エセー Les Essais

文人思想家のブログ

PVアクセスランキング にほんブログ村 日蓮正宗のススメ - にほんブログ村

あなたの悩み、エピクテトス先生に聞いてみよう。5

 


【16分解説】人生の授業|奴隷の哲学者エピクテトス ~辛い、苦しい、生きづらい。こんな世界を「よく生きる」には?~ 著:荻野 弘之

前回は、権内にあるものと権外にあるものの区別が大事だという話をしました。自分でコントロールできることとコントロールできないことの見極めだね。豊かだろうが貧しかろうが、環境に恵まれていようが恵まれていなかろうが、我々がすべきことは、まずもってこの見極めであると。

じつは我々の悩みの多くは、この区別ができないことからくるんじゃないかというのがエピクテトスの診断。なにもしないで最初から諦めちゃったり、はたまた、自分にはどうしようもないことでいつまでもクヨクヨしたり。そうした状況から抜け出すためにも、権内と権外の区別が重要になってくる、というわけだ。でも、この区別が大事であることには、じつはもっと積極的な理由があるとエピクテトスは言っている。

それは、両者を適切に区別できている状態こそ、人間にとってもっとも幸福な状態であり、我々が目指すべき最善の状態だから、というもの。ここでエピクテトスが「幸福」と呼ぶのは、古典ギリシャ語で「アタラクシア」と呼ばれる概念。「タラッソー」という動詞があって、これは「悩む」とか「かき乱す」といった意味。それに否定の接頭辞「ア」がつくと、「悩みのない状態」「かき乱されない状態」となる。日本語にすると、心の「平静」「静穏」「不動」といった感じだろうか。

人生の最大の目的は幸福にある、と。混乱と恐怖のなかにおいてもなお、というか、そうであればなおさら、心安らかに誇りをもって生きていくための指針が必要になる。それを教えてくれる点こそエピクテトス哲学の魅力だよね。そうでなければ我々は容易に身をもちくずしてしまうだろうから。

エピクテトス 人生談義 (上) (岩波文庫)

エピクテトス 人生談義 (上) (岩波文庫)

  • 発売日: 2020/12/17
  • メディア: 文庫
 
エピクテトス 人生談義 (下) (岩波文庫 青 608-2)

エピクテトス 人生談義 (下) (岩波文庫 青 608-2)

  • 発売日: 2021/02/18
  • メディア: 文庫
 

たとえば、何かの拍子にちょっとした成功を手に入れたとして、まわりからチヤホヤされるうちに自分の力量を過大評価するようになり、いざというときにメッキが剥がれて一気に転落、とか。思わず調子に乗って権外のことまで権内にあるものと勘違いするパターンかな。よく聞く話だね。

俺自身、耳が痛すぎる話。

裏返せば、たとえ仕事や人間関係で失敗したとしても、それは運が悪かっただけなのかもしれない、という可能性も考えられる。権内のことについて確信があれば、権外の事情による失敗をやりすごしやすくなるかもしれない。

野球選手の松井秀喜は「打てないボールは、打たなくていい」という言葉を残しているね。レヴェルの高いバッターは、打撃スキルもさることながら、選球眼もいい。打てそうにないボールは潔く諦める。そして打てるボールに集中する、と。

 時代や場所によって、また人によって、境遇の苛酷さの程度や種類はさまざまに異なると思うけど、やるべきことは同じだよね。自らコントロールできることを十全にコントロールしながら、コントロールできないことにいちいち煩わされることのないような状態、これを目指すこと。

エピクテトスは、君にできることは何かを考えなさい、そしてそれを存分にやりなさい! それ以外のことには悩む必要なし! 君のせいじゃない! と言ってくれている。最初に「みんなが首を切られたらいいと思うのか?」というエピクテトスの回答を聞いたときには、なんて冷たいんだろうと思ったかもしれない。でも、エピクテトスの真意を知れば、最初に感じられたある種の酷薄さが、むしろ独特の解放感に変わってくるよね。

じゃあ、我々が自分でなんとかできるもの、つまり権内にあるものとは何だろう? そして、権内にあるものと権外にあるものとは、どのように区別できるんだろう?次のテーマはそれだね。読者のみなさんもいろんな疑問が浮かんでいるかもしれない。さらに具体的に検討しながら考えていこう。

f:id:ekikyorongo:20210224203621j:plain

何悩んでんの?

最後まで読んでくれてありがとう。

本じゃ物足りねえって人は、相談に乗るよ。

俺でよかったら。

porigin@yahoo.co.jp

にメールを送ってくれ。

忙しい身だけど、暇が出来て、気が向いたら返事するかも。