日蓮正宗のススメ

この世に生まれてきた意味を成し遂げるために

妻のトリセツ

f:id:ekikyorongo:20190113101115j:plain

夫婦関係は良好ですか?

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


今日は、世界情勢と全然関係ない話です。

アマゾン創業者で世界一の大富豪ジェフ・ベゾスさん、離婚だそうです。

 

<離婚で資産14兆円は妻と2等分? 米アマゾン創業者ベゾス氏

1/11(金) 16:43配信

【AFP=時事】米アマゾン・ドットコム(Amazon.com)創業者で世界一の富豪とされるジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)氏(54)と妻マッケンジー(MacKenzie Bezos)さん(48)が離婚を発表し、1360億ドル(約14兆7000億円)とも推定されるベゾス氏の莫大な資産の行方が注目されている。>

 

世界一の大富豪でも、家庭崩壊は防げなかったのですね。

トランプさんも、メラニアさんは3人目の奥さん。

プーチンさんも、離婚した。


金や権力が、「円満家庭」に結びつくわけではないようです。


さて、私は日本と日本国民が不幸な理由を、以下のように分析しています。


1、敗戦後、国民は会社を信じた

2、会社は、社員に二つの「現世利益」をもたらした

3、二つの現世利益とは、年功序列(年と共に地位も収入も上がる)、終身雇用(リストラしません)である

4、ところが、バブル崩壊後、会社は二つの現世利益を放棄し、リストラが日常化した

5、その結果、戦後日本を支えてきた「会社教」は崩壊した

6、日本国民は、信じていたものに裏切られて、アイデンティティークライシス陥った

7、現世利益をもたらさない「会社教」は死んでいる

8、日本には、新たな中心的価値が必要である

9、それは、「家族」である。

10、日本の改革は、「会社中心主義」から「家族大切主義」への移行をうながすものでなければならない


これだけ聞くと、なんだか「抽象的な理想論」に聞こえますね。

それで、徹底的な具体策を提案したのが、以下の本。

 

日本の生き筋ーー家族大切主義が日本を救う

日本の生き筋ーー家族大切主義が日本を救う

 

まだ発売1か月と10日ですが、浸透してきているようです。


「知りあいの議員に勧めておきました!」


とか


「友人の政治家に贈りました!」


とかいうメールを読者さんからいただいております。


「80年周期」で見ると、2019年は1939年に対応します。

つまり第2次大戦がはじまった年。

そういえば去年の後半「米中覇権戦争」が開始されました。


こんな感じで行くと、2025年頃には、「新たな世界秩序」が生まれてくることでしょう。


では、今の日本は何かというと、「古い価値観が崩壊過程にある」。


1950〜1990年まで日本に繁栄をもたらした会社教のダークサイドが表面化している。

会社教は、1990年から崩壊過程に入り、いまもそのプロセスがつづいている。

今起こっている諸問題。

たとえば、


・過労死、過労自殺

・家庭崩壊

・地方の衰退

・農村の荒廃

・過酷ないじめ

孤独死

・増える幼児虐待

少子化問題

・増える子供の生活習慣病

・未婚化、晩婚化

熟年離婚

 

これらは一見相互に関係ないように見えます。

しかし、分析してみると、「会社教で家族が分断され、崩壊させられたこと」が根本にあるのです。


2025〜2030年頃には、会社教が完全に死に絶え、日本は「家族大切主義」の時代に入っていくことでしょう。

いえ、そういう方向にもっていきたいのです。

もし「日本の生き筋〜家族大切主義が日本を救う」を読まれて「ホントにそのとおりだよな〜〜〜」と思われた方、どうか拡散にご協力ください。

 

▼妻のトリセツ

 

さて、「家族大切主義」の提唱者である私は、家族を大切にしているのでしょうか?

努力はしていますが、正直「まだまだだな」と思います。

「理想の夫」とは程遠く、「理想の親」になる方法もわかりません。

子育てについても、勉強中です。

夫婦仲については、いままで特に勉強したことはありませんでした。

しかし、最近面白い本を入手しました。 

妻のトリセツ (講談社+α新書)

妻のトリセツ (講談社+α新書)

 

これ、作家として、「見事なネーミングだ!」と感心します。

さらに帯を見ると、
「理不尽な妻との上手な付き合い方」

「取り扱い注意」

「家では絶対に読まないでください。」

とあり、「神田昌典先生がアドバイスされたかのようだ」と思います。


しかも書きだしをみると、


<「妻が怖い」という夫が増えている。>


なんという見事な本でしょうか。

私も、「えらそうに家族大切主義を主張するなら、とりあえず自分の家庭からはじめんといかんよな」と思い、この本を読み始めました。


メチャクチャ具体的で細かいです。

日本の家電を買うと、「取り扱い説明書」が分厚いですね。

そんな感じで、徹底的です。

たとえば、<妻と夫の永遠のテーマに「買い物問題」がある。>(75p)<多くの夫にとって、休日に妻と行く買い物は苦痛だという。>(同上)

 

そのとおり!

私は、妻と買い物に行くとき、新しい本を最低2冊もっていきます。

妻を待つ間に完読してしまうこともしばしば。

それで、「3冊に増やさねばなるまい」などと考えていた。

 

<なぜ妻は、冷蔵庫を買いに来たのに、目的地にまっすぐ行かずに、あちらこちら寄り道をするのか。これが夫にはさっぱりわからない。>(同上)

 

まさに。

この本は、


1、男から見て理解不能な女性の言動をあげる

2、なぜ女性がそのような言動をするのか、理由を解説する

3、そういう女性に、男性はどう対応したらいいのかを具体的に解説する


このステップが、次から次へと繰り返されます。

これを読んで、その如くやれば、夫婦関係は120%よくなるだろうなと確信しました。


とはいえ、一気にやるのはムリでしょうから、一つずつテーマを決めて習慣化していくのがいいのでしょう。


私もえらそうに家族大切主義を主張していますから、この本を繰り返し読んで、実践していこうと思いました。


皆さんは、きっと円満な夫婦関係を築いておられることでしょう。

しかし、「妻は、なんでああなんだろう???????」と疑問に思うことがあれば、 

妻のトリセツ (講談社+α新書)

妻のトリセツ (講談社+α新書)

 

をご一読ください。

たった800円+税で、家庭が救われるかもしれません。

 

 

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

 
日本の生き筋ーー家族大切主義が日本を救う

日本の生き筋ーー家族大切主義が日本を救う

 
ボロボロになった覇権国家(アメリカ)

ボロボロになった覇権国家(アメリカ)

 
中国・ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日―一極主義 vs 多極主義

中国・ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日―一極主義 vs 多極主義

 
隷属国家 日本の岐路―今度は中国の天領になるのか?

隷属国家 日本の岐路―今度は中国の天領になるのか?