日蓮正宗のススメ

法華講員のブログ

PVアクセスランキング にほんブログ村 日蓮正宗のススメ - にほんブログ村

創価ダメ出しさんに学ぶ、御書に大事なことが記載されていない理由とは?

創価学会の人に伝えたいことは、口伝こそが仏法であるということなのです。

これは他門日蓮宗の人に対しても同じです。

口伝と文証は矛盾するのか?

これに関して、創価ダメ出しさんが明解に答えてくれていますので、以下に紹介させていただきます。

「大御本尊の事が御書に書いてません」ええ。それが何か?

戒壇大御本尊を捨てた邪教創価の活動家がいつもいうのセリフ。
それが「大御本尊につい御書にかいていない」である。
当時聖教での

▼大聖人御自身が、本抄(聖人御難事)において、直接、「弘安2年の御本尊」 について一言も言及されていない。

との説明を受けて創価活動家が「御書に書いていないだろう」なんて調子こいて言っている。
ええ。確かに御書には「弘安二年の大御本尊」について直接的な文言はない。
でもそれが何か?っていう話をしようと思う。
ぶっちゃけ大御本尊について御書に直接書いてないことなど当然の話で
創価活動家の主張なんて鼻嗤いのレベルの話だが、こうした莫迦ツドウカに騙されてる人もいないとも限らないしな。

さて、大御本尊について御書には直接的な文言はない。
同様に「大聖人が本仏である」という直接的な文言もない。
創価莫迦ツドウカはここで思考停止する。この先を考えないからいつまでたっても莫迦なままのなのである。
何故、大御本尊のことや大聖人がご本仏であるということが直接御書に書いていないのか?
こんなことは少し考えれば分かることで、御書に書いていないのはそれらは「法体」に関することだからである。

◆此の三大秘法は二千余年の当初地涌千界の上首として日蓮慥かに教主大覚世尊より口決相承せしなり、今日蓮が所行は霊鷲山の稟承に芥爾計りの相違なき色も替らぬ寿量品の事の三大事なり。 (三大秘法禀承事)

◆教主釈尊の一大事の秘法を霊鷲山にして相伝し、日蓮が肉団の胸中に秘して隠し持てり(南条殿御返事)

これらの御文をよく読んでみたまえ。法華経に「三大秘法」や「一大秘法」が直接的文言で書いてあるかね?
法華経には「本門本尊」のことも「本門題目」「本門戒壇」のことも一言も書いていない。
このように「法体」については法華経文上において一言も言及していないのである。
これらの「法体」は上記の御文に明らかなように【面受口決】により教主釈尊から上行・日蓮大聖人へ相伝されたのである。
つまり「法体」というのは、経巻で不特定多数の者に相伝するのではなく
仏法の混乱を守るために面受口決により唯授一人へ相承するものなのである。
今月の御書である「生死一大事血脈抄」講義でもしたが、相承には総別の二義があるのである。
御書というのは「法門」の相伝であり全ての僧俗への相伝ではあるが、

◆此の経は相伝に有らざれば知り難し(一代聖教大意)

との御文にあるように「法門」の相伝というのは「法体」の相伝(唯受一人血脈)が大前提なのである。
そして前述のように「法体」の相伝(相承)というのは、面受口決・唯授一人が仏法における鉄則であるから
「大御本尊」のことや「大聖人がご本仏である」ことが、御書に書いていないのは当然の話なのである。
もちろん、大御本尊に関することを筆頭に「法体」については大聖人から日興上人へ唯授一人の付嘱がなされ、
その後日興上人以下のご歴代へと血脈相承されている。それが日興門流ひいては大聖人仏法なのである。
それを言うに事欠いて、御書に書いていないからといって大御本尊不受持の論拠にするとは
莫迦丸出しで無信心の恥かしい痴論であると断言しておこう。
そういえば一知半解の出来損ない創価民がブログで、

▼宗門の人に尋ねたい。一体「御本尊に対する開眼供養の具体的なやり方・その資格を有する条件」が御書の何処に書いてあるのか教えて欲しいものだ。

なんて書いていたが、これも同じ。開眼は「法体」に関する事項ゆえに御書にその詳細が書いてあるわけがないのである。
御書に書いてある開眼についての記述はあくまでも草木成仏等の法門・法理に関することだけだ。
御書に開眼の具体的方法など書いた日には「我こそは本仏である」と名乗る莫迦が必ず現れるだろうしな(嗤)
まぁその前にこの創価民も創価莫迦ツドウカ同様、「開眼」ということを全く理解できていないのだが。
なにが「宗門の人に尋ねたい」なんだか。それほど知りたければ、その中途半端な創価教学を捨てて教えを乞いなさい。と言っておこう。

