日蓮正宗のススメ

万民一同に南無妙法蓮華経と唱え奉らば吹く風枝をならさず雨壤を砕かず

法華経を理解するために・・・現代語訳のご紹介

f:id:ekikyorongo:20181212171722j:plain

銀河鉄道の夜」は法華経を表現したとの話も・・・

縁とは不思議なものですね。

休日の今日、久しぶりに書店をのぞきました。

初めは、ネットで知った福岡伸一さんの、西田哲学に関する本を探しに行ったのです。 

が、なかなか見つけることができずにいましたら、書棚に植木雅俊さんの縮訳版「法華経」を見つけてしまいました。

まさに、これを読みなさいという啓示でも受けたかのような、信仰者にありがちな「運命を感じてしまう」感情が湧き起ってしまいまして・・・(笑)。

つい、購入してしまいました。 

サンスクリット版縮訳 法華経 現代語訳 (角川ソフィア文庫)

サンスクリット版縮訳 法華経 現代語訳 (角川ソフィア文庫)

 

以前、サンスクリット語訳、漢訳、現代語訳、三訳対照本を購入したことがありました。

松岡正剛さんの千夜千冊で紹介されているのを見て、チャレンジ精神が沸々と湧いてきたのでしたが、本の分厚さと翻訳の冗長さに辟易してしまい(謝)、挫折してしまったのです。

それ以来、法華経の現代語訳からは遠ざかっていました。 

法華経 上―梵漢和対照・現代語訳

法華経 下―梵漢和対照・現代語訳

まあ、言い訳としましては、鳩摩羅什訳じゃないとだめだから・・・みたいな。

でも、鳩摩羅什訳だけでは、いくら読み下しがついていても、私の理解力は及びませんでした。

御義口伝で読むんだよ!とのお叱りの声も聞こえてきそうですが、御義口伝から読んでも法華経のどの場面を指しているのか、法華経の通読経験がないと不可能です。

ということで、今回は植木さんの努力に敬意を表しつつ、その現代語訳を熟読玩味させていただこうと思うのです。

法華経という言葉を、創価学会の時も顕正会の時も、そして現在の法華講でもよく聞いてきました。

また、日蓮正宗の教学では、末法法華経戒壇の大御本尊様であることも、聞きかじってきました。

でも、一度くらいは、いや、何度でも通読できるようになりたいとも思っておりました。

鳩摩羅什訳・御義口伝にも死ぬまでには目を通したいと思っております。

大聖人様は法華経の身読(しんどく)をされたが故に、法華経の行者と御名乗りです。

今、末法が極限状態となりそうな、物騒な世界情勢・自然災害濫発の日本で、唯一正しいお題目(本門の題目)を唱えさせていただく身としまして、不勉強のままで終わりたくないという気持ちが、日々高じてきております。

なぜ生まれ、そして死んでいかねばならないのか?

そもそも"自分"とは何か?

人として生まれた以上、この究極の問いに答えを得ることはできないまでも、力の及ぶ限り考えつくして死ぬことが、凡夫の出世の本懐である「人のふるまい」だと考えるに至りました。

日蓮正宗の正統な「本門の題目」(戒壇の大御本尊様を信じ、血脈の通った御本尊様に唱える題目)についての、正当な御指南については拙ブログの過去記事をご参照ください。 

nichirendaihonin.hatenablog.com

ちなみに植木さんは、本年4月にNHKの番組「100分de名著」で、解説者として御出演になったようです。 

法華経 2018年4月 (100分 de 名著)

法華経 2018年4月 (100分 de 名著)

 

 


法華経 第1回「全てのいのちは平等である」


法華経2