日蓮正宗のススメ

万民一同に南無妙法蓮華経と唱え奉らば吹く風枝をならさず雨壤を砕かず

異流儀の人々へ:法華経の戒めを知ろう

 

f:id:ekikyorongo:20190707162610p:plain

自己満足の正義は修羅道への一本道

是の経典を受持せん者を見て、其の過悪を出さん。若しは実にもあれ、若しは不実にもあれ、此の人は現世に白癩の病を得ん。若し之を軽笑すること有らん者は、当に世世に、牙歯疎欠、醜脣平鼻、手脚繚戻し、眼目角睞に、身体臭穢にして、悪瘡膿血、水腹短気、諸の悪重病あるべし。(法華経 606)

妙法蓮華経普賢菩薩勧発品第二十八の経文である。

御書には、

又八の巻に云く「若し復是の経典を受持する者を見て其の過悪を出さん若は実にもあれ若は不実にもあれ此の人は現世に白癩の病を得ん若し之を軽笑すること有らん者は当に世世に牙歯疎欠・醜き脣・平める鼻・手脚繚戻し眼目角睞に身体臭穢にして悪瘡・膿血・水腹・短気諸の悪重病あるべし」文(十法界明因果抄)

に大聖人様の御引用がある。

心に響くのは、「若しは実にもあれ、若しは不実にもあれ」 であろうか。

退転者の御宗門への誹謗は枚挙にいとまがない。

もっともらしく聞こえる批難中傷も多い。

しかし、「若しは実にもあれ、若しは不実にもあれ」である。

大衆の増上慢が肥大した民主主義礼賛の時代。

「実にもあれ」の誡めは納得できないだろうか?

異流儀は皆、己が正義を鼓吹する。

正義はよいが、戒壇の大御本尊様から離れてしまっては、成仏得道はありえないことを亡失してしまっているのではないだろうか?

問うて云く然らば汝云何ぞ釈迦を以て本尊とせずして法華経の題目を本尊とするや、答う上に挙ぐるところの経釈を見給へ私の義にはあらず釈尊と天台とは法華経を本尊と定め給へり、末代今の日蓮も仏と天台との如く法華経を以て本尊とするなり、其の故は法華経釈尊の父母・諸仏の眼目なり釈迦・大日総じて十方の諸仏は法華経より出生し給へり故に今能生を以て本尊とするなり、問う其証拠如何、答う普賢経に云く「此の大乗経典は諸仏の宝蔵なり十方三世の諸仏の眼目なり三世の諸の如来を出生する種なり」等云云、又云く「此の方等経は是れ諸仏の眼なり諸仏は是に因つて五眼を具することを得たまえり仏の三種の身は方等より生ず是れ大法印にして涅槃海を印す此くの如き海中より能く三種の仏の清浄の身を生ず此の三種の身は人天の福田応供の中の最なり」等云云、此等の経文仏は所生・法華経は能生・仏は身なり法華経は神なり、然れば則ち木像画像の開眼供養は唯法華経にかぎるべし而るに今木画の二像をまうけて大日仏眼の印と真言とを以て開眼供養をなすはもとも逆なり。(本尊問答抄)

 観心本尊抄文段 上    

                      富山大石寺二十六世 日寛 謹んで記す


 れ当抄に明かす所の観心の本尊とは、一代諸経の中にはただ法華経法華経二十八品の中にはただ本門寿量品、本門寿量品の中には但文底もんてい深秘しんぴの大法にして本地ほんちゆいみつの正法なり。

 此の本尊ににんありほうあり。人はいわく、久遠元くおんがんじょ境智冥合きょうちみょうごう自受用じじゅゆうほうしん。法は謂く、久遠名字みょうじの本地難思なんしの境智の妙法なり。法にそくしてこれ人、人に即してこれ法、人法の名はことなれども、そのたいつねに一なり。その体は一なりといえども、しかも人法宛然おんねんなり。まさに知るべし、当抄は人即法の本尊の御抄なるのみ。

これすなわち諸仏諸経の能生のうしょうの根源にして、諸仏諸経のしゅせらるる処なり。

故に十方じっぽう三世さんぜごうしゃの諸仏の功徳、十方三世の微塵みじんの経々の功徳、皆ことごとくこの文底下種の本尊に帰せざるなし。たとえば百千枝葉しよう同じく一根におもむくが如し。

故にこの本尊の功徳、無量無辺にして広大深遠の妙用みょうゆうあり。故にしばらくもこの本尊を信じて南無妙法蓮華経と唱うれば、則ち祈りとしてかなわざるなく、罪として滅せざるなく、福としてきたらざるなく、理としてあらわれざるなきなり。みょうらく所謂いわゆる正境しょうきょうに縁すれば功徳くどくなお多し」とはこれなり。これ則ち蓮祖出世の本懐ほんかい、本門三大秘法の随一、末法下種の正体、行人ぎょうにんしょしゅう明鏡みょうきょうなり。

仏を生み出す根源の御本尊様を捨てて、何の正義が存在するのやら。

自分勝手な正義に囚われて、他人の落ち度や過ちの追及に嬉々として何の意味があるのだろうか?

他人の非を顕かにしたところで、自分の功徳にはなりはしない。

ここに気付くかどうかが人生の別れ道である。

 

平成新編 日蓮大聖人御書(大石寺)

平成新編 日蓮大聖人御書(大石寺)

 
日寛上人御書文段

日寛上人御書文段

 
六巻抄

六巻抄

 

 

新編妙法蓮華經并開結

新編妙法蓮華經并開結