日蓮正宗のススメ

凡そ謗法とは謗仏謗僧なり。三宝一体なる故なり。

習近平、電話一本で世界を滅ぼす(韓国紙)

f:id:ekikyorongo:20200518180912j:plain

世界で30万人が亡くなりました



韓国紙が、「習近平は電話一本で世界を滅ぼした」という記事を掲載しています。

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


新型コロナウイルス、16日の感染者数は、前日比で59人増えました。

一方で、この日の退院者数は、262人。

入院患者の数が、劇的に減少している。

うれしいことです。


一方、世界の感染者数は470万人を超えました。

死者は、31万5000人。


経済は、1929年からはじまった世界恐慌並のひどさ。

人々は、自問します。


「嗚呼、何でこんなことになったのだ・・・・」と。


答えはでません。

地震や台風の災害に慣れている日本人は、思います。


「誰もわるくない。新型コロナ禍は、ただ起こったのだ」と。

しかし、この答えで納得しない人たちも、たくさんいる。

たとえば韓国の中央日報は、「習近平がWHOにした電話一本が、世界を滅ぼした」
という話を掲載しています。

どういうことでしょうか?

 

▼世界を滅ぼした習近平の電話とは?

 

<世界を滅ぼした習近平主席の電話1本…WHOに「パンデミック宣言を遅らせてほしい」中央日報5/11(月) 8:15配信

米国と中国の間で新型コロナウイルス感染症責任論をめぐる攻防が続く中、中国の習近平国家主席が今年1月、世界保健機関(WHO)に新型コロナのパンデミック(大流行)宣言を遅らせてほしいと自ら要求したという疑惑がドイツメディアを通じて提起された。> 

ドイツといえば、「世界有数の親中国家」として知られています。

一体何が報じられているのでしょうか? 

<10日の英デイリーメールなどが独シュピーゲルを引用して報じた内容によると、シュピーゲル紙はドイツ連邦情報局(BND)の諜報文書を入手したという。この文書によると、習主席は1月21日、WHOのテドロス事務局長に電話をかけ、「コロナウイルスの人の間の伝染関連情報を統制し、パンデミックのような世界レベルの警告を延期してほしい」と要請したということだ。>(同上) 

これが、いわゆる「世界を滅ぼした電話」です。

結果、どうなったのでしょうか? 

<WHOが新型コロナパンデミックを宣言したのは3月11日であり、昨年12月31日に中国湖北省武漢市で「原因不明の肺炎」が発生したと明らかにしてから約70日後
だ。3月11日にはすでに世界110カ国で約12万人の感染者が出ている状況だった。>(同上) 

皆さん、3月11日のこと思い出せますか?

私はニュースを見て、「WHO、遅すぎ!」といい、となりにいた妻と「苦笑」したのを覚えています
RPEでは2月5日から「中国全土からの入国を制限してくれ!」と主張していました。

そして、読者の皆さんに、「官邸にメールしてください」と何度もお願いしました。
その後の日本を見ると、2月27日に総理の休校要請。

中国、韓国からの入国制限は3月9日から始まりました。
私たちは、「遅すぎる!」と憤っていました。
ところが、WHOのパンデミック宣言は、日本政府よりもさらに遅かった。

過去と比べても、遅すぎたそうです。
<2009年の新型インフルエンザの場合、74カ国で3万人の感染者が発生した時点でパンデミックを宣言したのと比較すると、今回の新型コロナのパンデミック宣言はか
なり遅いという批判の声が多い。>(同上) 

これは、習近平が、テドロスさんに電話して、「遅らせろ!」と要求したからなのですね。 

<BNDは文書を通じて「中国の隠蔽式情報政策で世界がコロナウイルスに対応できる時間を4−6週浪費した」と批判した。 一方、親中派として知られるテドロス事務局長は1月28日、習近平主席に会って中国の対応を称賛した。テドロス事務局長はその後も「中国が武漢を封鎖したことで危機を避けることができた」などと中国を擁護する発言を繰り返した。>(同上) 

危機、全然避けられてないですが・・・・。

それに、中国政府は春節の時、何百万の中国人が外国にでるのを止めなかった。

これが、全世界に感染が広がった理由と考えられます。
こう考えると、トランプさんの「中国が全部悪い説」には、かなり説得力がありそうです。

アメリカは賠償金を請求する意向を示しています。

世界中のかなりの国が、アメリカに追随する可能性もあるでしょう。
●PS1

極寒の時代・・・。

「どうやって生きていけばわからない・・・」という方は、こちらを参考になさってください。

●新日本人道

詳細は↓

あなたの人生に繁栄と長期の成功をもたらす本です。

そして、日本国の復活にも貢献できます。

北野自身の解説動画もごらんいただき、是非ゲットしてください。

https://www.youtube.com/watch?v=3QPmQOsA3Uk


●PS2

中国に「戦わずして勝つ方法」を知りたい方は、この2冊がお勧めです。


●米中覇権戦争の行方 (北野幸伯著)

詳細は↓ 

米中覇権戦争の行方

米中覇権戦争の行方

  • 作者:北野 幸伯
  • 発売日: 2019/09/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

北野本人による内容紹介動画はこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=LXHzsetajs4&t=2s


●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

詳細は↓ 

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

  • 作者:北野 幸伯
  • 発売日: 2017/12/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

管理者ポリ銀の意見

さて、これからの日本人が学ぶべき本は、実は荀子です。

孫子でも韓非子でもありません。

習近平荀子を教科書にして、中国を統治しているからです。中国共産党政権という名前に騙されてはいけません。

孫子韓非子は覇権を実現させるための思想です。

現在の中国のように、大帝国が完成してしまってからは苛烈に過ぎて、そのままの運用は百害あって一利なし。教法流布の先後の道理です。

荀子は大衆をアホとみなした上で、彼らを活動的なバカにしないように、動きを封じ込める思想を開陳しています。

性悪説というのは、人間性が悪い決めつける思想ではありません。

人間は自由に活動したい生き物だという思想です。

自由にしたいと言っても、大抵はアホ(宿業まみれの不幸製造機)ですから、上に立つ者はどうやって統治し、帝国を拡大していくかのみを考えるよう、教えています。

君子らしく振舞うのが君子である。

今の中国の外交を見れば一目瞭然でしょ。

自分たちがコロナをばらまいておきながら、マスクを援助提供して恩着せがましく振舞う。

いずれアメリカもロシアも中国に屈伏するでしょう。

ソ連に勝ちたいがために、アメリカは最もしたたかな敵を助命・育成したことになります。しかも、その時は今やロシアよりも強大になりました。


China - Hell March - the largest army in the world - FULL (Official)

中国の軍事パレードに比べれば、ロシアの軍事パレードは小規模です。


ロシア軍事パレードにソビエトマーチを被せたら似合いすぎた。

アメリカ軍はいつまでも世界最強ではありません。


米軍祝賀行進 (ストライカーstryker7輌) 平成28年度自衛隊記念日観閲式


観閲式アメリカ軍


陸自のフランス・パリの行進に、抜刀隊 陸軍分列行進曲を入れてみました。

日本は今も昔も気合だけですね。

 

荀子 上 (岩波文庫 青 208-1)

荀子 上 (岩波文庫 青 208-1)

  • 発売日: 1961/06/25
  • メディア: 文庫
 
荀子 下 (岩波文庫 青 208-2)

荀子 下 (岩波文庫 青 208-2)

  • 発売日: 1962/04/16
  • メディア: 文庫