日蓮正宗のススメ

万民一同に南無妙法蓮華経と唱え奉らば吹く風枝をならさず雨壤を砕かず

46.無量の戒徳を収める

f:id:ekikyorongo:20180924173453j:plain

 妙法蓮華経を受持するとき、おのずからその身は、戒において無量の功徳を収める。戒とは防非止悪の誡めで、不殺生・不偸盗・不邪淫・不妄語・不飲酒の五戒をはじめとして、あらゆる悪を誡め、善を行うことであり、人間道徳の基本である。ただし、この戒の相に根幹と枝葉があり、時代と機根と国土環境によって、教えの大小の変わり方は一様ではない。特に末法の現代は、枝葉煩雑な小乗の二百五十戒、五百戒等は、かえって有害無益となる。本来の戒・定・恵の教法を、その浅深より見るとき、時代的順序とは逆に、大乗は小乗より深く、実大乗の法華経は権大乗より深く、法華経中、本門は迹門より深く、寿量品文底の本因妙は文上本果の本門より深いのである。そして仏教伝道の表れ方は、まず華厳経の高次なあてがい(擬宣)の法義が開かれたのち、浅い法が化導上に表れ、その後、次第に従浅至深して仏法の正意が開かれたのである。したがって戒も、それぞれの教えの高低に基づいて能開・所開の関係がある。小乗の戒は大乗より開かれ、大乗の戒は法華経より開かれ、法華経の戒は本門より、本門の戒は文底本因妙の根本戒より開かれる意義を持つ。

 末法は、根本の寿量文底本因妙の妙法が出現し弘まる時期であるから、戒も枝葉の大小の諸戒を持つことは有害無益であり、本因の妙戒のみが根幹である。この根本戒に一切の諸戒は含まれているので、社会の常識である人倫道徳の諸戒は、おのずから踏み行う意味がある。 

 本門文底の妙法蓮華経は一切の諸仏の万行万善を総括し、一切の戒の徳が収まっているので、これを受持する防非止悪の徳は無量である。この一切具足の妙戒は、行者が浄心をもって受持を誓うとき、その者に永劫普遍の戒徳の体を生じ、自ら破ろうとしても破れることはない。ただし、この妙法の法体に背く者は、その罪業によって無量の法罰、仏罰を生じ、長く地獄乃至、三悪道に苦しむが、長劫ののち、その罪を滅して、初めに受けた戒体の功徳によって成仏する。三世の諸仏はすべて、妙法の戒を如実に持つことにより仏と成られたのである。この根本の戒は妙法の受持と謗法を厳誡することであり、すなわち入信して受ける時の文義がそれである。

日蓮正宗 寺院紹介 全国←入信はコチラで! 

三大秘法義

三大秘法義

 

  

妙法七字拝仰 上巻

妙法七字拝仰 上巻

 

  

妙法七字拝仰 下巻

妙法七字拝仰 下巻