さて、このような半端な創価狂学莫迦が「御書に書いていない」などという痴論を発するたびの思い出すのが、
顕本法華宗の開祖・日什である。日汁は、経巻相承・直授日蓮 (直受法水)などといって
大聖人仏法は御書を読めば全て分かる。御書に全て書いてあるからそれ以外の相伝は不要などと愚かな主張をした。
今の創価莫迦ツドウカがいう、「御書に書いてないから大聖人の真意でない」とか「大聖人直結」などという発想は
まさしく「経巻相承」「直授日蓮」の顕本法華宗の教義そのものである。
邪教の発想というのはいつの時代も「同じ発想」なのである。
「法門」と「法体」の違いすら分からず、その相承方法の違いも分からず
小っ恥ずかしい痴論を知ったかぶりしてドヤ顔で喚く姿は見ているこっちが赤面するレベルである。
このような邪義・我見で無信心の半端者に騙されないように気を付けよう。
「御書」にかいてあるのは「法門」で「法体」については御書には書かれていない。
これは大聖人仏法を信仰する者の基礎教学である。
なので創価莫迦ツドウカ達に「大御本尊の事は御書に書かれていない」と言われたら、
「ええ。書いてないよ。そんなの当たり前でしょ。それが何か?」と
鼻でせせら笑いしながら言い返してあげましょう。
そして、創価活動家の莫迦さ加減を教えてあげましょうね。

と、法体と法門の二義を説明されています。

創価の用意した、法論用の質問例文集には、〇〇を御書で示せというのが彼らの常套句になっていますが、上辺だけ教学を齧った程度のマニュアル通りの見識では、本物の教学にはかないません。 

創価教学じゃない御書講義(2019年2月の座談会御書・生死一大事血脈抄)

相構え相構えて強盛の大信力を致して南無妙法蓮華経臨終正念と祈念し給へ、生死一大事の血脈此れより外に全く求むることなかれ、煩悩即菩提生死即涅槃とは是なり、信心の血脈無くんば法華経を持つとも無益なり


今月の座談御書は、創価活動家が大好きな生死一大事血脈抄の最後の部分だね。
「信心の血脈」だけ切文して「唯授一人血脈」を否定しまくるのが創価流。
「信心の血脈」だけあればなんでもOKらしいのだが、そもそも「信心の血脈」の有無の判定は誰がするのかね?
ダーハラ怪鳥にその権限があるのかね?それともあくまでも自己申告なのか?
そんなあやふやな指導をする方も聞く方もどうかしてるって思うんだけでどね~。

さて、「血脈」について書くと、「血脈」には「総別」の二つがあること知っておかないとダメだね。
「信心の血脈」というのは「総じての血脈」であり、「別しての血脈」とは「唯授一人血脈」ということ。
創価教学は、本当にこうした立てわけができない切文教学だからいつまでたってもダメなんだよ。

是には総別の二義あり総別の二義少しも相そむけば成仏思もよらず輪廻生死のもといたらん(曾谷殿御返事)

とのご聖訓にあるように、この立てわけが出来なければ「成仏」もできない。ということを知って欲しい。
今回のこの「生死一大血脈抄」の冒頭には、

夫れ生死一大事血脈とは所謂妙法蓮華経是なり、其の故は釈迦多宝の二仏宝塔の中にして上行菩薩に譲り給いて此の妙法蓮華経の五字過去遠遠劫より已来寸時も離れざる血脈なり

生死一大事血脈とは南無妙法蓮華経でありその理由は釈迦多宝から上行菩薩が譲り受けた。と明確に書いてある。
もうこの一言が「生死一大事血脈」の結論だよ。どういうことかと言うと上行菩薩が譲り受けた南無妙法蓮華経とは何かといえば「法体」であって、この法体をどのように譲り受けたのか?というと御義口伝に

此の本尊の依文とは如来秘密神通之力の文なり、戒定慧の三学は寿量品の事の三大秘法是れなり、日蓮慥に霊山に於て面授口決せしなり

と仰せのように「面授口決」にて日蓮(上行)が釈迦多宝から譲り受けたわけで、
(二仏宝塔の中にして上行菩薩に譲り給いと日蓮慥に霊山に於て面授口決せしなりは同意故に)
決して「信心の血脈」で譲り受けたわけではないだろう。
それ故に、「南無妙法蓮華経の法体」は日蓮大聖人以外に譲り受けた人はいない。
つまり「法体」は大聖人ただ一人に相承されたのである。
この「法体の相承」を指して「唯授一人血脈」といい、日興上人以来の御歴代への「別しての血脈」(別付)の事である。
そして総じての「信心の血脈」(総付)とは、「法門の相承」のことである。
日応上人の、『弁惑観心抄』には

