日蓮正宗のススメ

凡そ謗法とは謗仏謗僧なり。三宝一体なる故なり。

なぜ習近平国賓に反対する声をあげるべきなのか

f:id:ekikyorongo:20191216205040j:plain

中国共産党にささげるジョーク

 

【生活の改善】
習近平(シー・チンピン)が中国人民の生活の実態を知ろうと、変装して街の視察に出た。

習近平は公園のベンチに座っていた一人の老人に話しかけた。

「最近の暮らし向きはいかがですか?」

「ええ、とてもよくなっています」

習近平はうれしくなって、さらに聞いた。

「例えばどのように?」

老人は答えた。

「以前は小さくて汚い木造の小屋に住んでいたのですが、今ではキレイな高級マンションで暮らしています。食事も昔はトウモロコシばかりでしたが、今では肉や魚を好きなだけ食べることができます」

習近平は心の中で歓喜した。

(素晴らしい! 私の政策がうまくいっている証拠だ。人々の生活は間違いなく向上している。本当によかった!)

老人は笑いながら続けた。

「本当にうれしい限りですよ。娘が共産党の党員と結婚できるなんて」

みなさん、こんにちは

和田憲治です。

自民党には失望しました。
そして、私は本気で習近平国賓に反対します。

ちょっとだけ長いですが、
がまんして読んでください。

習近平は現代のヒットラー

11月16日のニューヨーク・タイムズで、中国共産党中共)のイスラム教徒ウイグル人への弾圧政策を400ページ以上にわたる内部文書レポート記事でてきました。
収容所での100万人規模の弾圧、虐殺、洗脳のジェノサイドの実態です。

詳しくは弊社のインターネット放送アメリカ通信で解説しています。
そこで見てほしいのですが、注目すべきは、国家主席である習近平自らが「絶対に容赦するな」と直接弾圧の指示をだしている点です。

--------
Youtube動画
|衝撃スクープ!北京のウイグル弾圧指令書が流出!(1)
|これでも安倍首相は習近平国賓として迎えるのか!?
https://youtu.be/C4gwMIX9zLY

|衝撃スクープ!北京のウイグル弾圧指令書が流出!(2)
|それでも沈黙を通す日本のリベラルメディアって…
ウイグルより、香港より「桜を見る会」か...
https://youtu.be/sbwSiBcko0w
--------

中共政府は最初はフェイクニュースだとこれを否定していましたが、レポートがあまりにも詳細であったために、弾圧手順の追加の情報もでる恐れからか、中共政府はウイグル人への教育を行っているとしつつも弾圧を徐々に追認しつつある状態です。

-------------
Youtube動画
ウイグル弾圧、開き直る北京に世界は?
|「軍事力に基盤を持たない政治的理想に、生きる価値はない!」

|という国際政治の現実が...
https://youtu.be/z_wCpS2TeGM
-------------

2019年の今年、私は三度も香港民主化の取材に行ってきました。

11月13日に香港保安局が発表した統計によると、6月のデモ以来、9月までの4ヶ月間で、自殺案件は256件、2,537件の死因不明の遺体が発見されています。
民主化デモの事件の弾圧の規模を世界にできるだけ鎮静しているかのように発表したい
香港保安局の数字を真に受けていても、原因不明の死体が日々平均で21体もあるのです。

■現在は米中戦争の序盤戦

番組で解説してきました。
現在は米中戦争への序盤戦です。

--------
Youtube動画再生リスト
|潮目が変わった!米国内で成立した反中コンセンサス
https://www.youtube.com/playlist?list=PLiOVjCMLiDzlWtFiJvKc12AWwiSjTs8Y6
--------

米国は香港人権法案、さらにウイグル人権法案を議会で
通過させ中共にプレッシャーを与えています。
アメリカは中共を徐々に締め上げていくでしょう。

アメリカはかつてイラクサダム・フセインシーア派住民大量虐殺における、人道に対する裁き処刑しました。

米中戦争の最終局面での「習近平民族浄化の悪魔ではないか」と世界に問いかけることくらい想像つきます。

事実、国家元首による指示で組織的、国家的な人種弾圧はナチス・ドイツを彷彿とさせ、「習近平は現代のヒットラー」といえるでしょう。

■日本のプロパガンダ敗北

日本は第二次大戦での戦中も敗戦後も、日独伊三国軍事同盟がアダとなりました。
アメリカはソ連と組んでいたくせに、自由主義独裁国家の戦いとプロパガンダしました。
イタリアやドイツが独裁国家だったから、日本も独裁国家だったかのようなイメージを
国際社会で植え付けられました。
さらに、ナチス・ドイツユダヤ人への人種差別どころか、大虐殺をやっていたので悪の権化と言えばナチス以上の言葉はありません。
ナチスを連想させる旗や仕草や軍服すらも現在でも多くの国が禁止し、敬遠状態です。

