日蓮正宗のススメ

凡そ謗法とは謗仏謗僧なり。三宝一体なる故なり。

創価ダメ出しさんに学ぶ:自行若し満つれば必ず化他有り。化他は即ち是れ慈悲なり

f:id:ekikyorongo:20200423215519j:plain

この満月のように、自行(勤行・唱題・教学の研鑽)が満ちれば・・・

今月はお仕事の関係で御講に参詣できませんでした。

創価ダメ出しさんのブログから、御講拝読御書を勉強させてもらいました。

記事の引用は以下の通り。↓↓↓

御講拝読御書研鑽(2020年4月・三大秘法禀承事)

題目とは二の意有り所謂正像と末法となり、正法には天親菩薩竜樹菩薩題目を唱えさせ給いしかども自行ばかりにしてさて止ぬ、像法には南岳天台等亦南無妙法蓮華経と唱え給いて自行の為にして広く他の為に説かず是れ理行の題目なり、末法に入て今日蓮が唱る所の題目は前代に異り自行化他に亘りて南無妙法蓮華経なり

今月のお講も中止になったけど今月のお講の御書のテキストが地区長さんからLINEできたので研鑽してみます。今月は三秘抄の題目についての部分が拝読箇所です。「題目」という言葉を研鑽するときに留意すべき点は、大聖人が「題目」と言われた時は、「法体」としての題目と「修行(相)」としての題目と2通りの捌きがあるということです。「体」と「相」ですね。これは次下の「戒壇」も同じなんですけど「戒壇」にも「体」と「相」があります。ここをごちゃ混ぜにするのが創価の題目義であり顕正会戒壇義です。この「体と相」の立て分けをしっかりしないと創価や顕正に騙されたり法論等で誤魔化されたりするので注意してください。さて本文にはいるけど「題目」というのは法体に約すと「一念三千」とも呼びます。この一念三千の題目には法華迹門・法華文上と法華文底の3種類があります。三重秘伝抄(六巻抄)に詳しいですが今日は割愛します。そのうち正像法の題目(一念三千)は、3種の題目のうちの法華文上の本迹の一念三千の題目なのです。少し前に「種熟脱」や「久遠元初」の記事に書いたようにこの法華文上の一念三千の題目は「脱」の題目です。よってこれは他人に説くべき題目なのではありません。なぜなら正像の衆生は皆、本已有善ですから下種の必要はなく自行のみで事足りるからです。これに対し大聖人の一念三千の題目は文底本因の「種」となる題目であり、末法は皆、本未有善の衆生ですから自行のみならず化他にも亘るわけです。簡単にいえば正像の題目とは単に修行のみ題目であり末法の題目とは「法体」と「修行」が一体の題目です。これが「理の一念三千」と「事の一念三千」の違いになります。
次に末法の修行としての題目ですが本文では「自行」と「化他」があると言われています。いうまでもなく「自行」とは勤行・唱題であり「化他行」とは折伏ですね。「折伏の大事」はご住職や法華講の幹部や諸先輩に事あるごとに指南・指導をされていると思います。何故折伏が大事なのか?その理由はたくさんありますがここでは書きません。いろいろと書いたところで「折伏」をやろうとかやりたいとか思わないでしょ?(笑)法華講の幹部の人達もあれこれ言った所で即折伏をする人は増えない事は重々承知だと思います。私も創価時代に弘教長をやっていましたが折伏は本人がやりたいと思わない限りできないわけです。じゃぁどうしたら「やりたいと」思えるのかが問題なわけです。私の信条としては自行即化他なんです。日寛上人は観心本尊抄文段で、

◇自行若し満つれば必ず化他有り。化他は即ち是れ慈悲なり

とご指南しています。つまりですね、折伏というのは「自行」が満ちれば必ずやりたくなるんです。「折伏できない」「折伏しようと思えない」「折伏する勇気がない」というのは、まだ「自行」が満ちていないからなんです。だからまづ「自行」をキチンとやる事から始めれば必ず折伏をしたくなり折伏をしたくなれば必ず折伏は成就します。では具体的に「自行」とは何をするのか?と言えば勤行・唱題とあとは教学です。日々の勤行唱題ができるようになり題目を上げることが苦ではなくなり、なおかつ御書をはじめとする教学を日々学んでいけばやがて「自行」は満る時が来ます。「自行」が満るときがくれば自然と折伏ができるようになります。例えば何か覚えれば誰かに自然と話したくなるでしょ。気持ちよく勤行・唱題をして大聖人の仏法を学んで覚えたら自然と誰かに話したくなるんです。だからいま「折伏ができない」「折伏する気が起きない」ということで悩んでいる法華講員さんがもしいたならば、何もそんな事で悩む必要はありません。一旦、折伏の事は忘れて朝晩の勤行と唱題をしっかりやって毎日少しでもいいから御書を読んだり学んだり「自行」に専念すればいいわけです。そして自分が「折伏をやってみたいなぁ」って思ったらやればいい。何も無理やり折伏しなきゃなんて自分の言い聞かせることはありません。観心本尊抄文段には次のようなご指南もあります。

