エセー Les Essais

文人思想家のブログ

PVアクセスランキング にほんブログ村 日蓮正宗のススメ - にほんブログ村

自民党総裁選【真の注目点】は?

f:id:ekikyorongo:20210919195114p:plain

太郎ちゃんか早苗ちゃんか?まさか。。。

全世界の裏RPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


大変ごぶさたしております。

新講座制作でまったく時間がとれず、配信が滞ってしまいました。

申し訳ありません。

 

ところで、今、ロシアでは、下院選挙が行われています。

なんと、3日間投票できるのです。

でも、ロシアの選挙は、「儀式」みたいなものです。

最初から、与党「統一ロシアが勝つこと」わかっているのですから。


一方、日本には「真の民主主義がある」と感心します。

自民党の総裁選でも、誰が勝つのか、あらかじめわからない。


ところで、自民党の総裁選 = 次の首相を決める選挙。


一般的には、「コロナ対策が一番の争点」といわれています。


私は別の意見です。

一番の注目点は、「次の総理になる人物が、米中どちらにつくのか?」です。


皆さんご存知のように、2018年から米中覇権戦争が起こっています。

シーパワー超大国アメリカは、現代のイギリスです。

ランドパワー超大国中国は、現代のナチス・ドイツです。


結局勝つのは、アメリカですね。

 

@この結論に納得できない方は、いますぐ私の新刊


●日本の地政学  北野幸伯
詳細は↓

 

 

をご一読ください。
全部わかります。

 

だから、日本は、はっきりアメリカ側につく必要があります。


では、総裁候補の対米観、対中観はどうなのでしょうか?

まず、不出馬を決めた石破さん。

この方は、自虐史観の持ち主で、とても親中なので、「不出馬でありがとう」です。


野田さん。

この方は、「南シナ海問題は、日本と関係ない」という旨の発言をしています。

親米なのか親中なのかよくわからず、「あまり外交には感心ないのかな」と思えます。

 


河野さん。

河野さんは、ワシントンのジョージタウン大学を卒業しています。

英語がペラペラで、「日本もファイブアイズに入れてくれ」といっている。

アメリカから見ると、「もっとも望ましい候補」なのでしょう。

 


岸田さんはどうでしょうか?

2012年から2017年まで長期にわたって外相と務めた岸田さん。

実は、海外ではかなり名を知られた方です。

この方は、「アメリカも中国もどちらも重視」という感じ。

岸田さん自身、何事に関しても極端なことをいわず、中道的な人柄」です。

そのせいで、「わかりにくい」感じです。

 


高市さんはどうでしょうか?

この方は、ものすごく保守派の人です。

そして、「インフレ率が2%になるまで財政出動をつづける」と宣言されている。

保守の方、緊縮財政反対の方から、人気が高い。


高市さんは、「ウイグル問題で中国を非難すべきだ」という姿勢にも好感が持てます。

しかし、問題があります。


バイデンさんが「リベラルだ」ということ。

安倍さんは2013年12月、靖国に参拝しました。

これを熱心に止めたのが、当時副大統領だったバイデンさんです。

ところが安倍さんは、バイデンさんの警告を無視して、靖国を参拝した。

バイデンさんは、激怒したと伝えられています。


高市さんは、「靖国参拝」を明言していますし、実際勝てば参拝することでしょう。

テレビは、「中国などからの反発が予想されます」などといいますが、一番の問題は、アメリカのリベラルが騒ぐことです。

バイデンさんは、米中覇権戦争を戦っている。

だから、非難するにしても、控え目かもしれません。

しかし、アメリカのリベラルメディアは、国の「大戦略」とか関係ないので、遠慮なく、高市さんの靖国参拝を叩くでしょう。

日米の関係が悪化して、得をするのは、中国です。


というわけで、外交面だけをみるのなら、河野さん、岸田さん、高市さんの順番かなと思います。


ちなみに、2番目の注目点は、「コロナ禍を克服するために、大規模な景気対策をするか」です。

そうなると、「する」と明言されているのが、高市さん、岸田さん。


高市さん、岸田さん、河野さん


の順番になります。

だから悩ましいですね。

いずれにしても、3人のうち誰が勝っても、今よりマシになるでしょう。

菅さんは、親中の二階派竹下派、親米の細田派、麻生派 から支持され、挟まれ、身動きとれない状態でした。

今回は、おそらく二階さんの影響が排除され、よりよい方向にむかっていくことでしょう。


●PS1

@中国は、「日本には【沖縄】の領有権はない!」と宣言
しています。

しかもこの国は、GDP日本の3倍、軍事費日本の5.5倍なの
です。

どうすれば、日本は中国に勝てるのでしょうか?

確実な方法、この本を読めばすべてわかります。

●日本の地政学

詳細は↓

 

 

 

●PS2 プーチンロスチャイルドの真実

https://mailzou.com/get.php?R=110500&M=22753

(【注意!】
レポートを入手するためには、メルマガ2誌に登録する必
要があります。
しかし、いつでも簡単に解除できますので、心配しないで
ください。)


●PS3

幸い、北野のツイッターは、閉鎖されていません。

フォローしていただけるとうれしいです。


https://twitter.com/powergame_ki

●PS4

北野YouTubeチャンネルでは、表裏メルマガに
ないネタが満載です。

チャンネル登録、よろしくお願いします。

https://www.youtube.com/channel/UCmZhCyNWdRuqcIBc47GwhYg

 

 

=======================================================


メールマガジン「【裏】ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C)RPE JournalAll Rights Reserved. 358