そんな中、一時期、日本がナチス・ドイツと同等の扱いとされていました。
そして、現代のプロパガンダ戦でも日本をナチス・ドイツのように扱いたい国家や組織があります。
おなじみ韓国や朝日新聞です。

慰安婦を性奴隷強制連行などの、朝日新聞フェイクニュースによって、性犯罪国家のイメージを日本に内外から浴びせてきます。
近年ではさらに、「日本の旭日旗ナチスの旗」かのようなプロパガンダもしかけられています。

日独が軍事同盟のみであったという点と、私は、ヒットラー昭和天皇が握手している
写真がないのが救いだとすら思っています。
これがあれば現在も韓国から歴史認識で、その写真を都合よく使われていたことでしょう。さて、私がなにを言いたいかわかってきたでしょう。

天皇陛下プロパガンダに使わせるな

すでに習近平と握手を交わした
国家主席はたくさんいますが、国賓待遇として来日する現代のヒットラー習近平天皇陛下と盃を交わしている姿など、そんな映像を決して世界に流してはいけないと思っているのです。

米中戦争でアメリカが勝てば、馬鹿な待遇をしたことになります。
米中戦争終了後に、韓国と朝日新聞が存在するのかはわかりませんが、私は民族浄化習近平帝国主義に皇室が加わったとプロパガンダに利用されることを心から恐れます。
安倍政権はこんなリスクをとろうとしているし、自民党員は右にならえです。

■日本はアメリカ一択しかない

日本は米国側につき、中国と対峙すべきであり、さらに、こうなった今、現代のヒットラー国賓待遇している場合ではないのです。

一帯一路やAIIBはもっての他ですが、さらに、中国と日本がこれ以上、ビジネスでも深い関係になることも避けるべきです。
中国との貿易低下による経済不況以上の、負の資産を残すことになるでしょう。

いや、米中戦争で中国が勝つかもしれないって?
その場合もあるから、日本は中国側についておくべきだって?

アホか。

中国が米国に勝ったそのあと日本は、チベットウイグル、香港のように、民族浄化や弾圧の対象になるだけではないか。

日本はアメリカ一択しかないのです。
アメリカ一択しかないのに、天皇陛下中共との融和策の切り札にするな!

以上が私が習近平国賓に反対する理由です。

( 和田 憲治 )

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

習近平の敗北 - 紅い帝国・中国の危機 -

習近平の敗北 - 紅い帝国・中国の危機 -

 
独裁の中国現代史 毛沢東から習近平まで (文春新書)

独裁の中国現代史 毛沢東から習近平まで (文春新書)

 
習近平の中国――百年の夢と現実 (岩波新書)

習近平の中国――百年の夢と現実 (岩波新書)

  • 作者:林 望
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2017/05/20
  • メディア: 新書
 
宿命 習近平闘争秘史 (文春文庫)

宿命 習近平闘争秘史 (文春文庫)

 
覇権・監視国家──世界は「習近平中国」の崩壊を望んでいる (WAC BUNKO 316)

覇権・監視国家──世界は「習近平中国」の崩壊を望んでいる (WAC BUNKO 316)

  • 作者:河添 恵子
  • 出版社/メーカー: ワック
  • 発売日: 2019/12/21
  • メディア: 新書
 
2020年「習近平」の終焉

2020年「習近平」の終焉

  • 作者:日高 義樹
  • 出版社/メーカー: 悟空出版
  • 発売日: 2019/02/20
  • メディア: 単行本
 
習近平帝国の暗号 2035

習近平帝国の暗号 2035

 
習近平と米中衝突 「中華帝国」2021年の野望 NHK出版新書

習近平と米中衝突 「中華帝国」2021年の野望 NHK出版新書

 
習近平はかく語りき-中国国家主席珠玉のスピーチ集

習近平はかく語りき-中国国家主席珠玉のスピーチ集

 
習近平がゾンビ中国経済にトドメを刺す時

習近平がゾンビ中国経済にトドメを刺す時

  • 作者:石平,渡邉 哲也
  • 出版社/メーカー: ビジネス社
  • 発売日: 2019/05/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
丹羽宇一郎 習近平の大問題: 不毛な議論は終わった。

丹羽宇一郎 習近平の大問題: 不毛な議論は終わった。

 
~2021年「世界経済リスク」入門

~2021年「世界経済リスク」入門

  • 作者:渡邉哲也
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2019/12/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
八九六四 「天安門事件」は再び起きるか (角川書店単行本)

八九六四 「天安門事件」は再び起きるか (角川書店単行本)

 
中国人民解放軍 「習近平軍事改革」の実像と限界 (PHP新書)

中国人民解放軍 「習近平軍事改革」の実像と限界 (PHP新書)