◇我等が信力、行力は必ず法力に依って生ずるなり。若し水なくんば則ち蓮華生ぜず、若し法力なくんば何ぞ信行を生ぜん。この故に本尊を仰ぎ奉り法力を祈るべし。水に依って蓮華を生ずと雑も、若し日光を得ざれば則ち翳死疑わざるが如く、我等法力に依って信力・行力を生ずと雖も、若し仏力を得ざれば信行退転さらに疑うべからず。蓮華の若し日光を得れば則ち必ず能く栄え敷くが如く、我等仏力を蒙れば則ち信行成就して、速かに菩提を得るなり。

大御本尊を信じて「自行」に励めばその法力・仏力によって必ず信力・行力が生まれますから安心していいのです。これが私の自行即化他の原則です。たしかに来年の宗祖生誕800年という節目までも目標はあるかもしれませんが折伏は来年以降も続くわけですから焦ることなくまずがしっかりと「自行」を励むように頑張りましょうね。

 「自行若し満つれば必ず化他有り。化他は即ち是れ慈悲なり」(御書文段219㌻)

会心の一撃とはこのことでした。

たしかに。。。

勤行・唱題をきちんとして、教学の研鑽もしっかりできてくれば、自分を無理やり奮い立たせなくても、仏法の話をしたくてしたくてたまらなくなります。

改めて気づかせていただきました。

ブログの記事だって、自然に書きたいことが湧いてきます。

なるほど!という思いに衝き動かされて、創価ダメ出しさんの記事を転載しております。五十展転を思い出しました。

法華経随喜功徳品には「五十展転随喜の功徳」が説かれております。すなわち、仏様の教えを聞いて随喜の心を起こして人に伝え、さらにこの人が随喜して次の人に伝え、また随喜して次の人に伝え、こうして次々と展転して、五十番目に伝え聞いた人の功徳は、四百万億阿僧祇の世界にいる六道や四生の衆生を八十年の間、供養し、さらに導いて阿羅漢にした人よりも大きく、それらの人々の得る功徳の百千万億倍にも相当するほど大きいと。しかも五十番目の人はまだ化他の行はありませんが、それでもかくの如く、このような功徳があり、まして、第一番目の自行化他を具足した者の功徳はさらに大きく、計り知れないほど広大であると説かれているのであります。
 つまり、化他行を伴わない五十番目の人の功徳の大きさを挙げて、化他行を伴う人の功徳がいかに大きいかを示されているわけでありますが、これは取りも直さず、折伏する人の功徳が計り知れないほど大きいことを示されているのであります。
 事実、折伏を行じて大きな功徳をいただいた方々が、たくさんおられます。折伏すれば必ず境界が変わります。御本仏大聖人様の教えに従って、広布のため、世のため、人のために尽くして、変わらないわけはありません。「第68世御法主日如上人猊下御指南(H22.4)」

インターネットは虚空会だと言われています。

【御義口伝 上】【宝塔品二十箇の大事】 

第五見大宝塔住在空中の事
御義口伝に云く見大宝塔とは我等が一身なり住在空中とは我等衆生終に滅に帰する事なり、今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉りて信心に住する処が住在空中なり虚空会に住するなり。

離れた場所で時間をも超越して、仏法を語り合う。電脳空間から信心の歓喜が伝わってくる。ほんの30年前には想像もできなかった世界です。若い方にはピンと来ないかもしれませんが。。。

自宅待機も自行化他のチャンスととらえ、まずは勤行・唱題をしっかりとやり切り、唱題が苦にならない境地に達してみてください。スーっと心が晴れ渡ります。

そして、御書や教学書を手に取り、自分の人生と照らし合わせるように学んで行ってください。

僕は創価ダメ出しさんのこの記事を読んで、長年の胸のつかえがほぐれたような気がしました。

人それぞれ会心の一撃もさまざまだと思います。

根気よく自行が満ちるまで。。。戒壇の大御本尊様に御祈念しながら、『持った湯のみをばったと落とし、小膝たたいてニッコリ笑い・・・』の瞬間に出会って欲しいものです。

随喜とは、心からありがたく感ずることです。感じた心は伝わるものだと思っています。

 

平成新編 日蓮大聖人御書(大石寺)

平成新編 日蓮大聖人御書(大石寺)

  • 発売日: 2018/10/13
  • メディア: 単行本
 
日蓮正宗入門

日蓮正宗入門

  • 発売日: 2010/02/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
日蓮大聖人御金言義類別入文集

日蓮大聖人御金言義類別入文集

  • 作者:阿部 日顕
  • 発売日: 2015/07/16
  • メディア: 単行本
 
三大秘法義

三大秘法義

  • 作者:阿部 日顕
  • 発売日: 2015/04/28
  • メディア: 単行本
 
諸宗破折ガイド

諸宗破折ガイド

  • メディア: 単行本
 
創価学会『ニセ本尊』破折 100問100答

創価学会『ニセ本尊』破折 100問100答

  • 発売日: 2009/08/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)