日蓮正宗のススメ

万民一同に南無妙法蓮華経と唱え奉らば吹く風枝をならさず雨壤を砕かず

アメリカ、シリアで大敗戦、しかし・・・・

 

 

f:id:ekikyorongo:20181220235008j:plain

どうもアメリカが中東戦略を大転換するようです。

 

<米軍、シリア撤退開始…「イスラム国」掃討メド読売新聞 12/20(木) 0:41配信

【ワシントン=海谷道隆】米ホワイトハウスのサンダース報道官は19日、シリアに展開する米軍が撤退を始めていると明らかにした。

イスラム過激派組織「イスラム国」の掃討任務にメドがついたためとしている。

ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)などによると、撤退は全面的なものになるという。>

 

米軍は、シリアから「全面撤退する」そうです。

時々、「歴史的事件」は、「サクッと」起こるのですね。


「・・・・これがそんなに歴史的ですか〜〜〜〜?」


説明が必要でしょう。

 

▼シリア情勢を振り返る

 

シリア情勢を簡単に振り返ってみます。


まず、2011年に内戦がはじまった。

皆さん覚えておられるでしょうか?

当時は、「アラブの春」というのが流行っていたのです。


ところがシリアの場合、大国の「代理戦争」になってしまった。


アサド現政権を支援したのがロシアとイランです。

反アサド派を支援したのが、アメリカ、欧州、サウジアラビア、トルコなどです。


当初、アサド政権も他の中東、北アフリカ諸国の独裁政権同様、簡単に倒れると思われていた。

しかし、そうはなりませんでした。

二つの理由があります。


一つは、ロシアとイランが、真剣にアサドを支援している。


もう一つは、アメリカが最初からやる気がなかったから。

なぜ?

オバマさんは、中東を重視していなかったのです。

なぜ?

シェール革命が起こり、アメリカは、石油大国、ガス大国への道を驀進していた。


いまではアメリカ、世界一の石油ガス大国です。


自国にたっぷり石油、ガスがあるので、中東の戦略的価値が薄れたのです。

それでオバマ時代、アメリカとイスラエル、サウジの関係は非常に険悪になった。


オバマさんが、シリアを重視していなかった証拠。

2013年9月、オバマさんは、アサド軍が化学兵器を使ったことを理由に、「シリアを攻撃する!」と宣言した。

ところが、後でこれをドタキャンした。

これでオバマさんは、「史上最弱の大統領」と大いに批判されました。


で、その後何が起こったか?

アメリカが支援する「反アサド派」から、「イスラム国」いわゆる「IS」が独立。

彼らは油田を確保し、驚くべきスピードで勢力を拡大していきます。

そして、外国人を捕まえて、残虐に殺す。

外国でテロを起こす。

それで、オバマさんも座視できなくなり、2014年8月、ISへの空爆を開始します。

ところが、アメリカと有志連合のIS空爆は、「本気になれない事情」がありました。


そう、ISは残虐な集団ですが、アメリカと同じ「反アサド」なのです。

それで、アメリカは、ISを空爆するのですが、彼らの資金源である油田攻撃はしない。


状況が変わったのは、ロシアが登場してからです。

プーチンは2015年9月、「IS空爆を開始する!」と宣言しました。

プーチンの目的は、「アサド政権を守ること」。

それで、オバマのような葛藤はなく、IS空爆も容赦がありません。

ロシア軍は、油田もバンバン攻撃し、ISの資金源を断つことに成功しました。


なぜISは急速に弱体化したのか?


これは、明らかにロシアがマジでIS攻撃をしたからです。

その後どうなったのか?


アサド軍は、ISと反アサド派をほぼ掃討し終わりました。


アメリカは、この代理戦争で、ロシアに大敗北したのです。


打倒を目指したアサドは健在。

そして、アメリカ軍は、アサド打倒を諦めて完全撤退する。


これは、大声でいわないかもしれませんが、「負けた」と
いうことです。


この記事の冒頭にあげた読売新聞の記事にはつづきがあります。

 

トランプ大統領は19日のツイッターで「我々は展開する唯一の理由である、『イスラム国』を倒した」と訴えた。

ジャーナル紙などによると、米政府は早期の完全な撤退について、「イスラム国」の掃討作戦などで連携する関係国に周知し始めている。

トランプ氏はかねて「イスラム国」の掃討任務が達成され次第、米軍を撤退させたいとの意向を示していた。>

(同上)


ここには「ウソ」があります。

アメリカ軍がシリアにいたのは、「IS」ではなく「アサド政権を倒すため」です。


しかし、「アメリカは、ロシア、イラン、シリアに負けて目的を果たせなかった」

といえば、かっこわるい。

それで、「ISがいなくなったから撤退できる」といっている。

 

▼米軍撤退、真の理由は〇〇

 

それでも、米軍、撤退してもいいのです。

するとどうなるのでしょうか?

中東の覇権は、ロシアが握ることになる。

米軍が完全撤退するのは、「ロシアの中東覇権を容認する」という意味になります。


それでもいいのです。

というのは、アメリカは中国と戦争を開始した。

中国一国だけでも大変なのに、中東でシリア、イランと戦い、欧州でロシアと戦い、さらに、中国と戦うというのは、いかにも「戦略的」ではありません。


だから、シリアを捨て、中東をロシアに譲ることで、中東、欧州戦線を沈静化させる。


そして、これからは全力を挙げて、中国倒しに力を注ぐのでしょう。


トランプさんは、どう見ても「戦略的人物」ではありません。


中国と戦い、EUをいじめ、ロシアと和解できず、隙あらば日本もいじめようとしている。


結果、欧州、ロシア、中国が一体化するという、マヌケな事態になっている。


しかし、今回の決定は、珍しく「戦略的決断」でした。

 

シリアの秘密図書館 (瓦礫から取り出した本で図書館を作った人々)

シリアの秘密図書館 (瓦礫から取り出した本で図書館を作った人々)

 
【増補版】シリア 戦場からの声

【増補版】シリア 戦場からの声

 
シリア拘束 安田純平の40か月

シリア拘束 安田純平の40か月

 
シリアからの叫び (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズII-15)

シリアからの叫び (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズII-15)

 
わたしの町は戦場になった (シリア内戦下を生きた少女の四年間)

わたしの町は戦場になった (シリア内戦下を生きた少女の四年間)

 
シリア難民 人類に突きつけられた21世紀最悪の難問

シリア難民 人類に突きつけられた21世紀最悪の難問

 
シリア アサド政権の40年史 (平凡社新書)

シリア アサド政権の40年史 (平凡社新書)

 
シリア情勢――終わらない人道危機 (岩波新書)

シリア情勢――終わらない人道危機 (岩波新書)

 
わたしは13歳、シリア難民。: 故郷が戦場になった子どもたち

わたしは13歳、シリア難民。: 故郷が戦場になった子どもたち

 
シリア・レバノンを知るための64章 (エリア・スタディーズ123)

シリア・レバノンを知るための64章 (エリア・スタディーズ123)