日蓮正宗のススメ

万民一同に南無妙法蓮華経と唱え奉らば吹く風枝をならさず雨壤を砕かず

創価の生まれ変わり来たる時:兵奴の果報ならん~秋季彼岸法要にて塔婆供養を勧めるものなり

 帝王は国家を基として天下を治め人臣は田園を領して世上を保つ、而るに他方の賊来つて其の国を侵逼し自界叛逆して其の地を掠領せば豈驚かざらんや豈騒がざらんや、国を失い家を滅せば何れの所にか世を遁れん汝須く一身の安堵を思わば先ず四表の静謐を禱らん者か、就中人の世に在るや各後生を恐る、是を以て或は邪教を信じ或は謗法を貴ぶ各是非に迷うことを悪むと雖も而も猶仏法に帰することを哀しむ、何ぞ同じく信心の力を以て妄りに邪義の詞を宗めんや、若し執心飜らず亦曲意猶存せば早く有為の郷を辞して必ず無間の獄に堕ちなん、所以は何ん、大集経に云く「若し国王有つて無量世に於て施戒慧を修すとも我が法の滅せんを見て捨てて擁護せずんば是くの如く種ゆる所の無量の善根悉く皆滅失し、乃至其の王久しからずして当に重病に遇い寿終の後大地獄に生ずべし・王の如く夫人・太子・大臣・城主・柱師・郡主・宰官も亦復是くの如くならん」と。
 仁王経に云く「人仏教を壊らば復た孝子無く六親不和にして天竜も祐けず疾疫悪鬼日に来つて侵害し災怪首尾し連禍縦横し死して地獄・餓鬼・畜生に入らん、若し出て人と為らば兵奴の果報ならん、響の如く影の如く人の夜書くに火は滅すれども字は存するが如く、三界の果報も亦復是くの如し」と。
 法華経の第二に云く「若し人信ぜずして此の経を毀謗せば乃至其の人命終して阿鼻獄に入らん」と、同第七の巻不軽品に云く「千劫阿鼻地獄に於て大苦悩を受く」と、涅槃経に云く「善友を遠離し正法を聞かず悪法に住せば是の因縁の故に沈没して阿鼻地獄に在つて、受くる所の身形・縦横八万四千由延ならん」と。
 広く衆経を披きたるに専ら謗法を重んず、悲いかな皆正法の門を出でて深く邪法の獄に入る、愚なるかな各悪教の綱に懸つて鎮に謗教の網に纒る、此の朦霧の迷彼の盛焰の底に沈む豈愁えざらんや豈苦まざらんや、汝早く信仰の寸心を改めて速に実乗の一善に帰せよ、然れば則ち三界は皆仏国なり仏国其れ衰んや十方は悉く宝土なり宝土何ぞ壊れんや、国に衰微無く土に破壊無んば身は是れ安全・心は是れ禅定ならん、此の詞此の言信ず可く崇む可し。(立正安国論

f:id:ekikyorongo:20190920213923j:plain

塔婆供養の功徳は、「蜘蛛の糸」のように無慈悲ではありません

現代日本のターニングポイントは、1990年11月16日であった。

池田大作の慢心と、池田大作の宗門への怨嫉が、衆目・衆耳に触れた日である。

あれから29年。

あの日まで、創価学会員は日蓮正宗の葬儀で葬送されていた。

当人の信心の厚薄にかかわらず、如説修行の人として戒名を頂戴し、閻魔の裁きを免除され、法華経の大船に重き宿業の身をゆだね、悠々と三途の川を乗り切ることが出来たのであった。

しかし、あの日から友人葬・同志葬なるものに取って代わられ、無間地獄に堕ちていくことになる。

29年の間に無間地獄に堕ちた創価学会員の数たるや数十万か?数百万か?

平和国家として70年を過ごしてきた我が国に、再び戦禍の影が忍び寄る。

兵奴の果報を受けるべき人々の再誕が起きている証拠であろう。

妙信講(顕正会)・正信会によって堕獄した人々も同様の果報のために、この国に悪縁をもたらす魔民として再誕しているであろう。

人の地に依りて倒れたる者の返つて地をおさへて起が如し、地獄には堕つれども疾く浮んで仏になるなり、当世の人・何となくとも法華経に背く失に依りて地獄に堕ちん事疑なき故に、とてもかくても法華経を強いて説き聞かすべし、信ぜん人は仏になるべし謗ぜん者は毒鼓の縁となつて仏になるべきなり、何にとしても仏の種は法華経より外になきなり、権教をもつて仏になる由だにあらば、なにしにか仏は強いて法華経を説いて謗ずるも信ずるも利益あるべしと説き我不愛身命とは仰せらるべきや、よくよく此等を道心ましまさん人は御心得あるべきなり。(法華初心成仏抄)

「人の地に依りて倒れたる者の返つて地をおさへて起が如し、地獄には堕つれども疾く浮んで仏になるなり」の御金言の如く、必ず仏法によって彼の者達を救うことが出来る。

創価・顕正から法華講に戻って来た者の為すべきことは、塔婆供養によって、彼の者達の因縁を変えてやることであろう。

どうか、自分の先祖・同志の物故者には俗名でよいから、塔婆建立を願い出て欲しい。

秋の彼岸法要にて塔婆を建立し、仏法に背いて死んでいった創価・顕正・正信の異流儀の者たちを救おうではないか。

 

nichirendaihonin.hatenablog.com

nichirendaihonin.hatenablog.com

nichirendaihonin.hatenablog.com

nichirendaihonin.hatenablog.com

nichirendaihonin.hatenablog.com

nichirendaihonin.hatenablog.com

 

 

日蓮正宗の冠婚葬祭 (すぐわかるよくわかる)

日蓮正宗の冠婚葬祭 (すぐわかるよくわかる)

 
日蓮正宗入門

日蓮正宗入門

 
勤行―その仕方と観念文の意義 (信心修行の基本)

勤行―その仕方と観念文の意義 (信心修行の基本)

 
日蓮正宗の年中行事―法華講員の基礎知識

日蓮正宗の年中行事―法華講員の基礎知識

 
信心の原点―法華講員の基礎知識〈上〉

信心の原点―法華講員の基礎知識〈上〉

 
法華講員の心得

法華講員の心得

 
信心の原点―法華講員の基礎知識〈下〉

信心の原点―法華講員の基礎知識〈下〉

 
信仰の寸心を改めて―改宗して本当に良かった! (法華講員体験シリーズ 4)