日蓮正宗のススメ

法華講員のブログ

愚痴の心を反省させられた、転重軽受の体験

f:id:ekikyorongo:20190330220236j:plain

私は今年の2月、支部総登山に参詣した。

約1年半ぶりの御開扉を賜った。

その感激は以前に記事にしている。 

nichirendaihonin.hatenablog.com

支部総登山から帰った二日後に、もらい事故をした。 

best-legal.jp

停車中の車の右側を通過中に、停車中の車が発進してきて衝突したのだ。

相手の運転手は、ミラーも見ずに発進したことを認め、自分に100%非があることを認めてくれたものの、保険会社の判定は9:1であった。

せっかく御開扉を受けて来たのに・・・。

浅はかな私の心は愚痴で充満。

凡夫の信心など儚いことを自ら立証してしまう。

昨日、事故の相手が私の職場まで来て、私の車の修理代不足分を現金で手渡ししてくれた。

自分の車の分は自分の保険で修理するとも。

「ええ?」と、私は耳を疑った。

誠実な相手でよかったとホッとした。

そして、信心に愚痴を芽生えさせてしまったことを反省した。

御本尊様に向かい、勤行中懺悔し続けた。

これが転重軽受なのだと確信した。

確かよく似たことが以前にもあったなぁと、7年前くらいにも一度あったもらい事故のことを思い出した。

その時の相手も誠実な人で、本人の保険で私の車も修理してくれた。

日蓮正宗の信仰をしていると、私のような人間でも護ってくださるんだ。

日蓮大聖人様に感謝した次第である。

 

平成新編 日蓮大聖人御書(大石寺)

平成新編 日蓮大聖人御書(大石寺)

 
勤行―その仕方と観念文の意義 (信心修行の基本)

勤行―その仕方と観念文の意義 (信心修行の基本)

 
三大秘法義

三大秘法義

 
法華講員の心得

法華講員の心得

 
妙法七字拝仰 上巻

妙法七字拝仰 上巻

 
妙法七字拝仰 下巻

妙法七字拝仰 下巻