日蓮正宗のススメ

法華講員のブログ

日本国・一時に信ずる事あるべし

ただをかせ給へ・梵天・帝釈等の御計として日本国・一時に信ずる事あるべし、爾時我も本より信じたり信じたりと申す人こそおほくをはせずらんめとおぼえ候、御信用あつくをはするならば・人だめにあらず我が故父の御ため・人は我がをやの後世には・かはるべからず・子なれば我こそ故をやの後世をばとぶらふべけれ、郷一郷・知るならば半郷は父のため・半郷は妻子・眷属をやしなふべし、我が命は事出できたらば上に・まいらせ候べしと・ひとへにおもひきりて何事につけても・言をやわらげて法華経の信を・うすくなさんずる・やうを・たばかる人出来せば我が信心を・こころむるかと・おぼして各各これを御けうくんあるは・うれしき事なり、ただし御身のけうくんせさせ給へ、上の御信用なき事は・これにもしりて候を上をもつて・おどさせ給うこそをかしく候へ、参りてけうくん申さんとおもひ候つるに・うわてうたれまいらせて候、閻魔王に我が身と・いとをしとおぼす御めと・子とを・ひつぱられん時は・時光に手をやすらせ給い候はんずらんと・にくげに・うちいひて・おはすべし。(上野殿御返事)

一時に信じるとはどういうことでしょうか?

大聖人様の御仏智では、広宣流布というのは一瞬で決まるようです。

凡夫の私にはそのプロセスは想像できません。

でも、末法の凡夫が信心を決意するのは、道理とか理屈とかではないのでしょう。

願わくばこの一時を目にしてから死んでいきたいと願うものであります。

f:id:ekikyorongo:20180703125725j:plain