エセー Les Essais

文人思想家のブログ

PVアクセスランキング にほんブログ村 日蓮正宗のススメ - にほんブログ村

オーストラリア軍が中国海軍をせん滅する日

f:id:ekikyorongo:20210921151528p:plain

日本のそうりゅう型潜水艦は強いぜ~

全世界の裏RPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。

 

@軍事費5.5倍の中国に勝つ方法は、地政学が教えてくれます。


●日本の地政学  北野幸伯

詳細は↓

 

 

 

では、本題。


最近世界情勢で話題になっているのは、「AUKUS」(オーカス)のことです。

これは、9月15日に発表された、アメリカ、イギリス、オーストラリアによる、「新しい安全保障の枠組み」のこと。

オーカス、よくみると、


A=オーストラリア、

UK=イギリス、

US=アメリ


であることがわかります。

そして、具体的には、アメリカとイギリスが、オーストラリアの原子力潜水艦建造を支援するのです。

現代ビジネス9月18日。

 

<インド太平洋の中堅国オーストラリア(豪州)が米英両国の支援を受けて、原子力潜水艦(原潜)を8隻建造し、保有することになった。実現すれば、核兵器保有する米、英、中国、ロシア、フランス、インドに次ぐ7番目の原潜保有国となり、核兵器保有しない国としては世界初だ。>


www.youtube.com

オーストラリアは2016年、フランスから潜水艦を買う契約を結びました。

ところが、オーストラリアはこの契約を反故にする。

それで、今フランスと、アメリカ、イギリス、オーストラリアの関係が悪化しているのです。


それはともかく、「オーストラリアが原子力潜水艦をもつこと」で、大いに困る国があります。そう、中国です。

「そうかなあ?」と思うでしょう。


原子力潜水艦というのは、私たちが普通に思うより、大きな戦力になり得る。

これをいっているのは、私ではなく、「世界一の戦略家」エドワード・ルトワックさんです。

ルトワックさんは、最新刊


ラストエンペラー習近平 ルトワック

詳細は↓

 

 

 

の中で、「原子力潜水艦」や「潜水艦」の重要性について語っています。

いくつか抜粋してみましょう。

 

<ここではひとつだけ重要な事実を指摘したい。国防総省のいう「世界一の海軍」とは艦船の数などを指しているが、アメリカの攻撃型原子力潜水艦がたった3隻あれば、台湾海峡のすべての中国艦船を撃沈できるということだ。>(62p)

 

オーストラリアが8隻の原子力潜水艦保有するようになれば、オーストラリア軍も、台湾海峡のすべての中国艦船を撃沈できるということでしょう。


そして、ルトワックさんは、ものすごい話をしています。

 

<現在の海軍の艦船の分類を見ると、フリゲート艦から巡洋艦輸送艦強襲揚陸艦など、実に様々な分け方ができるが、本当の分類としてはたった二つしかない。それは、潜水艦と潜水艦の標的(ターゲット)だ。この標的のサイズは小さかったり大きかったりするのだが、標的であることに変わりはない。現代における水上艦とは、本当の「戦闘」という意味で考えれば、運転したらすぐに爆発する車のような存在だ。>(130P)

 

ルトワックさんにいわせれば、「中国の世界一の海軍」は「ただのターゲットに過ぎず、役にたたない」ということですね。


ちなみにルトワックさんにいわせると、日本の自衛隊でも、中国海軍をせん滅することができるそうです。

 


<そこに待ち構えているのが潜水艦だ。米軍の原潜だけではない。日本の海上自衛隊保有する12隻のそうりゅう型潜水艦は、きわめて静かで隠密(おんみつ)性が高い。この12隻で、人民解放軍の艦船を100隻ほど沈められるだろう。>(133p)というわけで、

 

アメリカ、イギリス、オーストラリアが、「AUKUS」という安全保障の枠組みをつくった。


・米英は、オーストラリアが原潜を8隻つくれるよう、協力する。

 

このことは、中国にとって「大いなる脅威」であることがわかるでしょう。


そして、日本の安全保障にとっては、「大変ありがたいこと」といえるのです。


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

ちなみにルトワックさんの


ラストエンペラー習近平 ルトワック

詳細は↓

 

 

 

面白すぎです。


たとえば、


・日本は、台湾有事の際、具体的にどうすればいいのか?


・台湾が、人民解放軍に勝利する具体的方法!


など、驚くべき話が満載です。


迷うことなくご一読ください。


●PS1

@中国は、「日本には【沖縄】の領有権はない!」と宣言しています。

しかもこの国は、GDP日本の3倍、軍事費日本の5.5倍なのです。

どうすれば、日本は中国に勝てるのでしょうか?

確実な方法、この本を読めばすべてわかります。

●日本の地政学

詳細は↓

 

 

 

●PS2 プーチンロスチャイルドの真実

https://mailzou.com/get.php?R=110500&M=22753

(【注意!】レポートを入手するためには、メルマガ2誌に登録する必要があります。しかし、いつでも簡単に解除できますので、心配しないでください。)


●PS3

幸い、北野のツイッターは、閉鎖されていません。

フォローしていただけるとうれしいです。


https://twitter.com/powergame_ki

●PS4

北野YouTubeチャンネルでは、表裏メルマガにないネタが満載です。

チャンネル登録、よろしくお願いします。

https://www.youtube.com/channel/UCmZhCyNWdRuqcIBc47GwhYg

 

 

=======================================================


メールマガジン「【裏】ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C)RPE JournalAll Rights Reserved. 358

 

=====================================================