日蓮正宗のススメ

凡そ謗法とは謗仏謗僧なり。三宝一体なる故なり。

【RPE】【必読】★トータル戦争としての米中貿易戦争

f:id:ekikyorongo:20181009081101j:plain

RPE Journal==============================================

 

       ロシア政治経済ジャーナル No.1855


                2018/10/3


===========================================================

 

【必読】★トータル戦争としての米中貿易戦争


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


世界では、毎日いろいろなことが起こっています。

大きな台風がきたり、沖縄知事選で玉城デニーさんが勝ったり。

いろいろいろいろありますが、もっとも世界の未来に影響を与えそうなのは、米中貿易戦争です。

これ、「アメリカの貿易赤字を守るため」とか「知的所有権を守るため」とか「労働者を守るため」などと説明されています。

しかし、「米中覇権戦争」は、「トータルな戦争」に転化しつつあります。

この件について、「ダイヤモンドオンライン」に記事を掲載させていただきました。

一部、抜粋させていただきます。


エスカレートする一方の米中貿易戦争。

これは、もはや「米国の貿易赤字解消」といった次元を超えている。

米国は、覇権を維持するために、中国つぶしに動きはじめたと見るべきだろう。

そう、米中貿易戦争は、「米中覇権争奪戦争」でもあるのだ。

 

▼米中が経済制裁の応酬!
戦争には「戦闘」以外の形態もある

 

トランプ政権は9月24日、対中国制裁第3弾を発動した。

中国からの輸入品2000億ドル相当に、10%の関税をかけることになる。

中国は、米国製品600億ドル相当に報復関税をかける意向を示している。

これに対してトランプは、対米報復制裁が発動されれば、さらに2670億ドル相当の中国製品に関税を課すと警告した。

現実にそうなれば、米国は、中国からの全輸入品に関税をかけることになる。

筆者はこれを、「米国の貿易赤字解消」という次元を超えた、米中の覇権争奪戦と見ている。

そう、実際に武器を使用していなくても、立派な戦争である。


「大げさだな」と感じる人は多いだろう。

日本人は「戦争」と聞くと、「ミサイルをぶっ放した」「空爆した」「戦闘機が戦った」「戦車で進軍してきた」など、「戦闘行為」を思い浮かべる。

しかし、世界的に見ると、「戦争」という言葉の意味は、もっと広い。


考えてみよう。

戦争はまず、ある国の「指導者の頭の中」ではじまる。

彼は、敵国を設定し、「叩きつぶそう」と決意するが、翌日早速軍隊を送るだろうか?

敵国が弱く、絶対に圧勝できる場合ですら、いきなりそんなことはしない。

国際社会から非難されて経済制裁を科され、かえって自国の方が苦しくなる可能性があるからだ。


では、どうするのか?

普通、戦争は「情報戦」からはじまる。

これは、敵国を「悪魔化」する目的で行われる。

理由は2つ。

第一に、「国際社会を味方につける」ためである。

戦闘して勝ったはいいが、結果国連から制裁を受けては意味がない。

第二に、自国民に、「戦争やむなし」と信じさせるためである。

戦争中に「反戦派」がうるさくては、困るのだ。

 

第二次世界大戦前に行われた情報戦、外交戦、経済戦

 

情報戦の例をあげよう。

1932年、日本は、満州国を建国した。

中国は当然これに不満で、国際連盟に訴えた。

そして、情報戦を開始。


中国は、「田中メモリアル」という「日本の世界征服計画書」を全世界に拡散した。

もちろん、実際は日本の「世界征服計画」など存在せず、「田中メモリアル」は「偽書」である。

しかし、中国は情報戦を有利に進め、世界の国々に、「田中メモリアル=本物」と信じされることに成功。

その結果、日本は「世界支配を企む悪の帝国」となり、「国際連盟脱退」に追いこまれてしまった。

1930年代の例をあげたが、もちろん現在も、情報戦は行われている。


「外交戦」も重要だ。

これは、自国の仲間を増やすことで、敵国を孤立させるために行われる。

たとえば、1937年からはじまった日中戦争で、中国は、米国、英国、ソ連から支援を受けていた。

日本は、外交戦でも負け、孤立していた。


そして、「経済戦」。経済制裁によって、敵国に大打撃を与えることができる。

一番わかりやすい例は、米国が、英国、中国、オランダを巻き込んで、日本に対して実行した「ABCD包囲網」だろう。

米国は、1937年から日本への経済制裁を開始。

1941年8月には、「対日石油全面禁輸」措置が発動されている。

この4カ月後、追いつめられた日本は真珠湾を攻撃し、「戦闘」という意味での「日米戦争」がはじまった。

 

▼トランプ政権誕生前から米国内は「対中戦争モード」だった

最後に、「代理戦争」。

これは、大国が特定の勢力を支援することで行われる。

たとえば、シリア。

欧米は、「反アサド派」を支援している。

ロシア、イランなどは、「アサド政権」を助けている。

これは、欧米vsロシアの「代理戦争」である。


ほかにもある。

ウクライナだ。

欧米は、ポロシェンコ政権を支持している。

ロシアは、ウクライナ東部ドネツク、ルガンスクのいわゆる「親ロシア派」を支援している。

ウクライナ内戦は、欧米とロシアの「代理戦争」なのである。

こうして歴史を振り返ると明らかなように、リアルの「戦闘」は、武器を使わないさまざまな戦争を経て勃発する。

では、米中の現状は、どう考えるべきなのだろうか?

筆者が「米中貿易戦争」を「覇権争奪戦争」と見る理由は幾つかある。>


つづきの内容は、

トランプ大統領誕生前から、アメリカで「中国打倒が必須」との機運が高まってきていた証拠とその理由

・なぜ反中大統領として登場したトランプは、親中に変心したのか?

・「貿易戦争」(=経済戦)だけではない。アメリカがはじめた「トータル戦争」の具体例

・変わる戦争形態。なぜ米中大戦争(=大戦闘)は、起こりづらくなったのか?

・米国は、この戦争で勝利できるのか?その結末は?


以上、全部【無料】です。

いますぐこちらからつづきをご一読ください。

https://diamond.jp/articles/-/181165
(●スマホ、携帯で読めない場合、PCでお試しください。)

〜〜〜〜〜〜〜〜

はじまった米中戦争。

ちなみに、日中戦争も2012年にはじまっています。

その証拠と、超詳細な経過を知りたい方は、いますぐこちらをご一読ください。

全部わかります。

 

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う