日蓮正宗のススメ

万民一同に南無妙法蓮華経と唱え奉らば吹く風枝をならさず雨壤を砕かず

【RPE】★米中貿易戦争の影響が欧州に波及するメカニズム

f:id:ekikyorongo:20181015114305j:plain

RPE Journal==============================================

 

       ロシア政治経済ジャーナル No.1862


                2018/10/12


===========================================================

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


昨日は、「なぜ米中貿易戦争が日本に影響を与えるのか?」という「理論的な話」をしました。


今日は、「米中貿易戦争が欧州に影響を与え始める」という実例についてお話しします。

昨日の話、「そのまんま」になっていることがご理解いただけるでしょう。

まず、こちらをごらんください。

 

<中国自動車販売が減少、GMやVWなどに打撃
10/10(水) 13:55配信

香港(CNN Business) 

世界最大の自動車市場である中国で販売台数が減少し、米ゼネラル・モーターズ(GM)や独フォルクスワーゲン(VW)といった欧米の大手メーカーが軒並み窮地に立た
されている。

国内の株価低迷や米中通商問題を受けて、消費者の購買意欲が減退していることが要因とみられる。>

 

米中貿易戦争で、中国消費者の購買意欲が減退し、GMVWの販売台数が減っているそうです。

 

<VWは9日、9月の中国での販売台数が前年同月比で11%近く減少したことを明らかにした。

その前日にはGMが、7〜9月期の中国販売について前年同期から15%落ち込んだと発表。

ジャガー・ ランドローバーも、9月の中国での売り上げが46%減少したことを受け、国内の1工場の稼働を2週間にわたって停止中だとしている。>(同上)

 

VWは9月、前年同月比で11%減少

・GWは7〜9月期、前年同期比で15%減少

ジャガーは9月、前年同月比で46%減少

 

<中国汽車工業協会(CAAM)によると、同国での販売台数は7、8月ともに減少が続いている。

VWは米国との貿易摩擦で「消費者の間に漠然とした不透明感」が生まれ、新車に大金をつぎ込むことに二の足を踏ませていると分析する。>(同上)

 


VWによると、販売台数が減っているのは、米中貿易摩擦で、「消費者の間に漠然とした不透明感が生まれ」ているからだそうです。


今回とりあげたいのは、VW、すなわちフォルクスワーゲンです。

VWというと、毎年トヨタと「販売台数世界一を競っている」会社。


VWグループ、2017年の世界新車販売台数は1074万1500台でした。

前年比4.3%増加し、トヨタを抑えて世界一の座を守っています。


このVWグループ。

中国での販売台数は2017年、なんと418万4200台。

中国市場は、VWの販売台数の約4割(!)を占めている。


ちなみに欧州での販売台数は432万8500台。

中国一国で、欧州全体とあまり変わらない台数売れている。


その中国市場で、VWの販売台数が減りはじめた。

これから米中貿易戦争がさらに激化すれば、ますます減っていくことでしょう。


4割を占める市場での販売台数が減っていく。

このことは、VW全体の業績に、大きな影響を与えるに違いありません。


ちなみに、VW“グループ”と書きました。

VWのグループには、どんな会社があるのでしょうか?


* フォルクスワーゲンVolkswagen AG)

* アウディAudi AG)

* アウトモービリ・ランボルギーニ(Automobili Lamborghini S.p.A.)

* ドゥカティ・モーター・ホールディングDucati Motor Holding S.p.A.)

* セアト(SEAT S.A.)

* シュコダ・オート(?koda Auto a.s.)

* ベントレー・モータース(Bentley Motors Limited)

* ブガッティ・オトモビル(Bugatti Automobiles SAS

* ポルシェ(Porsche AG)

* スカニア(Scania AB)

* MAN(MAN SE)


アウディも、ランボルギーニも、ベントレーも、ポルシェも、「フォルクスワーゲン・グループ」なのですね。


グループの従業員数は、約62万人。


・米中貿易戦争の影響で、中国の消費が減る

VWグループの販売台数が減る

VWグループの業績が悪化する

VWと取引のある会社の業績も悪化する


そして、VWと同じ境遇になる欧州の企業がたくさん出てくる。


これで、

・欧州企業に勤める人々の所得が減る

・欧州で消費が減る

・欧州で生産が減る

・所得が減る→ 消費が減る→ 生産が減る→

以下同じプロセスの繰り返し


という流れになるのは、容易にイメージできるでしょう。

これが、米中貿易戦争の影響が欧州波及していく構図。

誰でも理解できる話だと思います。


〜〜〜〜

アメリカに追いつめられていく中国。

その中国は、はっきりとした「日本破壊戦略」をもっています。

戦略の全貌と対策。

詳細に知りたい方は、いますぐこちらをご一読ください。

全部わかります。

 

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う