日蓮正宗のススメ

法華講員の千夜一夜随想録

PVアクセスランキング にほんブログ村 日蓮正宗のススメ - にほんブログ村

1012夜:自分の使命を果たしたいという願い

孔子の言葉で「五十にして天命を知る」とあります。

論語』の中に「子曰(のたま)わく、吾十有五(じゅうゆうご)にして学に志し、三十にして立ち、四十にして惑わず、五十にして天命を知る、六十にして耳従(したが)う、七十にして心の欲する所に従いて矩(のり)を踰(こ)えず。」とあります。 

論語』の口語訳によると、「先生がいわれた。わたしは15歳で学問に志し(志学 しがく)、30になって独立した立場を持ち(而立 じりつ)、40になってあれこれと迷わず(不惑 ふわく)、50になって天命をわきまえ(知名 ちめい)、60になってひとのことばがすなおに聞かれ(耳順 じじゅん)、70になると思うままにふるまって道をはずれないようになった(従心 じゅうしん)。」となっています。

f:id:ekikyorongo:20210408110222j:plain

孔子様は賢人ですからね

来年、50歳になる私には、天命がどこにあるのかさっぱりわかりません。

40になってあれこれと迷わず(不惑 ふわく)と言いますが、38歳の時に顕正会を辞めて日蓮正宗に戻ってきた私には、迷いっぱなしの40代でした。

それでも、40歳を前に古巣(私は破門前の創価2世です)に、生きて還ってこれたわけですから、不惑はかろうじて達成できたのかしらね。

天命、自分がこの世に生まれてきた因縁は、宿命通のない私には見通しの効かない話です。

しかし、日蓮正宗信徒にはありがたいことに、大聖人様の常住此説法(じょうじゅうしせっぽう)「常(つね)に此処(ここ)に住(じゅう)して法(ほう)をとく」を聴くことができます。

無論、その後に、「我常住於此(がじょうじゅうおし) 以諸神通力(いしょじんづうりき) 令顛倒衆生(りょうてんどうしゅじょう) 雖近而不見(すいごんにふけん)」と続きます。自我偈ですから聞き覚えがあると思います。

「我(わ)れ常(つね)に此(ここ)に住(じゅう)すれども、諸(もろもろ)の神通力(じんづうりき)を以(もっ)て、顛倒(てんどう)の衆生(しゅじょう)をして、近(ちか)しといえども而(しか)も見(みえ)ざらしむ」と読みます。

本当は、目の前に仏様の姿があるのですが、神通力で見えないようになっているということです。

その理由は。。。と続いていくのですが、要するに直接会話はできませんよってこと。

ですから、私は、四座の時に「僕の使命を果たさせてください」と御祈念しております。

当に知るべし、心に本尊を信ずれば、本尊即ち我が心にみ、仏界即九界の本因妙なり。口に妙法を唱うれば、我が身即ち本尊に染み、九界即仏界の本果妙なり。境智既に冥合す、しきしん何ぞ別ならんや。十界・百界千如せんにょ・一念三千・事行の南無妙法蓮華経是れなり。(法華取要抄文段)

日寛上人様が御指南下されているように、戒壇の大御本尊様を信じ御題目を唱えながら、大聖人様の声を聴く努力をしております。

そして、このブログを書き続けているのです。

仏法(日蓮正宗)を弘めること。

それ以外に使命はないと思って。

 

平成新編 日蓮大聖人御書(大石寺)

平成新編 日蓮大聖人御書(大石寺)

  • 発売日: 2018/10/13
  • メディア: 単行本
 

 

 

日寛上人御書文段

日寛上人御書文段