エセー Les Essais

文人思想家のブログ

PVアクセスランキング にほんブログ村 日蓮正宗のススメ - にほんブログ村

1118夜:イスラム国の自爆テロに想うこと

f:id:ekikyorongo:20210828185028p:plain

イスラム国ってまだあるのね

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp

タリバンイスラム国、アルカイダ…門外漢にはその違いもわかりません。
押し寄せる避難希望者に、銃撃を浴びせる者。
銃撃戦の隙を突いて、自爆テロ犯が近づいてくる。
防ぎようがないよね。
報復攻撃でアメリカは無人機により、テロの計画者を1名殺害したとの報道も。
それぞれの思惑が交錯し、事態は泥沼化するのだろうか?

今日のテーマはイデオロギー
聞きなれない言葉かもしれないが。
狭く言えば、~主義って日本語になるのがそれ。
人間ていうのは、言い得て妙のネーミングで、自分というものは周囲の他者との関係性で成り立っている生き物。
逆に言うなら、生まれてこの方、一度も人と接触していない者は人間ではないんだ。
どんなに自分勝手で自己中心的な人でも、周りのコミュニティと知識や思想を共有しているんだ。
自分を取り巻く知識コミュニティから、自分の好みにあう思想や宗教を借用して、自分の意見を持っているのだと錯覚しているのが、人間存在の哀しさでもある。
知識コミュニティの意見が、少数のグループ内で、特定のテーマについてのみ共有されている場合は、単なる社会集団といえよう。
問題なのが、グループの意見が人生観・死生観・世界観など、人間の多岐に渡る活動の基盤として、広範囲を網羅し包み込んでしまうようになったとき、それはイデオロギーと名を変える。
イデオロギーには教義(ドグマ)が存在し、教義に身を委ね、洗脳されてしまえば、その人のその後の人生はろくなものじゃなくなる。
自分が共感してしまうような、居心地の良さを感じてしまうようなイデオロギーがある時は、本当に要注意だ。

イデオロギーであるかどうか、それを見究める術はあるのだろうか?
答えはイエス
以下の3つに該当すれば、それは間違いなく、あなたを虜にし奴隷化させるイデオロギーだ。

  1. あらゆる事柄に対する説明が用意されている
  2. 反論の余地がない
  3. 不明瞭さ

世界に存在する宗教は皆、この要件を満たしてしまっている。
宗教のイデオロギーを特に教義(ドグマ)と呼ぶのもこのためで、宗教の教義はイデオロギーをさらに一歩、先鋭化の方向に推し進めたものだといえよう。
イデオロギーの代表は、マルクス主義
不平等や格差の撤廃を理想とする、社会哲学理論だ。
設計主義的合理主義と呼ぶのが、その本質を言い表した名称だろう。
日本でも多くの人が心酔し、理屈をこねまわす鼻持ちならない若者を量産した。
少しでも富の集中が進めば、資本主義の根源悪が顕在化したと観、少しでも格差が是正されたら、階級のない社会への一歩と称賛する。
共産党の言動を見ていればよくわかることだ。
全てのことを知ったかぶりして、自信満々に語る。
言葉の上っ面だけに絞れば、彼らの言うことに反論の余地はない。
昔、彼らを揶揄する言葉に「なんでも反対党」ってのがあった。
しかし、いくら待っても決定的な解決策の提示はできないのだ。

3番目の不明瞭さとはなにか。
神学者の言葉に「神とはこの世のものでもあの世のものでもあり、絶対的で相対的な、超越的で内在的な、すべてを包含しつつすべてを支配する、真実在である。ものごとの中心にも、人類史の中心にも、世界の中心にも神は存在している。」というのがある。
神の完璧さをもののみごとに言い表しているけど、抽象的過ぎて何を言っているのかは、全く分からない。
これは、以前にお話した抽象化のプロセスで、捨象化に決定的な誤りがあるときに作られる言説である。
捨象については詳しく論じたので、以下の記事を参考にして欲しい。 

nichirendaihonin.hatenablog.com

もし、相手の言っていることがイデオロギーかどうか疑わしいと思ったら、その人に次のような質問を投げかけてみよう。
妄信者の鏡と名付けたい。
「あなたの世界観(思想・宗教・メンター)を手放さなくてはならないのは、どんな出来事に遭遇したときですか?」
相手が沈黙してしまったり、答えが返ってこない時は、その人は何かを盲信している証拠であるのです。
なぜって?
死んでも手放せないと思っているからです。
自爆テロをする人と同じだと分かりますよね。
今日の記事は、Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法から引用したものです。
すごくためになる上に、分かりやすい言葉で書かれていますので、是非、手に取って見てください。 

 


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com