日蓮正宗のススメ

法華講員のブログ

トランプが中国に仕掛けた逆転劇、世界は一気に反中に 傾いた

f:id:ekikyorongo:20190111094843j:plain

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。

ダイヤモンドオンラインさんに、今年一本目の記事が掲載されました。

 

<●トランプが中国に仕掛けた逆転劇、世界は一気に反中に傾いた


「2018年最大の事件を挙げろ」と質問され、「米中戦争勃発」を挙げる人は多いだろう。

それは「貿易戦争」から始まり、「覇権争奪戦」に転化していった。

トランプ政権の米国は当初、腰が定まらず、結果的に世界を敵に回すような行動をしていた。

しかし、「中国打倒」を決意した後、徐々に「戦略的」になってきている。(国際関係アナリスト 北野幸伯

 

▼世界を敵に回すトランプ外交は戦略的ではなかった

 

「戦略」とは「戦争に勝つ方法」という意味である。

戦略を立てるためには、「戦争の相手が誰なのか」を特定しなければならない。

つまり、「敵を決める」必要がある。

敵を定めたら、その他の勢力とはどんどん和解し、敵を孤立させていく。


孫子は言う。


<上兵は謀を伐つ。其の次は交を伐つ。>


意味は、「最上の戦いは、敵の謀略を読んで無力化することである。その次は、敵の同盟、友好関係を断ち切って孤立させること」。


そういう意味で、トランプは最近まで、「戦略的でない」大統領だった。

彼が攻撃していたのは、敵である中国だけではなかったからだ。

たとえば、2018年5月、トランプは「イラン核合意からの離脱」を宣言した。

ところが、他の合意参加国(イギリス、フランス、ドイツ、ロシア、中国、イラン)は、すべて「合意維持」を支持し、米国の決定に反対している。

しかも、世界の原子力・核を監視する国際原子力機関IAEA)が、「イランは合意を順守している」とお墨つきを与えている。

つまり、この問題で、米国は完全に孤立してきた。

さらに、欧州に対してトランプは、NATOに「もっと金を出せ!」と命令し、ロシアとドイツを結ぶ海底ガスパイプライン「ノルドストリーム2プロジェクトを中止しろ!」と脅す。

米国にいじめられた欧州は、同じ立場のロシア、中国に接近している。

トランプの言動は、同盟国(地域)であるはずの欧州を、敵側に接近させている。

つまり、「敵の同盟、友好関係を断ち切って孤立させる」どころか、自らが「孤立への道」を疾走しているように見えた。

しかし、米国はここに来て、戦略的な動きをするようになってきている。>

 

ここから、「トランプが【戦略的に動いた】二つの例をあげています。

どろどろ世界情勢の現状を理解するために必須の内容です。

ぜひこちらから、つづきをご一読ください。

https://diamond.jp/articles/-/189887

スマホで読めない場合はPCで試してください。


●PS1

少子化問題
・地方衰退
・農村荒廃
・家庭崩壊
・未婚化、晩婚化
・過酷ないじめ
・過労死、過労自殺
孤独死
・増える子供生活習慣病
・増える児童虐待

これらの問題は、すべて解決可能です。

日本を健康で幸せで豊かな国にする、80年ぶりの大改革!

その具体的方法を知りたい方は、こちらをご一読ください。


●日本の生き筋 家族大切主義が日本を救う

 

日本の生き筋ーー家族大切主義が日本を救う

日本の生き筋ーー家族大切主義が日本を救う

 

 


●PS2

米中戦争がはじまりました。

なぜそういうことになったのでしょうか?

その背景、プロセスを知りたい方。

日本が中国に必勝できる方法を知りたい方。

いますぐこちらをご一読ください。


●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

 

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う