日蓮正宗のススメ

凡そ謗法とは謗仏謗僧なり。三宝一体なる故なり。

【RPE】★中国全土からの渡航禁止は【意味ないよ論】について

f:id:ekikyorongo:20200306134352j:plain

感染症から身を守りましょう

中国全土からの渡航禁止は【意味ないよ!】という説があります。

 

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


私は、ちょうど一か月前から、


「中国全土からの渡航を禁止してください」

「中国全土への渡航を禁止してください」


と書いています。

ロジックは簡単。

新型コロナウイルスは、中国の武漢で発生しました。

つまり感染ルートは、


武漢 → 中国全土 → 全世界


です。

今、日本、韓国、イタリア、イランなどで、感染者が爆発的に増加しています。

しかし、どの国にも、「中国から入ってきた」。

だから、中国全土からの渡航を禁止すれば、感染者の爆発的増加は、防げたはずなのです。

このことをしつこく書いていたら、「それはおかしい!」というメールを複数いただきました。

たくさんきたのですが、一通だけご紹介させていただきます。


【読者さんからのメールここから▼】


<北野先生

いつも楽しくロシア政治経済ジャーナルを拝読させていただいております。

さて、ロシア政治経済ジャーナルNo.2151について私見を述べさせてください。

北野先生は、安倍総理が中国全土の渡航禁止をしないことに「理解できない」とのことですが、科学的・統計学的には一律禁止にすることにあまり意味はありません。

詳細については、下記のブログをご覧ください。
 ↓
https://ameblo.jp/kazue-fgeewara/entry-12578284894.html

ブログの内容を要約しますと以下の通りです。


1、湖北省の感染確認者 

    1,000人に1人

2、その他の中国全土の感染者

   50,000人に1人

3、この1ヶ月で訪日した中国人から
 予想される感染者数

     0.125人/月

(中国発表数値はあてにならないので10倍にしても1人/月)

したがいまして、政府の渡航制限は適切であり、中国全土の渡航制限は余り意味がないということです。>

【読者さんからのメールここまで▲】


この読者さんのメールは、感情的でなく、悪意もなく、冷静で好感がもてます。

そして、皆さん、是非とも上のブログを読んでみてください。

メチャクチャ納得がいきませんか?

読んでみて、「その通りじゃないか!」と思いませんか?

では、本当に、「中国全土からの渡航制限は無意味」なのでしょうか?

2月2日時点で、中国全土からの入国を禁止、制限した国は?


アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピン、モンゴルなど。

ロシアも2月18日に中国からの入国を全面禁止しました。

ちなみにロシアはその前から、中ロ間の電車を止め、厳しい措置をとってきたのです。


次に、BBC3月2日の記事をみてください。

https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-51641257


これを見ると、新型コロナウイルスの感染者数を地図で見ることができます。

3月2日時点で、感染者数が1000人を超えているのは、韓国、イタリア、イラ
ンです。(日本も、すでに1000人を超えました。)


中国全土からの渡航を制限しなかった日本と韓国では、爆発的に感染者数が増えていますね。

ところで、2月2日時点で中国全土からの渡航を止めたモンゴルを見てください。

3月2日時点で、感染者がゼロです。

 

少し遅れて止めたロシアは?

3月2日時点で、1〜10人のカテゴリーに入っています。

 

同じく止めた、アメリカ、オーストラリは3月2日時点で、11〜100人のカテゴリー。

ニュージーランドは3月2日時点で、1〜10人のカテゴリーです。

シンガポールは、11〜100でしたが、今日3月5日「100人をこえた」とのニュースがありました。

フィリピンは、1〜10人のカテゴリー。


上にご紹介した「統計学」は、真に立派です。

しかし、BBCの感染者地図を見てみれば、「中国全土から渡航を禁止しなかった日韓は、ひどい状況」「中国全土からの渡航を禁止した国では、感染者が少ない」という傾向は、明らかではないでしょうか?


統計学」と「事実」が異なるとき、皆さん、どちらを信じるべきでしょうか?

私は、事実を信じます。

だって、事実ですから。

いくら統計学が美しくても、事実と乖離していたら、意味がありません。


中国全土からの渡航を禁止した国の感染者は少ない。

中国全土からの渡航を禁止しなかった国(日本、韓国、イタリア、イランなど)はひどい目にあっている。

これが事実です。

●PS1

北野の新刊が発売になりました。

アマゾン日本論で1位を記録。


●新日本人道

詳細は↓ 

あなたの人生に繁栄と長期の成功をもたらす本です。

北野自身の解説動画もごらんいただき、是非ゲットしてください。

https://www.youtube.com/watch?v=3QPmQOsA3Uk


●PS2

中国に「戦わずして勝つ方法」を知りたい方は、この2冊がお勧めです。

●米中覇権戦争の行方 (北野幸伯著)

詳細は↓ 

米中覇権戦争の行方

米中覇権戦争の行方

  • 作者:北野 幸伯
  • 発売日: 2019/09/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

北野本人による内容紹介動画はこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=LXHzsetajs4&t=2s


●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

詳細は↓ 

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

  • 作者:北野 幸伯
  • 発売日: 2017/12/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

感染症拡大と封鎖の引喩するものとは何か?ノーベル文学賞受賞作品が注目されています。

ペストとの闘いを描いた アルベールカミュの作品。

ペスト (新潮文庫)

ペスト (新潮文庫)

  • 作者:カミュ
  • 発売日: 1969/10/30
  • メディア: ペーパーバック
 
アルベール・カミュ『ペスト』 2018年6月 (100分 de 名著)
 

結核との闘病生活と第一次世界大戦勃発の状況を描いた、トーマス・マンの作品。 

魔の山(上) (新潮文庫)

魔の山(上) (新潮文庫)

 
魔の山 下 (新潮文庫 マ 1-3)

魔の山 下 (新潮文庫 マ 1-3)

 

感染症関連本はコチラ