日蓮正宗のススメ

万民一同に南無妙法蓮華経と唱え奉らば吹く風枝をならさず雨壤を砕かず

我が家の愚息が、地方上級職員(行政職)に内定したことについて

f:id:ekikyorongo:20190824130712j:plain

難関試験の合格おめでとう!

地方国立大学に通っている息子ですが、無事に県庁から内定をいただきました。

私らの世代(団塊ジュニア)と違って、応募人数も少なくなっているようですが、難関試験であることには変わりはないようです。

f:id:ekikyorongo:20190824131112j:plain

公務員が学生の人気No.1ということは、国が衰退している証拠?

私の就職活動時代は、まさに就職氷河期真っただ中でして・・。

とりあえず、内定くれるところに・・とか。

案内資料請求ハガキを送っても、薄っぺらい紙きれ一枚のが来たりとか・・。

今の人手不足の時代とは全く事情が異なっていましたが・・。

私は顕正会の魔の通力なのか、信徒資格喪失前だったので福運が残っていたのか、早々に地元の地銀に内定をもらい、意気揚々としていましたっけ。その後は職業を転々とすることになってしまいましたが・・。

f:id:ekikyorongo:20190824131912j:plain

夏の日の1993・・・就職事情は氷河期でした

自分の周りの学生は、地方上級に囚われた人々は、2浪・3浪してもなかなか合格できず、警察官や刑務官などの不浄役人になった人も多かったですね。

学校の先生も団塊世代が40代だったこともあって、地方の教育委員会から出される求人は、科目によってはゼロだったり。

人手不足の時代が来るなんて、夢の世界のようです。

私の息子の巡り合わせのよさがうらやましいけども・・・。

息子には安穏な公務員人生が待っていてくれるといいな・・・、そんな、親バカな気持ちが隠せません。

私は日蓮正宗信徒ですし、息子も信心修行をしていますので、県庁採用は信心のおかげだと素直に感謝しています。

しかし、まあ、いつものことですが、この功徳というもののとらえ方は難しいもので、願いが叶かったから功徳という方程式は、普遍的な解が存在するものでもないのです。

県庁に受かった人の中で、法華講員はうちの息子だけでしょう(おそらく)。そのほかの人々も合格しているわけですから、信心していなくても合格できた人がほとんどなんですよね。

冷静に考えれば。

でも、一次試験・二次試験とも、御住職様に御祈念していただいて、本人も唱題行に励む中で、試験の直前に読んでいた参考書の箇所が出題されていたとか、プレゼンテーションも理想的なかたちで遂行できたとか、諸天の加護を感じたことは多かったそうです。

地方上級職採用を糧として、もっと言えば国立大学現役合格もそうなんですが、私のような異流儀に迷い沈んだ人生とは、大きく違った意義のある人生を悠々と歩んでほしい。

それが、今の私の親としての正直な願いです。

振り返ってみれば、10年前。

私が顕正会を辞め、法華講に入講したとたん、「お寺に行ってみたい」と自ら進んで入信した妻と我が息子。

同じ家に住んでいながら、罰に喘ぐ私とは全く異なる境界を生きておりました。

折伏したのは私なのに・・・くすん。

でも、家族そろって人生の要所で信心を根本に、少しずつ境界を高めながら生きていけることを感謝しております。

どうか、一人でも多くの人が日蓮正宗の信仰から、人生の課題解決の道筋を導き出し、御本仏日蓮大聖人様の慈悲にすがって、己が境界を高めつつ歩まれることを願っております。

ちなみに、息子は勉強もスポーツも苦手な子供でした。

日蓮正宗に入信した中学生のころから、勉強に自覚を持ち、肥満体だった体型もスリムな筋肉質に変貌いたしました。

同じ支部法華講員さんに、子供のころのことを話しても信じてもらえません。

人それぞれ宿業・現業が異なりますから、ステレオタイプに功徳論を顕揚することはできませんが、宿業の深い私ですら境界が高まっております。

創価学会員・顕正会員の皆様におかれましては、御宗門に対する悪宣伝を鵜呑みにせず、ぜひとも日蓮正宗寺院の門を叩いてみてください。

強がっているネット界隈の自称論客の方々も、きっと悩みを抱えていると思うのです。

正宗の春の光の中に歩み出して来られれば、寒氷が少しずつ溶けるように、気が付けば幸福にたどり着いています。罪障消滅の苦しみも乗り越えることが出来ます。

日蓮正宗 寺院紹介 全国

 

平成新編 日蓮大聖人御書(大石寺)

平成新編 日蓮大聖人御書(大石寺)

 
諸宗破折ガイド

諸宗破折ガイド

 
日蓮正宗入門

日蓮正宗入門

 
日蓮正宗の冠婚葬祭 (すぐわかるよくわかる)

日蓮正宗の冠婚葬祭 (すぐわかるよくわかる)

 
六巻抄

六巻抄

 
日興上人身延離山史

日興上人身延離山史

 
信行要文六 (御法主日如上人猊下夏期講習会御講義集)

信行要文六 (御法主日如上人猊下夏期講習会御講義集)

 
信行要文五 (御法主日如上人猊下夏期講習会御講義集)

信行要文五 (御法主日如上人猊下夏期講習会御講義集)

 
信行要文四 (御法主日如上人猊下夏期講習会御講義集)

信行要文四 (御法主日如上人猊下夏期講習会御講義集)

 
勤行―その仕方と観念文の意義 (信心修行の基本)

勤行―その仕方と観念文の意義 (信心修行の基本)

 
三大秘法義

三大秘法義

 
妙法七字拝仰 上巻

妙法七字拝仰 上巻

 
創価学会『ニセ本尊』破折 100問100答

創価学会『ニセ本尊』破折 100問100答

 
信行要文七

信行要文七

 
仏教概観史表

仏教概観史表

 
一念三千法門

一念三千法門

 
日蓮大聖人御金言義類別入文集

日蓮大聖人御金言義類別入文集

 
信心の原点―法華講員の基礎知識〈上〉

信心の原点―法華講員の基礎知識〈上〉

 
信心の原点―法華講員の基礎知識〈下〉

信心の原点―法華講員の基礎知識〈下〉

 
創価学会を脱会しよう! (『創価学会員への折伏教本』分冊版)

創価学会を脱会しよう! (『創価学会員への折伏教本』分冊版)

 
総本山第六十八世御法主日如上人猊下 御指南集〈23〉

総本山第六十八世御法主日如上人猊下 御指南集〈23〉

 
創価学会員への折伏教本

創価学会員への折伏教本

 
大願とは法華弘通なり―地湧倍増は折伏にあり! (法華講員体験シリーズ 3)
 
法華講員の心得

法華講員の心得