日蓮正宗のススメ

万民一同に南無妙法蓮華経と唱え奉らば吹く風枝をならさず雨壤を砕かず

心の汚れを落とす方法

f:id:ekikyorongo:20190908171121j:plain

そこに行くだけで心が晴れ晴れとする場所があるのです

 心に汚れがたまると、私達は判断力が劣り、人生を大きく断線することがあります。その人生の脱線を止めることが信心です。信心をすることで、御本尊様から非常に有り難い、「六根清浄」といわれる浄化された命を頂くことが出来ます。この浄化された命で濁悪世と言われる、末法時代を生きるところに、明るい人生があるわけです。
 心の汚れを落とす方法は、日蓮正宗の信心で大事な朝夕の勤行唱題です。心の汚れとは、煩悩である心を煩わす悩み迷い、三惑という心の惑いがあります。勤行唱題をすることで心の汚れを洗い流すことが出来ます。具体的な方法は心を静め、御本尊様と同じ、禅定の気持ちになることで、頑固な心の汚れを洗い流します。御経と御題目を唱えることで自然と洗い流され、六根清浄の功徳を御本尊様から頂いていきます。
 注意することは、三毒といわれる貪瞋癡に汚染されないよう、勤行唱題では常に誡めていきます。この三毒を止めることで、禅定を得やすくし、御本尊様からの有り難い智慧を涌現しやすくします。三毒に翻弄されていては、心の汚れを洗い流すことが出来ません。まず、気持ちを冷静にさせることです。気持ちをリラックスさせ、人生にマイナスとなる出来事は一切考えないことです。
 御本尊様に勤行唱題をすることで、根強い頑固な汚れ、元品の無明も払拭させることが出来ます。この汚れは日蓮正宗を信心しなければ洗い流すことが出来ません。無明が法性という悟りの智慧に変化します。信心を知らない多くの人は、元品の無明の取り扱い方法に迷うため、末法濁悪の荒波に揉まれ、路頭に迷うのです。その結果、悲惨な現実を目の当たりにし、絶望感に襲われるのです。勤行唱題は、この現実を止める唯一の働きがあります。そして私達は、折伏をして心の汚れを落とす方法を施していくわけです。
 根強い心の汚れには、多くのものがあります。人生を落胆させる出来事など、世代ごとに異なり、努力と信念だけでは叶わなかった、現実の厳しさを経験したとき、汚れが心に根強く付くのであります。忘れようとしても、忘れられずに脳裏にフラッシュバックが起こり、過去の現実を再現させ、最悪な場合、毒気深入し本心を失っていきます。
 具体的な心の汚れとは、高校や大学受験、就職試験の失敗や恋愛が実らなかった失恋、家族間や仕事に於けるところの人間関係の難しさに、根強い汚れがあります。そして生きる希望を消失させ、悲観的に現実世界を見るようになります。元品の無明が至るところに存在します。
 勤行唱題では、元品の無明の存在を明らかに見つめ、失い欠けた希望を蘇らせるのです。歓喜を御本尊様の御利益で呼び起こし、生命力を活発にさせます。常にプラス思考を心がけ、歓喜という歓びを失うような事柄は、一切考えないことです。
 以上が心に汚れをためない心構えです。不安は消え、自信に満ちた気持ちを維持することが出来ます。未来に希望を持ち、悲観的にならないことが大事です。未来に希望を持つための智慧を得る場所が、日蓮正宗の寺院です。 
 謗法まみれの世間で染み付いた、心の汚れを洗い流す、尊い所が寺院です。
寺院の御本尊様に御題目を唱えることで、心の汚れを全て洗い流せます。

心の汚れを落とす方法 - 正林寺法華講員手引書

 

富士の法統

富士の法統

 
諸宗破折ガイド

諸宗破折ガイド

 
日蓮正宗入門

日蓮正宗入門

 
三大秘法義

三大秘法義

 
法華講員の心得

法華講員の心得

 
六巻抄

六巻抄

 
勤行―その仕方と観念文の意義 (信心修行の基本)

勤行―その仕方と観念文の意義 (信心修行の基本)