◇「唯授一人嫡々血脈相承にも別付総付の二箇あり、その別付とはすなわち法体相承にして総付は法門相承なり、而して法体別付を受け玉ひたる師を真の唯授一人正嫡血脈附法の大導師と云うべし。また法門総付は宗祖開山の弟子旦那たりし者一人として之を受けざるはなし。蓋し法門総付を受けたる者は、遂には所信の法体に迷惑して己義を捏造し、宗祖開山の正義に違背す。」 

とのご指南がある。「法門」については弟子旦那皆がこれを受けることはできるが「法体」については唯受一人へ附属すると。
そして、創価のように「信心の血脈」(総付)だけを重視する者は法体に迷い己義をねつ造すると言われている。
つい最近でも某創価支部長が、己義・邪見の三大秘法義や本尊観を書いていたが、
まさしく日応上人の指摘の通りの謗法ぶりだろう。
謗法者の思考回路と行きつく先は昔も今の変わらない所が凄い。
先にも書いたが本抄の冒頭で「生死一大事血脈」とは「南無妙法蓮華経」の法体であり、
その「法体」は「唯受一人相承」をもって伝えられることを示しているのであるから、
今回の御文で述べられるところの「信心の血脈」とは大前提として、「法体の血脈」への信の上に立脚したものである。
本抄中には再度、

◆只南無妙法蓮華経釈迦多宝上行菩薩血脈相承と修行し給へ

と述べられているが、この御文は「法体」(南無妙法蓮華経)である大御本尊と大御本尊から流れる「法体の血脈」即ち「唯授一人血脈」(釈迦多宝上行菩薩血脈相承)を信じて題目をあげる(修行する)という意味である。それが正しき日興門流の「信心の血脈」なのである。
故に日有上人は化義抄で、

◇信と云い血脈と云い法水と云う事は同じ事なり、信が動ぜざれば其の筋目違うべからざるなり、違わずんば血脈法水は違うべからず、夫れとは世間には親の心を違えず、出世には師匠の心中を違えざるが血脈法水の直しきなり高祖已来の信心を違えざる時は我等が色心・妙法蓮華経の色心なり、此の信心が違う時は我等が色心凡夫なり

とご指南されている。「高祖以来の信心」とは、大御本尊への信心と大聖人から日興上人へ唯授一人血脈への信心であることは疑いのない所である。また大御本尊と唯授一人血脈の体は同じなのである。故にどちらひとつでも否定をすれば「高祖以来の信心」の筋目に違えるわけだ。日応上人のいう所の「宗祖開山の正義に違背す」 とはこの筋目を違えることをいう。
創価に至っては「そのどちらも否定している」のであるから、「信心の血脈」どころか「宗祖開山の正義に違背」しているのである。
今回の本文中に書かれている「強盛の大信力を致す」その「対象」は一体何なのか?何に対して「大信力を致す」のか?
法華経を持つとも」の法華経とは一体何なのか?
そのどちらも「法体」であり具体的には一大秘法の大御本尊である。というのが日興門流なのである。
「法体の血脈」への信心をさして「信心の血脈」というのである。
「生死一大事の血脈」の体である大御本尊を捨て、それ以外に生死一大事血脈を求める莫迦創価幹部・バリカツなのである。
もっとも、創価のカラコピ掛け軸のことを大聖人は「法華経」という表現はしていないので、
信心の血脈なんてあってもなくても、カラコピ掛け軸など無益ではあるが(笑)
「信心の血脈」とは一体「何に対して信心を持つことなのか?」
今月はそんなことを思索しながらこの御書を拝してもらいたいと思う。 

創価学会は総別の二義すらも分からなくなってしまったのか、分かってて教学力の乏しい末端にマニュアルを配布しているのか?

創価ダメ出しさんのブログを読めば一目瞭然ですな。

私としては、このような教学力の高い人が正宗に入信されたことを寿ぐ次第であります。

この記事を読んで、創価の過ちを悟った人は、ぜひ日蓮正宗の寺院を訪問してくださいませ。

日蓮正宗 寺院紹介 全国

f:id:ekikyorongo:20190426160623j:plain