日蓮正宗のススメ

万民一同に南無妙法蓮華経と唱え奉らば吹く風枝をならさず雨壤を砕かず

人生を楽しくする秘訣は少欲知足

f:id:ekikyorongo:20190703234540j:plain

山吹色のお菓子などいかがでしょうか?

 「欲」は次から次へと心の中に生まれるものです。この「欲」は扱いを間違えると人生を大きく踏み外します。「欲」は自分自身の気分を満たすために生まれ、「欲」があるからこそ私達は生きることが出来ます。私達が住んでいるところは「欲界(よっかい)」です。欲望が渦巻き、成仏の妨げとなる働きが頻繁に発生するところです。この「欲」の正しい扱い方法が信心です。
 「欲」によって人生を踏み外し、不幸な一生を送ることのないよう仏様が、大慈大悲の上から仏法を残されたのであります。
 「少欲知足」とは、少しの欲で満足を知ることです。度が過ぎた欲望を、満足させようとしますと、心のブレーキが効かなくなります。この心のブレーキが効かなくなると人生を断線し、不幸な現実を経験することになります。
 「少欲知足」は心のブレーキです。日蓮正宗を信心することで心のブレーキ「少欲知足」が出来上がります。「少欲知足」は成仏を目指す上で大事な要素であり、己心の魔や師子身中の虫を取り除くものです。
 「少欲知足」を身に付けると、第六天の魔王にも紛動されなくなります。第六天の魔王は、人の心に生まれる欲望を巧みに利用する能力に長けています。つまり利根と通力を操ります。そのために他化自在天(たけじざいてん)と別名呼ぶのであります。他人の欲望を自由自在に化する天界の衆生です。天界から上に行かせないようにするのです。つまり成仏させないように働くのが第六天の魔王で、第六天の魔王に翻弄されないようにする方法が「少欲知足」です。第六天の魔王として有名な人物が創価学会池田大作です。「少欲知足」の精神を失った姿を世の中に露顕する悪知識です。
 「欲」は、周りに縁する人によって紛動される確率が高いです。この縁するものに対し、どのような対応をするかが大事です。「欲」を満たそうとして突き進みがちですが、耐え忍ぶことが必要です。つまり我慢することであり、「忍辱」です。耐え忍ぶことで「少欲知足」が出来上がり、忍耐力が身に付くのであります。御本尊様に御題目を唱える行によって完成されます。
 釈尊が説かれた法華経の『普賢菩薩勧発品第二十八』に、
 「是の人は心意質直にして、正憶念有り、福徳力有らん。是の人は三毒に悩まされじ。亦嫉妬、我慢、邪慢、増上慢に悩まされじ。是の人は少欲知足にして、能く普賢の行を修せん」(法華経605)
と示されています。意味を説明すると、「少欲知足」を信心で身に付けることにより、三毒の貪瞋癡に悩まされず、嫉妬や我慢、邪慢、増上慢に悩まされることが無くなるのであります。「少欲知足」の秘訣が信心ですが、具体的に心意である私達の気持ちを、質直という正直に素直に気持ちを持てば、正しい心が生まれ、そこに福徳が御本尊様の力によって、私達の心に具わるのであります。それが法華経に説かれる釈尊の仰せです。
 故に「少欲知足」とは節約や無駄を省く生活のことです。節約や無駄を省くところに出来る、金銭的な余裕や心のゆとりに楽しさを感じ、満足することが「少欲知足」であります。そこに満足すれば人生を踏み外すことはなくなります。
 即身成仏を目指す大事な修行、勤行唱題では「少欲知足」を心がけ精進することです。心に生まれる「欲」を正しくコントロールし、欲望に翻弄されない人格を作り上げる秘訣が「少欲知足」であります。

人生を楽しくする秘訣は少欲知足 - 正林寺法華講員手引書 

ポケット菜根譚 (chi chi POCKET CLASSICS SERIES)

ポケット菜根譚 (chi chi POCKET CLASSICS SERIES)

 
[決定版]菜根譚

[決定版]菜根譚

 
菜根譚 (岩波文庫)

菜根譚 (岩波文庫)

 
逆境に負けない力をつける! こども菜根譚

逆境に負けない力をつける! こども菜根譚

 
菜根譚 (講談社学術文庫)

菜根譚 (講談社学術文庫)

 
とらわれない。ゆるがない 人生を豊かにする「菜根譚」の言葉

とらわれない。ゆるがない 人生を豊かにする「菜根譚」の言葉

 
中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚

中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚

 
菜根譚―中国の処世訓 (中公新書)

菜根譚―中国の処世訓 (中公新書)

 
座右版 菜根譚

座右版 菜根譚

 
世界最高の処世術 菜根譚

世界最高の処世術 菜根譚

 
イラスト図解 生きるのが劇的にラクになる菜根譚の教え

イラスト図解 生きるのが劇的にラクになる菜根譚の教え

 
日めくり菜根譚 ([実用品])

日めくり菜根譚 ([実用品])

 
世俗の価値を超えて―菜根譚 (鉄筆文庫)

世俗の価値を超えて―菜根譚 (鉄筆文庫)