日蓮正宗のススメ

法華講員のブログ

邪宗・邪師の利根と通力に踊らされない信心を

f:id:ekikyorongo:20190508230802j:plain

カリスマ性や演説能力は、宗教の正しさとは無関係です。

 『唱法華題目抄』に、
 「通力をもて智者愚者をばしるべからざるか。唯仏の遺言の如く、一向に権経を弘めて実経をつゐに弘めざる人師は、権経に宿習(しゅくじゅう)ありて実経に入らざらん者は、或は魔にたぼらかされて通を現ずるか。但し法門をもて邪正をたゞすべし。利根と通力とにはよるべからず。」(御書233)
と仰せであります。世の中には、普通の人とかけ離れた能力を保持し、人々の無知を巧みに操る利根と通力を具えた人がいます。「利根」とは、かしこい性質。利口。利発。特に仏教で、宗教的素質・能力がすぐれていることをいいます。「通力」とは、自由自在の超人間的で不思議な力。神通力をいいます。神通力とは、何事でもなし得る霊妙な力を意味します。
 日蓮大聖人は、邪正を正して利根と通力という超能力を兼ね備えた人には依るべからずと御指南であります。人々の眼を誑惑する現象が世の中には氾濫しています。勤行唱題を怠ることなく、邪師の利根と通力に迷わされない信心が成仏につながります。利根と通力を巧みに操る人は、人々が陥りやすい落とし穴を心得、更に利根と通力を磨き、影で日々研究熱心に努力をしているわけです。人の興味を引く技を錬るのであります。その裏には、利根と通力を巧みに使う人師の二乗根性である名聞名利と欲望的な要素が見え隠れします。
 邪宗の僧侶、そして超能力者や祈祷師、新興宗教の教祖や占い師など様々な姿で世の中に蔓延っています。他の仏教宗派を信仰する人は、邪宗の僧侶や教祖などの言葉巧みな利根と通力に操られ、正法に目覚める本心を失った状態であります。つまり邪宗の害毒におかされています。
 利根と通力に迷わされないようにするには、日蓮大聖人の教えに確信を持ち、利根と通力に踊らされている人を折伏することが大事です。御本尊様を唯一無二と信じ、御題目を唱え強い信心を貫くことです。
 信心していても邪師の利根と通力に踊らされる背景には、信心がまだ「不退」の位になっていないところがあります。唱題行を根本に強盛な信心を気持ちにつくることです。未だ日蓮正宗の信心に縁していない人も、信念やしっかりした目的観がなければ、邪師の利根と通力に左右されることがあります。利根と通力を使い、相手を上手く納得させてしまう巧みな話術には注意しましょう。
 世間的な邪師が用いる利根と通力よりも勝れた「神通力」を御本尊様を信じるところに得ることが出来ます。『如来寿量品第十六』に、
 「如来秘密 神通之力(如来の秘密神通の力)」(法華経429)
釈尊が説かれていますように、日々勤行唱題に精進するところに邪な利根と通力ではなく、御本尊様から最高の仏様の境界における、秘密の神通力を得ることが出来ます。勤行唱題を怠ることなく持続する人にしか感じることの出来ない、不思議な御本尊様から頂く神通力があります。
 この御本尊様から頂く「神通力」をもって折伏することで、成果に結び付けることが出来、更に自行において、生活を豊かにすることが可能です。毎日の勤行唱題に、凡眼凡智では計れない「神通力」が秘められております。

 

blog.goo.ne.jp