子孫が治めなさい。

また、その子孫はこの鏡を私だと思って大切にお祭りしな
さい。

そうすれば私の子孫と地上の国は、天地が永遠につづくよ
うに永久に栄えるのである」>

(16〜17p)


と命令しました。

それで、「ニニギノ命(みこと)」は地上に降りて、統一
に動き始めました。

「ニニギノ命」のひ孫が統一を成し遂げ、日本最初の天皇

神武天皇になったのでした。

それ以来、日本では天照大神の子孫が天皇になって、日本
を平和に治めている。

これが「天壌無窮の神勅」です。

 


<この天照大神の命令を「天壌無窮の神勅」と呼びます。

「天壌」とは「天地」のことで、

「無窮」とは「窮(きわ)まりなく栄える」という意味。

だから「天壌無窮」とは

「日本が天地とともに永遠に栄える」という意味です。>

(17p)

 


▼「神武建国の詔」とは

 

次に「神武建国の詔」とは何でしょうか?

 

<「天皇は国民全体のための政治を行います。

それが私のご先祖の命令なのです。

私はここに都を造って

一つの家のように仲の良い国を造りますから、

みなさん協力してください」と。


それを聞いて多くの豪族たちが、

「それは良い」

「そうしよう。そうしよう」

と言って協力を約束しました。

この神武天皇の約束(宣言)を

「神武建国の詔」といいます。

「詔」とは「天皇のお言葉」という意味です。>

(18p)

 

なるほど〜。

「天壌無窮の神勅」は、天照大神の子孫が日本を治める。


でも、「天皇家が好き勝手に治める」のではなく、

「国民全体のための政治を行います」

と約束した。


これが「天皇家の二つの家訓」


「天壌無窮の神勅」

「神武建国の詔」


の意味なのですね。

 

天皇と国民の関係、昔はどうだったのか?

 

今からはるか昔、たとえば数百年前、千数百年前、天皇

国民のことを、あるいは国民は天皇のことをどう考えてい
たのでしょうか?


「そんなことわかるはずがない!」


と普通は思います。

そのとおりでしょう。

しかし、日本には、それを知る「手がかり」があるのです
ね。

それが「和歌」です。

たとえば、「万葉集」には、1200年以上前の人の歌が記さ
れている。

天皇の歌からは、天皇の国民観が、

その他の人たちの歌からは、国民の天皇観を知ることがで
きる。

これって、ものすごいことではないでしょうか?


古宮春人さんの


●『和歌で読み解く・天皇と国民の歴史』(育鵬社
↓ 

 購入はコチラから↓↓↓↓

和歌で読み解く天皇と国民の歴史 (扶桑社BOOKS) 

は、大昔から現在までの、

天皇の国民観

国民の天皇

の変遷を知ることができる名著です。

日本の真実を知りたい方は、是非ご一読ください。

f:id:ekikyorongo:20210309194638p:plain

天皇家は後嵯峨帝からの系譜が現在に至っております

 

 

nichirendaihonin.hatenablog.com