日蓮正宗のススメ

法華講員のブログ

なぜ、ブログを書き続けるのか

f:id:ekikyorongo:20200823204925j:plain

隠遁まではできませんが

100分de名著の「徒然草」を視たんですが。

冒頭の有名な部分が心に刺さりました。

原文

つれづれなるままに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

現代語訳(口語訳)

することもなく手持ちぶさたなのにまかせて、一日中、硯に向かって、心の中に浮かんでは消えていくとりとめもないことを、あてもなく書きつけていると、(思わず熱中して)異常なほど、狂ったような気持ちになるものだ。

「あやしうこそものぐるほしけれ。 」皆さんもご記憶の方が多いでしょう。

というか、徒然草ってここしか記憶にございませんでした。

でも、やはり、ここが肝なんです。

エッセイ。随筆。随想。。。

日記とは違う。

筆が先が想いが先か。

書きながら想い、想いながら書く。

これは夢中になるほど楽しいんですよ。

なかなかやめられません。

全ての文章が価値的であるとも言い切れません。

でも、書く。

書き禅定なんです。

歩き禅定・読み禅定。

禅定にもいろいろありますが、もっぱら私は書き禅定。

つれづれなるままに、日暮らし、パソコンにむかひて、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。