日蓮正宗のススメ

法華講員のブログ

PVアクセスランキング にほんブログ村 日蓮正宗のススメ - にほんブログ村

本年も、ご愛読くださりありがとうございました。2021年もよろしくお願いいたします。

f:id:ekikyorongo:20201231131014j:plain

早いものですねぇ。

皆さま、今年もご愛読くださり、誠にありがとうございました。

来年も引き続きよろしくお願いいたします。

御命題が達成されたとのことですが、現状を見るにつけ心境は複雑です。

お寺によって事情が違うのが法華講

あくまでも、私の視点での考えということを御理解いただきながら、読者様各位の参考にしていただければ幸いです。

仏法やうやく顛倒しければ世間も又濁乱せり。仏法は体のごとし、世間はかげのごとし。体曲がれば影なゝめなり。(諸経と法華経と難易の事1469㌻)

現代において仏法とは、戒壇の大御本尊様のことであり、日蓮正宗門家のことであります。

私には、東日本大震災やコロナ禍は国難の入り口に過ぎないと思われてなりません。

四十九院申状

 駿河の国蒲原の庄四十九院の供僧等謹んで申す。

 寺務二位律師厳誉の為に日興並に日持承賢賢秀等所学の法華宗を以て外道大邪教と称し往古の住坊並に田畠を奪い取り寺内を追い出さしむる謂れ無き子細の事。

 右釈迦一代教の中には天台を以て宗匠と為す、如来五十年の間は法華を以て真実と為す、是れ則ち諸仏の本懐なり抑亦多宝の証誠なり、上一人より下万民に至るまで帰敬年旧り渇仰日に新なり。

 而るに厳誉の状に云く「四十九院の内日蓮が弟子等居住せしむるの由其の聞え有り、彼の党類仏法を学し乍ら外道の教に同じ正見を改めて邪義の旨に住せしむ以ての外の次第なり、大衆等評定せしめ寺内に住せしむべからざるの由の所に候なり」云云。

 茲に因つて日興等忽に年来の住坊を追い出され已に御祈祷便宜の学道を失う、法華の正義を以て外道の邪教と称するは何の経何れの論文ぞや、諸経多しと雖も未だ両眼に触れず法華の中に諸経を破るの文之有りと雖も諸経の裏に法華を破るの文全く之無し、所詮已今当の三説を以て教法の方便を破摧するは更に日蓮聖人の莠言に非ず皆是れ釈尊出世の金口なり。

 爰に真言及び諸宗の人師等大小乗の浅深を弁えず権実教の雑乱を知らず、或は勝を以て劣と称し或は権を以て実と号し意樹に任せて砂草を造る、仍て愚癡の輩短才の族経経顕然の正説を伺わず徒に師資相伝の口決を信じ秘密の法力を行ずと雖も真実の験証無し、天地之が為に妖蘗を示し国土之が為に災難多し、是れ併ら仏法の邪正を糺さず僧侶の賢愚を撰ばざる故なり、夫れ仏法は王法の崇尊に依つて威を増し王法は仏法の擁護に依つて長久す、正法を学ぶの僧を以て外道と称せらるるの条理豈然る可けんや外道か外道に非ざるか早く厳誉律師と召し合わせられ真偽を糺されんと欲す。

 且去る文応年中師匠日蓮聖人仏法の廃れたるを見未来の災を鑒み諸経の文を勘え一巻の書を造る立正安国論と号す、異国の来難果して以て符合し畢んぬ未萠を知るを聖と謂つ可きか、大覚世尊霊山虚空二処三会二門八年の間三重の秘法を説き窮むと雖も仏滅後二千二百二十余年の間月氏の迦葉阿難竜樹天親等の大論師漢土の天台妙楽日本の伝教大師等内には之を知ると雖も外に之を伝えず第三の秘法今に残す所なり、是偏に末法闘諍の始他国来難の刻一閻浮提の中の大合戦起らんの時国主此の法を用いて兵乱に勝つ可きの秘術なり、経文赫赫たり所説明明たり、彼れと云い此れと云い国の為世の為尤も尋ね聞し食さるべき者なり、仍て款状を勒して各言上件の如し。

          承 賢

          賢 秀

          日 持

          日 興

弘安元年三月  日